大丸東京で「あんぱんの日」に銀座木村家やアウレリアのあんぱん等

【銀座新聞ニュース=2020年4月3日】国内百貨店業界第2位の流通グループ、J.フロントリテイリング(中央区八重洲2-1-1)傘下の大丸松坂屋百貨店(江東区木場2-18-11)が運営する大丸東京店(千代田区丸の内1-9-1、03-3212-8011)は4月4日に地階「ほっぺタウン」で「あんぱんの日 記念フェア」を開く。

大丸東京店で4月4日の「あんぱんの日」に販売される銀座木村家の「酒種 桜」。1875年4月4日に明治天皇に献上され、以降、宮中御用達となったことから2001年に4月4日が「あんぱんの日」とされた。

4月4日の「あんぱんの日」に、あんぱんの元祖「木村屋総本店」グループの「銀座木村家」の北海道産小豆のこし餡と八重桜の塩漬けが伝統の酒種生地に溶け合う「酒種桜」(1個170円)、「小倉」(同)、「けし」(同)、「白餡ベース」に風味のいい屋久島産100%のたんかんのジュース・ミンチ・カットピールを使った季節のフレーバー「酒種 屋久島たんかん」(230円)。当日、1080円(税込)円以上購入すると、先着20人まで「酒種 桜」を1個プレゼントする。

「カーラ・アウレリア」の五穀の香ばしさと素焚糖あんの甘さが特徴の和菓子のようなあんぱん「五穀あんぱん」(1個216円、4日のみ20円引き)、全粒粉生地を使った「全粒粉あんぱん」(1個270円、4日のみ20円引き)、全粒粉100%で仕込んだ食パン生地で、桜の葉入りの桜あんと桜もちを1個包み焼き上げした「全粒粉桜あんぱん」(1個216円、4日のみ20円引き)。

「ポール・ボキューズベーカリー」の粒あんを包み込んだドーナツ「あんドーナツ」(1個183円、4日のみ20円引き)、十勝産の小豆を使用したこし餡を包んだ「あんぱん(こしあん)(同、4日のみ20円引き)、十勝産の小豆を使用したつぶ餡を包んだ「あんぱん(つぶあん)」(同、4日のみ20円引き)を販売する。

ウイキペディアによると、「あんぱん」は1869(明治2)年に東京・芝区で「木村屋総本店(当初は文英堂)」を創業した木村安兵衛(きむら・やすべえ、1817-1889)と2男で2代目の木村英三郎(きむら・えいざぶろう)が1874(明治7)年に、饅頭にあんが入っていたことからヒントを経て、あんと入れるパンを作った。小豆餡をパン生地でくるみ、外は西洋で中は和風、発酵に酒種酵母を使用した「あんパン(酒種あんぱん)」を開発した。

1875(明治8)年には、縁のあった旧幕臣で明治天皇(めいじ・てんのう、1852-1912)の侍従を務めていた山岡鉄舟(やまおか・てっしゅう、1836-1888)の仲介で、同年4月4日に隅田川花見で明治天皇が向島の旧水戸藩下屋敷訪問の際に、木村屋のあんパンが茶菓子として献上された。

このあんパンは中央に桜の花びらの塩漬けをあしらったもので、天皇夫妻、特に皇后から気に入られ、あんパンを食べた明治天皇は「ひきつづき納めるように」と伝えられ、以降、宮中御用達とされた。この明治天皇に献上された4月4日を2001年に「あんぱんの日」として日本記念日協会に登録された。

営業時間は10時から20時。

都知事自粛要請で三越、松屋、ルミネ、SIX、マロニエゲート等が週末休業

(記事はリリースとHPなどで確認されたものを掲載しています。画像等は省きます。随時、情報を追加します)
【銀座新聞ニュース=2020年4月3日】日本橋三越(中央区日本橋室町1-4-1)、銀座三越(中央区銀座4-6-16)、GINZA SIX(中央区銀座6-10-1)、ルミネ有楽町(千代田区有楽町2-5-1)、松屋銀座(中央区銀座3-6-1)、東急プラザ銀座(中央区銀座5-2-1)などは4月4日、5日の2日間の臨時休館(休業)を決めた。

ほかに、日本橋高島屋S.C.(中央区日本橋2-4-1)が本館地下1階食料品フロア、地下2階レストラン、新館地下1階の「成城石井」を除いて、全館で4日、5日に臨時休業する。マロニエゲート銀座1(中央区銀座2-2-14)、マロニエゲート銀座2(中央区銀座3-2-1)、マロニエゲート銀座3(中央区銀座2-3-12)も休業する。

また、日本橋三越、銀座三越、ルミネ有楽町、東急プラザ銀座、エグジットメルサ(EXITMELSA、中央区銀座5-7-10、中村積善会ビル)などはすでに4日と5日のほか、11日と12日の臨時休業も決めている。

3月末の週末については、三越伊勢丹グループは時間短縮で営業を続けたが、今回は12日までの週末休業を決めている。

セイコーグループの和光本館(中央区銀座4-5-11)、和光アネックス(中央区銀座4-4-8)、セイコードリームスクエア(中央区銀座4-4-10)、グランドセイコーブティック 銀座(中央区銀座7-9-16)、セイコー プロスペックスブティック 銀座(中央区銀座4-5-4)も4日、5日、11日、12日も臨時休業する。

地方のアンテナショップでは4日と5日を臨時休業するのは、いしかわ百万石物語・江戸本店(中央区銀座2-2-18 TH銀座ビル)、かごしま遊楽館(千代田区有楽町1-6-4、千代田ビル)など。

4日と5日、11日と12日を休業するのは北海道どさんこプラザ有楽町店(千代田区有楽町2-10-1、東京交通会館)、秋田ふるさと館(千代田区有楽町2-10-1、東京交通会館)、日本橋ふくしま館MIDETTE(中央区日本橋室町4-3-16、柳屋太洋ビル)、日本橋とやま館(中央区日本橋室町1-2-6、日本橋大栄ビル)、いきいき富山館(千代田区有楽町2-10-1、東京交通会館)。

広島「TAU」(中央区銀座1-6-10、銀座上一ビルディング)、おいでませ山口館(中央区日本橋2-3-4、日本橋プラザビル)、とっとり・おかやま新橋館(港区新橋1-11-7、新橋センタープレイス)の2階など。

大分の温泉座(千代田区有楽町2-10-1、東京交通会館)は4月12日まで、徳島・香川 トモニ市場(千代田区有楽町2-10-1、東京交通会館)が4月17日まで臨時休業する。

アップル銀座ストア(中央区銀座3-5-12、サヱグサビル本館)は3月27日までの休業を決めていたが、現在は「追ってお知らせするまで休業」に変更している。

東京都知事の小池百合子(こいけ・ゆりこ)さんは3月30日夜の緊急会見で、「都民の皆さま方には既に4月12日までの間」、換気の悪い密閉空間、多くの人が密集する場所、近距離での密接した会話、「この『3つの密』を避けていただく行動をお願いするとともに平日の夜間の外出、この週末もご協力いただきましたが、週末の不要不急の外出をお控えいただきますように」との要請を繰り返した。

これを受けて、銀座地区を中心とした小売店をはじめ、映画業界などが週末の休業を相次いで決めている。また、3月末の週末と同様、銀座中央通りの歩行者天国(ホリデープロムナード)も中止する。

M84でガルボ、モンロー、リー、ボガートらハリウッド俳優展

【銀座新聞ニュース=2020年4月4日】Art Gallery M84(中央区銀座4-11-3、ウインド銀座ビル、03-3248-8454)は4月6日から5月9日まで写真展「伝説の映画スター、モンロー等」を開く。

アートギャラリーエムハッシー(Art Gallery M84)で4月6日から5月9日まで開かれる「伝説の映画スター、モンロー等」に展示される作品(Marilyin Monroe(C)George S.Zimbel/G.I.P.Tokyo)。

今回は、スウェーデン出身のハリウッド女優、グレタ・ガルボ(Greta Garbo、1905-1990)を撮影した写真で知られた専属の写真家、クラレンス・シンクレア・ブル(Clarence Sinclair Bull、1896-1979)、アメリカの女優、マリリン・モンロー(Marilyn Monroe、1926-1962)の出演する映画「七年目の浮気」で知らない人がいないくらい印象的な写真を撮影したアメリカ系カナダ人のジョージ・S・ジンベル(George S.Zimbel)ら、名立たる写真家が伝説の映画スターたちを撮影した作品を紹介する。

「風と共に去りぬ」のスカーレット・オハラ役でアカデミー主演女優賞を受賞した英国出身のビビアン・リー(Vivien Leigh、 Lady Olivier、1913-1967)、「可愛い悪魔」で愛くるしい顔と滑らかな肢体のコンビネーションから男を虜にしたフランス出身の“自由奔放な小悪魔”ブリジット・バルドー(Brigitte Bardot、1934年生まれ)さん、「上海特急」でスターの座を確立したドイツ出身のマレーネ・ディートリヒ(Marlene Dietrich、1901-1992)、「七年目の浮気」で地下鉄の通気口に立ち、白いスカートがふわりと浮き上がる映画史上に残る有名なシーンのマリリン・モンローら「映画スターたちの肖像は心のレガシーとなって記憶を呼び戻してくれる」としている。

映画会社やコバール・コレクション(The kobal Collection)などから選んだ貴重なビンテージを含むゼラチンシルバープリント作品約34点を展示する。

展示するスターは、アメリカ出身のアニタ・ペイジ(Anita Page、1910-2008)、フランス出身のアルレッティ(Arletty、1898-1992)、アメリカ出身のエヴァ・ガードナー(Ava L.Gardner、1922-1990)、フランス出身のブリジット・バルドーさん、英国出身のケーリー・グラント(Cary Grant、1904-1986)、英国出身のエリザベス・テイラー(Dame Elizabeth Rosemond Taylor、DBE、1932-2011)。

フランス出身のギャビー・モルレー(Gaby Morlay、1893-1964)、アメリカ出身のゲーリー・クーパー(Gary Cooper、1901-1961)、アメリカ出身の女優で、モナコ公国の公妃、グレース・P・ケリー(Grace P.Kelly、1929-1982)、グレタ・ガルボ、ドイツ出身で、シャンソン歌手でもあったハンナ・シグラ(Hanna Schygulla、1943年)さん、アメリカ出身のハンフリー・D・ボガート(Humphrey DeForest Bogart、1899-1957)。

スウェーデン出身のイングリッド・バーグマン(Ingrid Bergman、1915-1982)、フランス出身のイザベル・Y・アジャーニ(Isabelle Yasmine Adjani、1955年生まれ)さん、アメリカ出身のジョーン・クロフォード(Joan Crawford、1904-1977)、アメリカ出身のキャサリン・H・ヘプバーン(Katharine H.Hepburn、1907-2003)、マリリン・モンロー。

ドイツ出身のマレーネ・ディートリヒ、フランス出身のミシェル・モルガン(Michele Morgan、1920-2016)、アメリカ出身のモンゴメリー・クリフト(Edward Montgomery Clift、1920-1966)、アメリカ出身のポール・ニューマン(Paul Newman、1925-2008)、アメリカ出身のタルラー・バンクヘッド(Tallulah B.Bankhead、1902?1968)、英国出身のビビアン・リーら。

スターたちを撮影した写真家は、ヘルムート・ニュートン(Helmut Newton、1920-2004)の妻で、オーストラリア出身のアリス・スプリングス(Alice Springs、1923年生まれ)さん、クラレンス・シンクレア・ブル、クラーク・ゲーブル(Clark Gable、1901-1960)やキャサリン・ヘプバーン、リタ・ヘイワース(Rita Hayworth、1918-1987)、グレタ・ガルボ、ジーン・ハーロウ(Jean Harlow、1911-1937)らの撮影で知られるジョージ・ハーレル(George Hurrell、1904-1992)、ジョージ・S・ジンベル。

ユダヤ系ドイツ人で、マルレーネ・ディートリッヒ、ピエトロ・マスカーニ(Pietro Mascagni、1863-1945)、ビビアン・リーらの写真で知られたラズロ・ウィリンジャー(Laszlo Willinger、1909-1989)、著名なパリのスタジオ、スタジオ・アルクール(Studio Harcourt)、フランス出身のロジェー・コルボ(Roger Corbeau、1908-1995)、テッド・リード(Ted Reed)、フランス出身のグザビエ・ランブール(Xavier Lambours、1955年生まれ)さん、ワルター・リモ(Walter Limot、1902-1984)ら。

開場時間は10時30分から18時30分(最終日は17時)まで。入場料は800円。日曜日は休み。

中央の百貨店3月、全5店3割以上の減、銀座三越と大丸半減、免税も激減

【銀座新聞ニュース=2020年4月2日】中央区とその周辺の主要百貨店の3月売上高(速報値、店頭ベース)は、日本橋三越、大丸東京店、日本橋高島屋、銀座三越、松屋銀座の5店ともマイナスだった。5店舗とも前年を下回ったのは、2カ月連続となる。

3月の売上高で6カ月連続マイナスと苦戦する日本橋三越。2021年2月末には、売上高に計上している恵比寿三越が閉店するため、さらに苦戦が強いられるそうだ。

3月は全国的に新型コロナウイルスの感染拡大防止の観点と、行政からの外出自粛要請もあり、「入店客数の減少や消費マインドへのマイナス影響を受け」(三越伊勢丹ホールディングス)たとしている。

三越伊勢丹ホールディングスの日本橋三越(中央区日本橋室町1-4-1、03-3241-3311)は前年同月比40.0%減(2月速報値15.9%減、確定値14.0%減、小型店舗と恵比寿三越、ソリューション統括部を含む、確定値ベースでの店舗別売上額は2019年5月から未公表)と店頭ベースでは6カ月続けて前年を下回った。

一方、銀座三越(中央区銀座4-6-16、03-3562-1111)は同55.1%減(同速報値36.2%減、確定値36.2%減、但し空港型免税店の売り上げを除く)と2カ月続けてマイナスとなった。

三越伊勢丹ホールディングスでは新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、首都圏三越伊勢丹(6店舗)では3月2日より営業時間短縮を実施し、行政からの外出自粛要請もあり、入店客数の減少や消費マインドへのマイナス影響を受け、首都圏三越伊勢丹(既存店)と国内百貨店(既存店)ともに、売上は6カ月連続で前年実績を下回った。

訪日外国人観光客売上高(インバウンド、免税売上高)については、入国規制の影響もあり2月に比べてさらに大きく減少した。一方で、自宅で購入する食品宅配サービスやECによる売り上げは好調で、定期宅配サービス(ISETAN DOOR)や化粧品オンラインストア(meeco)などは前年比2倍で推移している(ただし、百貨店事業売り上げには含めていない)。

日本橋高島屋(中央区日本橋2-4-1、03-3211-4111)は同33.9%減(同速報値0.8%減、確定値1.6%減)と2カ月続けてマイナスとなった。日本橋店は2018年9月からレストラン街の運営を子会社の東神開発に移管し、百貨店としての売場面積が縮小している。

店頭売り上げは、新型コロナウイルスの感染拡大により、不要不急の外出を控える動きが全国的に広がったことに加え、3月28日、29日は行政からの外出自粛要請などを受け、日本橋店などを臨時休業したことなどにより、前年実績を下回った。訪日外国人観光客売上高は前年比92.5%減だった。17店舗ベースの商品別では、サービス営業を除く商品群が前年を下回った。

J.フロントリテーリングの大丸東京店(千代田区丸の内1-9-1、03-3212-8011)は同49.9%減(同速報値16.1%減、確定16.1%減)と6カ月続けて前年を下回った。

百貨店事業は、新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、訪日外国人観光客売上高の大幅減だけでなく、国内消費も外出の自粛などにより入店客数のマイナス影響を受けたこと、さらにお客と従業員の安全・安心、感染リスク低減などの観点から、全店で4日間の臨時休業日を設けた(東京店、上野店はさらに1日追加休業)ことなどから百貨店事業合計では前年比44.1%減となった。訪日外国人観光客売上高(速報値)は前年97%減(客数97%減、客単価16%増)となった。

J.フロントリテーリングでは2017年4月から「不動産事業」を独立させて、確定ベースで伸び率を公表しており(速報値ベースは未公表)、2月の「ギンザ シックス(GINZA SIX)」や「上野フロンティアタワー」などの家賃収入は同6.6%増だった。

松屋銀座店(中央区銀座3-6-1、03-3567-1211)は同40.7%減(同速報値32.4%減、確定値32.4%減)と2カ月続けてマイナスとなった。

銀座店は、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、3月2日から月を通した営業時間の短縮(その影響度合いは約7%弱)と臨時休業(2日間、その影響度合いは約9%程度)が、売り上げ全体に大きなインパクトを与えた。

また、訪日外国人観光客売上高については、化粧品を軸に大幅に減少、加えて、外出自粛要請を受け、国内のお客の消費減退も不安材料となり、先行きの不透明感が払拭できない状況が月間を通し続き、店全体の売上は大幅に前年を下回った。

日本百貨店協会(中央区日本橋2-1-10、03-3272-1666)によると、国内75社206店舗(総従業員6万2745人)の2月売上高(店舗調整後)は前年同月比12.2%減の3661億2747万円で、5カ月続けてのマイナスとなった。

2月は「新型コロナウイルスの影響拡大から、国内外顧客の集客・売り上げともに厳しい状況が続き、入店客数も約1割減少した」としている。また「国内においては外出自粛による消費マインドの低下が見られ」ている。訪日外国人観光客売上高では「1月27日以降の中国政府による団体海外旅行禁止、春節の月ズレ(前年2月5日、今年1月25日)も大きく響いた」という。その上、暖冬により冬物商材も動きが鈍かったとしている。

顧客別では、国内市場は1月より3.3ポイントダウンの7.8%減(5カ月連続、シェア97.0%)であったが、訪日外国人観光客売上高は、訪日客減により購買客数(13.4万人、68.3%減、2カ月ぶり減)が大幅に減少した結果、総売上高は約110億円(65.4%減、2カ月ぶり、シェア3.0%)となり、極めて厳しい結果としている。

商品別では、主要5品目すべてで対前年減となる中、食料品(3.5%減)はバレンタイン商戦などの催事企画が好評で減少幅を抑えることができた。一方、衣料品(15.9%減)や身のまわり品(16.7%減)などのファッション商材は、「天候与件もあって冬物重衣料を中心に苦戦し」た。

時計や宝飾など一部高額品(美術、宝飾、貴金属は6.6%減)が比較的堅調だった雑貨(18.9%減)も、化粧品(26.4%減)が大きくマイナスしたことから、全体では2割近く減少した。

全国の百貨店の2月の営業日数は前年より1日多い28.7日、115店舗の回答によると、入店客は16店が増え、78店が減ったとし、84店舗の回答によると2月の歳時記(バレンタインデー、節分)の売り上げについては11店が増え、47店が減ったとしている。東京地区(12社25店)の2月の売上高(店舗調整後)は同12.8%減の1015億5114万円と5カ月続けてのマイナスとなった。

国内91店舗の訪日外国人観光客需要の2月の売上高は同65.4%減の約110億2000万円と2カ月ぶりにマイナスとなり、国内の百貨店に占めるシェアが3.0%としている。

このうち、一般物品売上高は同64.2%減の約55億円で、4カ月ぶりに前年を下回った。化粧品や食料品などの消耗品売上高が同66.5%減の55億2000万円、購買客数が同68.3%減の約13万4000人と2カ月ぶりにマイナスとなり、1人あたりの購買単価が同9.0%増の8万2000円で、3カ月続けて前年を上回った。

人気のあった商品は1位が化粧品(2018年1月から2020年1月まで1位)、2位にハイエンドブランド(2018年1月から2019年4月まで2位、5月3位、6月から1月まで2位)で9カ月連続で2位、3位が食品(2018年1月4位、2月3位、3月5位、4月3位、5月4位、6月から2019年4月まで3位、5月2位、6月、7月3位、8月4位、9月から1月まで3位)で、6カ月連続で3位だった。

4位が婦人服飾雑貨(2018年1月3位、2月4位、3月3位、4月5位、5月3位、6月から2019年7月まで4位、8月3位、9月から1月まで4位)で6カ月連続で4位だった。5位に婦人服(2020年1月5位)で、2カ月連続5位だった。

免税手続きカウンターの来店国別順位は1位が中国本土(2018年1月から2020年1月まで1位)、2位は台湾(2018年1月と2月3位、3月4位、4月3位、5月から1月4位、2月3位、3月から6月4位、7月3位、8月4位、9月から11月2位、12月と1月3位)で3カ月ぶりに2位を回復した。

3位が香港(2018年1月2位、2月4位、3月3位、4月4位、5月と6月3位、7月2位、8月と10月3位、11月と1月2位、2月4位、3月から6月3位、7月2位、8月から11月まで3位、12月と1月2位)で、3カ月ぶりに下がった。4位に韓国(2018年1月4位、2月から6月2位、7月3位、8月から10月2位、11月から2019年1月まで3位、2月から6月2位、7月4位、8月2位、9月から1月まで4位)で6カ月連続だった。

5位にタイ(2018年1月から10月5位、11月と12月6位、2019年1月から8月5位、9月6位、10月から1月まで5位)で5カ月連続、6位にシンガポール(2018年1月から10月6位、11月と12月5位、2019年1月から8月6位、9月5位、10月から1月まで6位)で5カ月連続、7位がマレーシア(2018年1月から1月まで7位)と変わらなかった。

「勝牛トリトン」等で牛ロースとサーモンのカツ膳

【銀座新聞ニュース=2020年4月2日】サムギョプサル専門店び「ベジデジや」や牛カツ専門店「牛カツ京都勝牛」などを展開するゴリップ(東京本部・品川区西五反田8-3-6、TK五反田ビル、03-5623-2121)は4月1日から「牛カツ京都勝牛晴海トリトン店」(中央区晴海1-8-1、トリトンスクエア、03-6228-2990)など全国の約60店舗で「牛ロースカツ&サーモン大トロカツ膳」を販売する。

「牛カツ京都勝牛晴海トリトン店」などで4月1日から販売する「牛ロースカツ&サーモン大トロカツ膳」。

赤身と脂身のバランスがよく、牛肉本来の味わいを楽しめる「牛ロースカツ」とサーモンの大トロを使った「サーモンの大トロカツ」を乗せた、2種類のカツを味わえるカツ膳で、みぞれポン酢とすだちにつけて食べる。

麦ごはん、キャベツ、赤だしがついて(ごはん、キャベツ、赤だしはおかわり自由)、価格は税別1480円。

ゴリップは2005年5月に1976年京都府京都市生まれの勝山昭(かつやま・あきら)さんが設立し、同年にサムギョプサル専門店「ベジテジや」を開業し、2014年1月に熟成牛ステーキ専門店「ゴッチーズビーフ(Gottie’s BEEF)」、2014年11月に牛カツ専門店「京都勝牛」、2016年1月に肉が旨いカフェ「ニックストック(NICK STOCK)」を開業した。

ゴリップは2005年5月に1976年京都府京都市生まれの勝山昭(かつやま・あきら)さんが設立し、同年にサムギョプサル専門店「ベジテジや」を開業し、2014年1月に熟成牛ステーキ専門店「ゴッチーズビーフ(Gottie’s BEEF)」、2014年11月に牛カツ専門店「牛カツ京都勝牛」、2016年1月に肉が旨いカフェ「ニックストック(NICK STOCK)」を開業した。

2017年11月に副社長の洪大記(こう・だいき)さんが社長に昇格し、勝山昭さんは最高顧問に就任、その後、2017年に設立した飲食業のジーホールディングス(品川区西五反田8-3-6、TK五反田ビル)の社長でもある原信吾(はら・しんご)さんがゴリップの社長を務めている。現在、6業態で国内で約90店舗を運営、そのうち、「牛カツ京都勝牛」は国内で約60店、海外では韓国、台湾、カナダに17店を展開し、2020年にタイ、香港に出店する予定。

営業時間は11時から23時(土・日曜日、祝日22時)。