立川銀座で「一墨会」が書展、井上一光、木村一東、中山二幸ら

【銀座新聞ニュース=2019年6月18日】ブラインドの最大手メーカー、立川ブラインド工業(港区三田3-1-12、03-5484-6100)は6月19日から23日まで銀座ショールーム(中央区銀座8-8-15、03-3571-1373)地下1階「タチカワ銀座スペースAtte」で井上一光さんと、主宰する「一墨会」会員による「書のときめき展 in 東京銀座」を開く。

立川ブラインドの銀座ショールーム「オッテ(Atte)」で6月19日から23日まで開かれる井上一光さんと、主宰する「一墨会」会員による「書のときめき展イン(in)東京銀座」に展示される井上一光さんの「8曲連作50作品」。

現代書芸家の井上一光(いのうえ・いっこう)さんは漢字のルーツとされている、3000年以上の歴史をもつ中国古代文字「甲骨文(こうこつぶん、亀甲や獣骨に刻まれた殷時代の文字)や、金文(きんぶん、青銅器に刻まれた周時代の文字)をモチーフとした多彩な書の創作活動を行っている。

今回は、井上一光さんが主宰する1992年に発足した「一墨会(いちぼくかい)」(福岡県福岡市中央区六本松3-16-56、092-751-9350)の会派展として1994年より展開している「書のときめき展」を東京で初開催し、2019年が27回目になる。井上一光さんの作品6点、会員選抜9人による作品27点、大+作から小品まで計33点の新作を発表する。

会員選抜9人は木村一東(きむら・いっとう)さん、中山二幸(なかやま・にこう)さん、河内二青(かわち・にせい)さん、和田四空(わだ・しくう)さん、川本六宙(かわもと・りっくう)さん、森六月(もり・むつき)さん、伊東参舟)(いとう・さんしゅう)さん、志柿伍京(しがき・ごけい)さん、岩佐吾泉(いわさ・いずみ)さん。

同じく出品される井上一光さんの「飛天・金文般若心経」。

ウイキペディアによると、甲骨文字(こうこつもじ)とは、古代中国の実在が確認されている最古の王朝、殷(いん、BC17世紀からBC1046年)時代の遺跡から出土する古代文字のことで、漢字の原初形態であり、現在確認できる漢字の最古の祖形を伝えている。

古代中国で生まれ発達してきた文字(漢字)と獣骨を用いる占卜(せんぼく)とが結びついて文字記録となったもので、殷後期の考古学資料が小屯村(殷墟)で大量に出土し、亀の甲羅(腹甲)や牛や鹿の骨(肩胛骨)に刻まれている。2017年にユネスコが主催する「世界の記憶」にも登録された。

甲骨文字は絵文字様であるが、文字としてすでに抽象性が高い段階に発達している。現在、確認できる最古の漢字であるため、甲骨文に現れた形から、なぜこのような字形になったかという字形解釈の典拠にされている。

金文(きんぶん)とは、青銅器の表面に鋳込まれた、あるいは刻まれた文字のこと(「金」は青銅の意味)。中国の殷、周(しゅう、BC1046年頃からBC256年までに存在した中国古代の王朝で、殷を倒して王朝を開いた)のものが有名とされる。年代的には甲骨文字の後にあたる。考古学的には、「青銅器銘文」と称されることが多い。

殷は青銅器文化が発達した時代であり、この文字を器の表面に鋳込む技術は現在でも解明されていない。金文は「史記」のような後世になって書かれた資料とは違い、完全な同時代資料であるため、この時代を研究する上で貴重な資料となっている。金文は拓本や模写によって研究されてきた。

石などに刻まれた文章は「石文」と呼ばれ、一緒にして「金石文」と呼ばれる。またこれらを研究することを「金石学」という。

井上一光さんは1947年福岡県福岡市生まれ、1970年に立命館大学を卒業、1992年に「一墨会」を発足、2009年より21世紀書画作家国際交流協会会長、字統文字研究所所長、福岡文化連盟会員。甲骨文や金文を主なモチーフとし、中国古代文字が内包する壮大な世界観、宇宙観を白川静(しらかわ・しずか、1910-2006)文字学に学びながら、書芸術のセッション「書の古典からアート・オブ・クリエイション(THE ART OF CREATION)」をテーマに、国内外で個展、会派展で活動している。現代空間にも調和する書と表装のコラボレーションにも取り組み、その可能性を探求し続けているとしている。

開場時間は10時30分から17時30分(最終日は16時)。入場は無料。

丸善丸の内で小沢摩純「ファンタジーワールド」展

【銀座新聞ニュース=2019年6月18日】大手書籍販売グループの丸善CHIホールディングス(新宿区市谷左内町31-2)傘下の丸善ジュンク堂書店(中央区日本橋2-3-10)がが運営する丸善・丸の内本店(千代田区丸の内1-6-4、丸の内オアゾ内、03-5288-8881)は6月19日から25日まで4階ギャラリーで小沢摩純さんによる絵画展「ファンタジーワールド」を開く。

丸善・丸の内本店で6月19日から25日まで開かれる小沢摩純さんの絵画展のフライヤーー。

伝説、童話、オペラなどをテーマに、大人が忘れかけていた夢を思い出させてくれる小沢摩純(おざわ・ますみ)さんが原画や版画約70点を展示する。

小沢摩純さんは「絵のモチーフの一つに、私は地図を画くことが好きです。今まで画いてきた地図の絵とともに、今回は、モーツァルト(Wolfgang Amadeus Mozart、1756-1791)の生涯の旅を、地図に描いてみました」としている。

小沢摩純さんは1962年東京都生まれ、1985年に女子美術大学芸術学部版画科を卒業、在学中の1984年に期待の新人版画大賞展にて買い上げ賞、大学版画展にて買い上げ賞、1986年に「クリスマス急行」(ほるぶ出版社)のさし絵を手がけ、1987年に個展を開く。1990年に「けんぶち絵本の村大賞」にて「びばカラス賞」を受賞した。

1991年に日本郵船の客船「クリスタルハーモニー」のナースリールームの壁画を担当、1994年にひかりのくに絵本「ねむりひめ」を刊行、2000年に絵本「天使への手紙」(ヴォイス出版社)を刊行、2009年から丸の内・丸善本店や日本橋店などで個展を開いている。

期間中、毎日、小沢摩純さんが来場する。

開場時間は9時から21時(最終日は16時)まで。

編集注:「小沢摩純」の「沢」は正しくは旧漢字です。名詞は原則として常用漢字を使用しています。

志門で田辺正樹が彫刻展

【銀座新聞ニュース=2019年6月17日】ギャルリー志門(中央区銀座6-13-7、新保ビル3階、03-3541-2511)は6月17日から22日まで田辺正樹さんによる彫刻展を開く。

ギャルリー志門で6月17日から22日まで開かれる田辺正樹さんの彫刻展のフライヤー。

彫刻家の田辺正樹(たなべ・まさき)さんが新作を中心に展示する。

田辺正樹さんは1950年新潟県長岡市生まれ、1976年に東京で個展を開き、1987年から毎年のように個展を開いており、1998年にカジマ(KAJIMA)彫刻コンクールマケットで入選、その後も、首都圏で個展を開くとともに、グループ展にも参加している。

開場時間は11時から19時(最終日は17時)、入場は無料。

丸善丸の内で東光会の森本計一「パリ」展

【銀座新聞ニュース=2019年6月16日】大手書籍販売グループの丸善CHIホールディングス(新宿区市谷左内町31-2)傘下の丸善ジュンク堂書店(中央区日本橋2-3-10)が運営する丸善・丸の内本店(千代田区丸の内1-6-4、丸の内オアゾ内、03-5288-8881)は6月19日から25日まで4階ギャラリーで森本計一さんによる個展「パリの街角を描く」を開く。

丸善・丸の内本店で6月19日から25日まで開かれる森本計一さんの個展「パリの街角を描く」に出品される「長い会議」。

毎年春ころに恒例となっている、「パリの豊かな表情を光彩の中に織り込み、独自の世界を展開する」(丸善)画家の森本計一(もりもと・けいいち)さんの個展で、フランス・パリの日常生活を独特の様式と色感で追求した作品の中から油彩画を中心にパステル画も合わせて約50点を展示する。

森本計一さんは1940年岡山県倉敷市生まれ、1963年に早稲田大学を卒業、名鉄航空サービスに入社、世界を旅し、1985年に絵画の制作活動を再開、1990年に東光会奨励賞、1993年に個展を開き、1997年にスペイン・マドリッドで個展、1998年にヨーロッパ美術評論家会議で国際展へ出品、創作活動支援が決定、2002年にアメリカ・ニューヨークで個展を開く。

2003年から丸善の各店で個展を開いている。2007年に「春風大隈講堂」と「レンヌの花屋」が早稲田大学創立125周年記念として大学に所蔵され、2008年にフランス芸術協会「トリコロール芸術の翼奨励賞」、イタリア「ヴェネツィア芸術大賞」などを受賞している。現在、東光会会員。

開場時間は9時から21時(最終日は16時)、入場は無料。

ヴァニラで欧米の連続殺人鬼展、ゲイシー、レイら

【銀座新聞ニュース=2019年6月16日】ヴァニラ画廊(中央区銀座8-10-7、東成ビル、03-5568-1233)は6月18日から7月11日まで「シリアルキラー2019」を開く。

ヴァニラ画廊で6月18日から7月11日まで開かれる「シリアルキラー2019」に展示される連続殺人犯の作品群。残酷な殺人犯が描く作品世界は素朴なものもあり、そのコントラストが見どころといえる。

2016年からHNさんの所蔵するコレクションの中から選んで展示している、欧米のシリアルキラー(連続殺人犯)の作品展だ。今回は、凶悪な人物像や数々の犯罪が、小説や映画のモデルにもなった、欧米のシリアルキラー(連続殺人犯)たちの作品、セルフポートレート、資料など、あらゆるアイテムを収集するHNさんのコレクションから展示する。

ヴァニラ画廊では「目を背(そむ)けたくなるような凶行を行った殺人者たちの描く世界は、まるで見るものの心の淵を覗きこむような凄み、寂寥感(じゃくりょうかん)、無常感、そして得体の知れないものと対峙した時のような緊張感に溢れて」いるとしている。

今回は個々のバックグラウンドにより焦点を当てた構成で、日本ではほとんど目にすることのできない犯罪者たちの痕跡を紹介する。

「シリアルキラー展2019」では、世界中を恐怖に陥れた最凶のピエロことジョン・ウェイン・ゲイシー(John Wayne Gacy、1942-1994)、大きなファミリーと小さなパパ、「カルトキング」のチャールズ・マンソン(Charles Milles Manson、1934年生まれ、終身刑)さんとファミリー、最悪の殺人バディ、ヘンリー・リー・ルーカス(Henry Lee Lucas、1936-2001)、オーティス・トゥール(Otis Toole、1947-1996)。

「月夜の狂人」エドワード・ゲイン(Edward Theodore Gein、1906-1984)、「トラックでやってくる殺人者」、ピーター・サトクリフ(Peter William Sutcliffe、1946年生まれ、終身刑)さん、孤独な無神論者、ウェィン・ロー(Wayne Lo、1974年生まれ、終身刑)さん、「自分は『サムの息子である。』」、デビッド・バーコウィッツ(David Richard Berkowitz、1953年生まれ、終身刑)さん。

「パリの吸血鬼」、ニコラス・クロウ(Nicolas Claux、1972年生まれ、2002年に釈放)さん、「人肉ハンバーガーショップ」、ジョー・ロイ・メセニー(Joe Roy Metheny、1955年生まれ、無期懲役)さん、描き続けた1人の少女、ハドン・クラーク(Hadden Clark、1952年生まれ、懲役70年)さん、残酷な悪魔、テッド・バンディ(Theodore Robert Bundy、1946-1989、死刑)。

妄想のお告げ、ハーバート・マリン(Herbert Mullin、1947年生まれ、終身刑)さん、「さすらいの絞首魔」、ゲイリー・レイ・ボールズ(Gary Ray Bowles、1962-1999)、牧師のマーティン・ルーサー・キング(Martin Luther King, Jr.、1929-1968)を暗殺した、陰謀に葬られた暗殺者、ジェームズ・アール・レイ(James Earl Ray、1928-1998、腎不全により刑務所内で死去)。

「奇妙な三角関係奇妙な三角関係」、ダニー・ローリング(Danny Rolling、1954-2006)、ジェラルド・シェイファー(Gerald Schaefer、1946-1995)、「虐待と戦争が生んだ怪物」、アーサー・ショークロス(Arthur Shawcross、1945-2008)、「マーダーマックに乗った殺人コンビ」、ロイ・ノリス(Roy Lewis Norris、1948年生まれ、現在服役中)さん、ローレンス・ビテッカー(Lawrence Sigmund Bittaker、1940年生まれ、死刑だが、現在服役中)さん。

「ナイトストーカー」、リチャード・ラミレス(Richard Leyva Ramirez、1960-2013)、「ハッピースマイルキラー」、キース・ジャスパーソン(Keith Hunter Jesperson、1955年生まれ、終身刑)さん、「H・H・ホームズ(H. H. Holmes)」の名前で知られる「殺人ホテル」、ハーマン・ウェブスター・マジェット(Herman Webster Mudgett、1861-1896、死刑)。

「女殺人鬼たち」として、ドロシア・プエンテ(Dorothea Puente、19029年生まれ、終身刑)、アイリーン・ウォーノス(Aileen Wuornos、1956-2002)、ローズマリー・ウエスト(Rosemary West、1953年生まれ、終身刑)さん、キャロル・バンディ(Carol M. Bundy、1942-2003)、ダナ・グレイ(Dana Sue Gray、1957年生まれ、終身刑)さん、マーサ・ベック(Martha Beck、1920-1951)。

闇社会の住人たち、ロナルド・”ロニー”・クレイ(Ronald “Ronnie”Kray、1933?1995)とレジナルド・”レジー”・クレイ(Reginald “Reggie” Kray、1933?2000)のクレイ兄弟、銃撃によって射殺された、ボニー(Bonnie Parker、1910-1934)&クライド(Clyde Barrow、1909-1934)、ヘンリー・ヒル(Henry Hill、1943-2012)、トーマス・ピテラ(Thomas Pitera、1954年生まれ、無期懲役)さん。

特別展示はマフィアの殺し屋で、氷の殺し屋と呼ばれた、リチャード・ククリンスキー(Richard Kuklinski、1935-2006、獄死)の作品を紹介する。

パンフレットの協力は東洋大学教授の桐生正幸(きりゅう・まさゆき)さん、作品解説はコレクションを所有するHNさん。HNさんについては、日本にいる「中島さん」というだけで、詳細は未公表。

ウイキペディアなどによると、シリアル・キラー(Serial killer)とは殺害行為を主目的に行う犯罪者、あるいは単独の連続殺人犯(連続殺人事件の犯人)に対して使われる言葉で、和名としては「殺人鬼」と称される。「シリアル・キラー」という単語は、アメリカの連続殺人犯テッド・バンディ(Theodore R.Bundy、1946-1989)を表現するために考え出されたもので、元FBI捜査官のロバート・K・レスラー(Robert Kenneth Ressler、1937-2013)が1984年9月に提唱した。

特徴や傾向としては、1)ほとんどが男性、2)両親の関係が悪化しており、身内に犯罪者やアルコール、麻薬などの中毒者がいる、3)幼児期に児童虐待や育児放棄など悲惨な体験をしていることが多い。特に何らかの傷害により、脳に傷害を負ったり、性的暴力を受けた者が顕著、4)差別などの社会的排除を長期間かつ過酷なまでに受け続けていた人。

5)成人までの成長過程で周囲から孤立し、友人が少ない。また、夜尿症をなかなか克服できない。動物虐待を好み、窃盗、放火などの犯罪に手を付け、ナイフや銃器に興味を抱くだけでなく、実際に所持する、6)人との交際で、正常な性交ができなかったり、通常の性交では満足できず、次第に性的倒錯が重度になり、被害者への(主に性的な)支配欲が強くなる。特に快楽殺人犯は早期に発覚、逮捕されなかった場合、その性向から連続殺人になりやすい。

7)知能指数は通常より劣り、簡便な仕事を選ぶ者が多い。一方で、少数派ではあるが知能指数が高く、社会的には成功している場合もあり、彼らは容姿や身なりがよく、名士として周囲から慕われるため、被害者も油断しやすい、8)犯罪に対する罪悪感が欠如している(反社会性パーソナリティ障害)ため、殺人以外にも罪を犯していることが多い。暴行や傷害、窃盗、強姦、死体遺棄・損壊が顕著とされる。

9)殺人の手口や被害者の特徴が共通しているため、別々に起きた殺人がほぼ同様の手口で行われている場合や、同じ傾向の人物が狙われている場合には、捜査上で連続殺人事件と判断する重要な根拠になる、などがある。

金銭目的で犯行に及んだ連続殺人犯は「シリアル・キラー」から除外されることもあるが、被害金額が少なかったり、拷問殺人が発覚した場合などは殺害に主眼が置かれているため、シリアル・キラーに含まれる。

開場時間は12時から19時(最終日は17時)で、入場料はパンフレット付で2000円。会期中は無休。高校生未満は入場できない。