サニーヘルス、食物繊維や蛋白質など高栄養価のオートミールでダイエットを

【銀座新聞ニュース=2020年7月11日】健康食品、美容商品、化粧品などの販売会社、サニーヘルス(中央区八重洲2-1-6、八重洲kビル、03-6701-3000)はこのほど、レポート「オートミールが売り切れ続出!ダイエット効果が期待できるヘルシーフード」を発表した。

オートミールは熱湯やホットミルクなどでふやかして、粥状にして食べるのがオーソドックスな食べ方となっている。

ダイエット効果が期待できるヘルシーフードとして、多くの販売店で「オートミール」が売り切れ続出という事態になっているという。オートミールはアメリカやヨーロッパの一部では朝食の定番として親しまれている食品でも、日本ではこれまではマイナーな存在だった。

それが今、オートミールはメディアの影響によって注目されるようになり、モデル、セレブ、インスタグラマー、ボディメイクに勤しむ人々など、流行に敏感かつ美容・健康アンテナを張っている層がヘルシーな朝食として、相次いで取り入れはじめ、一般人へのすそ野も広がってきている。

では、人気が出てきているオートミールには、どんな美容効果やダイエット効果があるのだろうか?オートミールの取り入れ方とあわせて紹介する。

オートミールとは「えん麦(えんばく)」という穀類を脱穀して加工したもので、えん麦という呼び名のほか、オーツ麦、オートなどと呼ばれることがある。「麦」という字が使われているが、小麦と違ってグルテンが含まれない「グルテンフリー」食品になっている。

オートミールは、味のついていないプレーンタイプや、あらかじめ甘く味付けされたタイプなどさまざまな種類があり、熱湯やホットミルクでふやかしてお粥状にして食べるのがオーソドックスな食べ方だ。

前の晩にオートミールを牛乳やアーモンドミルクなどに浸し、冷蔵庫に寝かせるだけで、翌朝、加熱しなくてもすぐに食べられる。さらに、フルーツをプラスすると、オートミールには含まれないビタミンCを摂ることができる。

オートミールをそのまま食べることもあれば、グラノーラに用いられたり、スイーツの材料としてクッキーやマフィンなどに使われたりすることもある。

オートミールが人気のある理由のひとつに挙げられるのは、ダイエット効果が期待できるといわれているためで、では、オートミールのどんな点がダイエットに優れているだろうか。

1)主食・糖質なのに太りにくい
穀類であるオートミールは、お米やパンと同じく主食となる糖質(炭水化物)という位置づけだが、白米やパンと大きく異なるのは、オートミールはGI値が低いということ。GI値とは「グリセミック・インデックス」の略で、食品に含まれる糖質が体内で分解されてブドウ糖に変わり、血糖値を上昇させるスピードを数値化したものだ。数値は0から100で表され、100に近いほど太りやすい食品とされる。

オートミールのGI値は55。食パンは95、白米は88なので、かなり低い数値となっている。玄米、ライムギパンがオートミール同様に55なので、これらと並んで「太りにくい糖質」といえる。このため、ダイエット中の主食として適している。

2)腸内環境を改善する「腸活」に効果的
腸内環境を整えるためには、食物繊維をたっぷり摂取することが必須で、オートミールには、100グラムあたり9.6グラムもの量が含まれており、白米の約20倍、玄米の約3.5倍もある。

しかも、含有量が多いだけでなく、水溶性・不溶性の両方の食物繊維が含まれ、とくにダイエットに効果的な水溶性食物繊維が多いのが特徴だ。水溶性食物繊維は糖質の消化吸収を穏やかにし、血糖値の急上昇を防ぐ作用やコレステロールを排出する作用、腸内の善玉菌を増やす作用にも長けている。オートミールは腸活にもぴったりの食品といえる。

3)穀類なのにタンパク質も豊富
オートミールには100グラムあたり13.7グラムのタンパク質が含まれ、さらにアミノ酸スコアは100という、タンパク源としても優秀な食品だ。アミノ酸スコアとはタンパク質のクオリティーを表す基準値のことで、9種類の必須アミノ酸すべてをバランスよく含んでいるほど100に近い数字になる。

アミノ酸スコア100の食品は、オートミールのほかに、肉類や卵、大豆などがある。良質なタンパク質を手軽に摂取することができるオートミールは、アスリートをはじめ、トレーニングをしている人たちに人気があるのもうなづける。ダイエット中も、代謝を下げないために必要量を摂取すべき栄養素といえる。

4)ビタミン・ミネラルも含まれる
オートミールは太りにくい糖質であり、質のよいタンパク源となるだけでなく、ダイエット効率を上げるための栄養素であるビタミンB群や鉄を多く含んでいる。

ビタミンB群は、糖質やタンパク質を体内でエネルギーに変換するために必要な栄養素で、代謝をスムーズにするためには欠かせない。また、鉄はダイエット中に不足しがちな栄養素であり、貧血予防だけでなく、代謝や美肌にも大きく影響を及ぼす。

ダイエットに有効なオートミールの食べ方についていえば、調理の手間が少なく短時間で用意できるので、朝食をオートミールにするのが手軽な方法だ。オートミール一皿で、やせるために必要な栄養素をしっかり摂取することができるので、ダイエット中の朝食にぴったりといえる。

アメリカの朝食では、オートミールに牛乳をかけてレンジで温めるのが一般的な食べ方だが、それ以外にも幅広くアレンジすることができる。

では、飽きずにおいしく、健康的に食べられるオートミールを使ったレシピを紹介しよう。

1)オーバーナイト・オーツ
SNSで「#overnightoats(オーバーナイトオーツ)」で検索すると数十万件がヒットするこの食べ方は、前の晩に牛乳やアーモンドミルクなどに浸しておく方法だ。翌朝にはオートミールがふやけて、加熱しなくてもすぐに食べられるだけでなく、トッピングが「映える」ことでも人気の食べ方となっている。フルーツをプラスすることで、オートミールには含まれないビタミンCを摂ることもできる。

材料(1人分)としてはオートミール30グラム、好みのミルク(牛乳、豆乳、アーモンドミルク、ココナッツミルクなど)2分の1カップ、バナナ2分の1本、いちご3個、ブルーベリー10個、はちみつ小さじ2、シナモンパウダー適量。

作り方は1)食べる前の晩に、ボウルや深皿にオートミールと好みのミルクを注ぎ、ラップをして一晩冷蔵庫に入れておく。2)翌朝、冷蔵庫から取り出した1)に、はちみつとシナモンパウダーをかける。3)バナナといちごを薄切りにし、ブルーベリーはそのまま2)にトッピングをして完成となる。フルーツは季節のものなど、好みでOK。

2)オートミールリゾット
スイーツ系よりも食事系の温かいものが食べたいときにおすすめなのが、リゾット風にアレンジしたオートミールだ。卵を入れることでタンパク質をしっかり摂取することができる。野菜を入れるアレンジをするのも良いでしょう

材料(1人分)としてはオートミール30グラム、水250㏄、卵1個、ピザ用シュレッドチーズ15グラム、顆粒コンソメ小さじ1、塩・黒コショウ適量

作り方は1)鍋にオートミール、水、コンソメを入れて中火で沸騰させ、弱火にして1分煮る。2)卵を溶いて回し入れ、チーズをかけ、ふたをして1分蒸らす。3)塩・黒コショウで味をととのえて完成する。

食物繊維やタンパク質など、ダイエット中に必須の栄養素を手軽に摂ることができるオートミール。しかも低GI食品だから、糖質なのにギルトフリー。今は店舗では品薄の場合もあるが、入手することができればぜひトライしてみてほしい。

東宝6月映画、87%減も7億円に回復、新作の公開日も順次決定

【銀座新聞ニュース=2020年7月10日】阪急阪神東宝グループで、国内映画業界首位の東宝(千代田区有楽町1-2-2、03-3591-1221)は7月9日に6月の映画営業部門興行成績(速報ベース)が前年同月比87.0%減の7億485万円と、5カ月連続で前年を下回ったと発表した。

8月21日から一般公開されることが決まった「糸」((C)2020映画「糸」製作委員会)。1992年に作られ、1998年に発売され(ネット配信は2002年開始)、2017年に日本音楽著作権協会賞金賞を受賞し、2018年にミリオンセラーとなった中島(なかじま)みゆきさんの「糸」をモチーフにしている。

新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受けて、映画館が休業に追い込まれ、2月から前年比マイナスが続く中で、3月に前年同月比80%減の12億円、4月に同99%減の1億3887万円、5月に同99%減の6896万円まで減少していたが、6月は同87%減と厳しい中でも7億円にまで回復の兆しを見せた。

一方、トーホー(TOHO)シネマズ、関西共栄興行、スバル興業という連結3社と東京楽天地、オーエスの持分法適用2社を合わせた5社ベースの東宝グループの映画館(695スクリーン)の6月の入場料収入は5月14日までに全館が休業し、その後、順次再開してきたこともあって、同86.5%減の9億7249万円だった。トーホーシネマズ直営館の入場料収入と東宝グループの入場人員を公表するのを止めている。

公開中の映画は、新作がすべて延期されたことから、3月20日公開の「弥生、三月 君を愛した30年」のみが上映され、ほかにスタジオジブリ4作品が再上映された。

興行通信社の映画興行ランキングによると、6月6日、7日の週は「アキラ(AKIRA)」が4位、「天気の子」が7位と、トップ10入りは2本だった。

13日、14日の週は「天気の子」が5位、「アキラ」が7位とトップ10入りは2本だった。

20日、21日の週は「天気の子」が7位、「アキラ」が10位とトップ10入りは2本だった。

27日、28日の週は「千と千尋の神隠し」が初週で1位、「もののけ姫」が初週で2位、「風の谷のナウシカ」が初週で3位、「ゲド戦記」が初週で9位とトップ10入りは4本だった。いずれも再上映されたスタジオジブリ4作品がトップ10入りした。

6月に映画館で上映された作品は「風の谷のナウシカ」、「もののけ姫」、「千と千尋の神隠し」、「ゲド戦記」、「アキラ(AKIRA)」、「弥生、三月‐君を愛した30年」、「貴族降臨 プリンス・オブ・レジェンド(PRINCE OF LEGEND)」、「スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼」の8点。

東宝の配給作品で、これまでに公開を延期された作品は「映画しまじろう しまじろうとそらとぶふね」(2月28日予定、2021年春頃に延期)、「僕たちの嘘と真実 ドキュメンタリー・オブ(Documentary of)欅坂(けやきざか)46」(4月3日予定)、「名探偵コナン 緋色の弾丸」(4月17日予定、2021年4月に延期)、「映画クレヨンしんちゃん 激突!ラクガキングダムとほぼ四人の勇者」(4月24日予定)。

「燃えよ剣」(5月22日予定)、「思い、思われ、ふり、ふられ」(5月29日予定)、「奥様は、取り扱い注意」(6月5日予定)、「ヒノマルソウル‐舞台裏の英雄たち」(6月19日予定)、「シン・エヴァンゲリオン劇場版」(6月27日予定)、「劇場版ポケットモンスター ココ」(7月10日予定)、「スタンド・バイ・ミー(STAND BY ME)ドラえもん 2」(8月7日予定)。

「コンフィデンスマンJP プリンセス編」については5月1日公開の予定だったが、7月23日から公開する。「映画ドラえもん のび太の新恐竜」も3月6日公開予定だったが、8月7日から公開する。「糸」も4月24日公開予定だったが、8月21日からの公開を決めた。「映像研には手を出すな!」も5月15日予定から9月25日からの公開を決めた。

ためながでパリで注目された9人展、吉川民仁、大竹寛子、大沢拓也ら

【銀座新聞ニュース=2020年7月10日】ギャルリーためなが(中央区銀座7-5-4、03-3573-5368)は7月10日から8月16日まで「巴里を魅了する和の九人展」を開いている。

ギャルリーためながで8月16日まで開かれている「巴里を魅了する和の九人展」のフライヤー。

ギャルリーためながは2015年からパリ店で「ヌーベル・エル・ドゥ・ジャポン(Nouvelle ere du Japon、日本の新たな時代展)」を開き、日本で活躍する画家をヨーロッパに紹介していくグループ展を企画してきた。「海外では無名に近い日本人の作家がどのように評価されるのか、楽しみと不安の交錯する中、展覧会は大きな反響を呼び、作家と共に多くの刺激を受けた」としている。

他方で、これらの日本の画家を日本で発表する機会を逸していたことに気がつき、パリで称賛された「和の国」の9人が銀座でどのように評価されるのか。今回、9人の作品展を開くことにした。

9人は吉川民仁(よしかわ・たみひと)さん、江川直也(えがわ・なおや)さん、菅原健彦(すがわら・たけひと)さん、細川貴司(ほそかわ・たかし)さん、大竹寛子(おおたけ・ひろこ)さん、村本真吾(むらもと・しんご)さん、中村ケンゴ(なかむら・けんご)さん、北川麻衣子(きたがわ・まいこ)さん、大沢拓也(おおさわ・たくや)さん。

吉川民仁さんは1965年千葉県生まれ、1989年に武蔵野美術大学造形学部油絵学科を卒業、1991年に同大学大学院造形研究科油絵コース修士課程を修了、在学中の1990年に鎌倉画廊で初個展、1995年に文化庁芸術インターンシップ研修員、2018年から武蔵野美術大学油絵学科教授。

江川直也さんは1988年埼玉県生まれ、2011年に京都造形芸術大学美術工芸学科日本画コースを卒業、在学中の2010年に第8回「雪舟の里総社墨彩画公募展2010」で入選、2011年に京都造形芸術大学卒業制作展で細川護煕賞、学科賞、エマージング賞を受賞、第29回上野の森美術館大賞展で入選(2012年、2014年、2017年、2018年に入選)、第61回埼玉県美術展覧会で埼玉県教育委員会賞を受賞した。

2012年に第6回前田青邨記念大賞展で入選、第23回臥龍桜日本画大賞展で入選(2014年に入選)、第17回三菱商事アート・ゲート・プログラムで入選、2013年に第26回日本の自然を描く展でニッポン放送賞、第13回佐藤太清賞公募美術展日本画の部で特選、福知山市長賞(2014年に特選、横浜賞)、2016年にシード(Seed)山種美術館日本画アワード2016「未来をになう日本画新世代」で入選(2019年に奨励賞)、2019年にギャルリーためながパリ店の「ヌーベル・エル・ドゥ・ジャポン(Nouvelle ere du Japon)Ⅳ」に出展している。

菅原健彦さんは1962年東京都生まれ、1989年に多摩美術大学美術学部絵画科日本画専攻を卒業、在学中の1987年に第5回上野の森美術館大賞展で佳作賞、1995年に第5回五島記念文化賞で美術新人賞、五島文化財団研修員として1996年までドイツに留学した。

1997年に両洋の眼・現代の絵画展で倫雅賞、1998年に第11回MOA岡田茂吉賞絵画部門で優秀賞(文化庁作品買い上げ)、2003年に両洋の眼・現代の絵画展で河北倫明賞、2004年に第2回東山魁夷記念日経日本画大賞展で大賞を受賞している。現在、京都芸術大学美術工芸学科教授。

細川貴司さんは1964年高知県土佐清水市生まれ、1989年に東京芸術大学大学油画専攻を卒業、卒業時に久米賞、安宅賞、卒業制作買い上げ賞、1991年に同大学大学院修士課程を修了、修了時に大和銀行買い上げ賞、1994年に同大学大学院美術研究科後期博士課程油画専攻を満期退学した。

同年に野村国際文化財団助成、2001年に第16回ホルベイン(HOLBEIN)スカラシップ奨学生、2016年にギャルリーためながパリ店の「ヌーベル・エル・ドゥ・ジャポン(Nouvelle ere du Japon)Ⅱ」に出展、2015年から208年まで武蔵野美術大学造形学部油絵学科非常勤講師、東北芸術工科大学芸術学部美術科洋画コース准教授。

大竹寛子さんは1980年岐阜県生まれ、2006年に東京芸術大学絵画科日本画専攻を卒業、卒業制作で帝京大学買い上げ、2008年に同大学大学院美術研究科日本画専攻を修了、2009年に第19期佐藤国際文化育英財団奨学生、2011年に同大学大学院美術研究科博士後期課程日本画研究領域を修了、美術研究博士号を取得した。

2011年から2014年まで東京芸術大学教育研究助手(日本画)、2014年に東京芸術大学のエメラルド賞を受賞、2015年から2016年に文化庁新進芸術家海外派遣制度でアメリカ・ニューヨークに滞在、2019年にローマ教皇来日に伴い、バチカン市国に作品を寄贈している。

村本真吾さんは1970年石川県生まれ、1995年に東京芸術大学美術学部工芸科漆芸専攻を卒業、1997年に同大学大学院美術研究科修士課程漆芸専攻を修了、1999年に国際漆デザイン展’99石川で特別賞、1999年から2002年まで金沢卯辰山工芸工房で研修、2000年にアート&クラフトイン(in)御仏供杉で優秀賞(2001年に奨励賞)を受賞した。

2000年にクラフトコンペ高岡2000で審査員賞、2002年に国際漆展・石川2002で審査委員奨励賞、2010年から2015年4月まで金沢卯辰山工芸工房漆芸工房専門員を務め、2016年に第72回金沢市工芸展で金沢市長最優秀賞を受賞している。

中村ケンゴさんは1969年大阪府生まれ、1993年に多摩美術大学絵画科日本画専攻を卒業、1995年に同大学大学院美術研究科修士課程を修了、1994年から個展を開いており、Eメールで使われる顔文字、ワンルームマンションの間取り図、マンガの吹き出しやキャラクターのシルエットなどを手掛けている。

北川麻衣子さんは1983年埼玉県生まれ、2010年に東京芸術大学絵画科油画専攻を卒業、2012年に同大学大学院美術研究科絵画専攻油画研究室博士課程を修了した。2006年から個展を開き、2013年にシンガポールで個展を開いた。

2017年に台湾・台北でグループ展「アート・タイペイ(ART TAIPEI)2017」に参加(2018年、2019年も出品)、2018年に香港の「ファイン・アート・アジア(FINE ART ASIA)2018」に参加(2019年も出品)、2019年にベルギー・ブリュッセル、フィリピン・マニラのグループ展にも出品している。

大沢拓也さんは1979年埼玉県生まれ、2004年に東京芸術大学美術学部絵画科日本画専攻を卒業、卒業制作が台東区長賞、サロンドプランタン賞、2006年に同大学大学院美術研究科日本画専攻を修了、修了制作が大学美術館買上賞、在学中の2005年に第32回創画展で入選(以後、2006年に奨励賞など毎年入選)、2006年に第32回春季創画会で入選(以後、2008年、2010年に春季展賞など毎年入選)した。

2009年に同大学大学院美術研究科後期博士課程美術専攻日本画研究領域を修了、博士号(美術)取得、修了作品が野村賞、大学美術館収蔵され、2012年に東京芸術大学美術学部絵画科日本画教育研究助手、2013年に台湾・台北のグループ展「アート台北2013」に参加(以降、毎年出品)、2014年にトルコのグループ展に出品、2015年にイタリア・ミラノのグループ展に出品、2019年に英国ロンドンのアートフェアに出品している。

10日から12日まで11時から19時まで画家が来場する。10日大沢拓也さん、北川麻衣子さん、11日が菅原健彦さん、大竹寛子さん、江川直也さん、12日が吉川民仁さん、中村ケンゴさん、細川貴司さん。

開場時間は11時から19時(日曜日、祝日17時、12日は19時)。入場は無料。

丸善日本橋で「土」の古荘美紀と「鋼」の安東桂展

【銀座新聞ニュース=2020年7月9日】大手書籍販売グループの丸善CHIホールディングス(新宿区市谷左内町31-2)傘下の丸善ジュンク堂書店(中央区日本橋2-3-10)が運営する丸善・日本橋店(中央区日本橋2-3-10、03-6214-2001)は7月8日から14日まで3階スパインスペースで古荘美紀さんと安東桂さんによる2人展「土と鋼のモノ語り2020」を開いている。

丸善・日本橋店で7月14日まで開かれている古荘美紀さんと安東桂さんの2人展「土と鋼のモノ語り2020」のフライヤー。

陶芸家の古荘美紀(ふるしょう・みき)さんと金属造形作家の安東桂(あんどう・けい)さんが「土と鋼」を使ってそれぞれが作り出す作品を展示している。

古荘美紀さんは土練しない土本来の色の違いを生かした自然な土模様をアクセントとしてデザインした陶器を制作しており、カップ、皿など食器と蚊取りや時計などのインテリア品を出品する。

安東桂さんは鋼を叩いて作る、物語を感じさせるような立体造形物や生活の中で楽しめる金属のアイテム、アルミのアクセサリーなどを出品している。

古荘美紀さんは神奈川県生まれ、1999年に佐賀県立有田窯業大学校本科を卒業、岩殿寺窯(静岡県賀茂郡南伊豆町)に入社、陶芸土の芳村俊一(よしむら・しゅんいち)に指導を受け、2002年に伊豆の土を掘って焼き始め、同窯を退社、2010年に伊豆の土の焼き方に四苦八苦しながら、「灯油窯焼成」を再開し、制作を本格化、2014年から第5回酒器の器展に入選、第50回日本クラフト展に入選、多摩クラフト協会会員。

安東桂さんは大分県生まれ、東京学芸大学を卒業、2001年に同大学大学院修士課程を修了、金属造形家の赤川政由(あかがわ・まさよし)さんに師事し、銀座ミハラヤの「銅楽展」に参加し、2007年に個展を開き、2010年に立川市役所新庁舎受付カウンターのデザイン・施工を手掛け、2012年に独立して、東京都立川市にアトリエをかまえ、2013年に立川市東京国体モニュメントを制作し、その後も毎年個展を開いている。

開場時間は9時30分から20時30分(最終日は15時)まで。

戦場でしか生きられない姿を最後まで描き続けた新「ランボー」(293)

【ケイシーの映画冗報=2020年7月9日】「Rambo/ランボー」とはランダムハウス英語辞典では、名詞では「たくましい男。一匹狼の殺戮(さつりく)もの、復讐者」、動詞では「めちゃめちゃに壊す(やっつける)」、という意味です。

現在、一般公開中の「ランボー ラストブラッド」((C)2019 RAMBO V PRODUCTIONS, INC.)。作品は「R15+」(15歳未満の入場・鑑賞を禁止)に指定されている。制作費が5000万ドル(約50億円)で、興行収入は世界で9149万ドル(約91億4900万円)を記録した。

普通名詞として英語の辞書に記されている映画の主人公というのは、本当にかぎられた存在でしょう。もとアメリカ陸軍特殊部隊グリーン・ベレーのベトナム帰還兵ジョン・ランボーを主人公にした「ランボー」(First Blood、1982年)は、「国のために戦ったのに、帰国してもさげすまれ、非難される」ベトナム帰還兵を描いた作品でした。

とくに日本ではヒットし、邦題の「ランボー」は、本国でもメインタイトルとなり(第2作「ランボー 怒りの脱出」の原題は「Rambo:First Blood PartⅡ」1985年)、シリーズ名となって、5本目の本作「ランボー ラストブラッド」(Rambo: Last Blood、2019年)まで踏襲されるのです。

前作「ランボー 最後の戦場」(Rambo、2008年)のラストで、東南アジアでの放浪生活からアメリカの故郷にもどって10年、ランボー(演じるのはシルヴェスター・スタローン=Sylvester Stallone)は、アリゾナ州にある亡父の牧場を継ぎ、古い友人の女性マリア(演じるのはアドリアナ・バラーサ=Adriana Barraza)とその孫娘ガブリエラ(演じるのはイヴェット・モンレアル=Yvette Monreal)と交流することで、ようやく平和な日々を過ごすようになっていました。

両親のいないガブリエラを実の娘のようにいつくしむランボーでしたが、彼女がメキシコの人身売買組織に捕らわれてしまったことから、メキシコへ潜入します。現地で大いなる悲しみを経たランボーは、犯罪組織との徹底抗戦を誓い、敵を自分の牧場へと誘い込みます。地下坑道を含めて牧場全体を巨大な“罠”としてランボーは、最後の戦いを挑むのでした。

1976年の「ロッキー」(Rocky)の大ヒットでアメリカン・ドリームを体現したシルヴェスター・スタローンのもうひとつの当たり役であるランボーは、多くのアメリカ人にとって“遠い世界のできごと”であった「戦場体験」を映画として表現したキャラクターでした。

第1作でかつての戦友(亡くなっていた)を訪ねただけで、ランボーは保安官に拘留されてしまいます。そこで戦場での体験が蘇り、ランボーは戦うマシンと化してしまうのです。

2作目でかつての任地だったベトナム、3作目をソ連(当時)が軍事侵攻していたアフガニスタンで戦ったランボーは、4作目でタイで隠遁生活を送っていたにもかかわらず、ミャンマーの軍事政権下での戦いに身を投じてしまうのでした。

これまでのランボーの戦いは、「自身の選択」というよりは「成り行き」的な発生となっています。第1作の原題「ファースト・ブラッド(First Blood)」は“最初の血”が直訳ですが、意味合いとしては「最初に手を出した」といった感覚でしょうか。

2作目はベトナムに残るアメリカ兵捕虜の救出、3作目が行方不明となった恩師を救うためのアフガン行きでした。4作目も、戦いとは無縁の生活だったランボーを戦いに引きこむのは交流のあった人々を助けるためだったのです。

ただし、ランボーの圧倒的な戦闘力(ひとりのグリーン・ベレー隊員は、通常の兵士10人に匹敵する戦力とも)による、戦った相手は手荒く叩かれてしまいますが。

原案、脚本(共同)、主演のスタローンは、これまでのシリーズと本作との違いをこう述べています。
「孤独な戦いを続けてきたこれまでのシリーズと違って、家族のために戦うランボーを描いた。(中略)自分が愛し、そのためなら死んでもいいと思える対象が家族だから、最後のテーマに選んだんだ」(2020年6月19日読売新聞夕刊)

これまでずっと敵地で戦ってきたランボーが、本作では自分の牧場に相手を引きこんで戦います。仕掛け爆弾や落とし穴、罠だらけのトンネルなど、かつてベトナムでランボーが戦った戦場が再現された自分の牧場は、とても安息の地とは感じられませんが、ランボーにとっては“懐かしい故郷”なのでしょうか。また、精神安定剤とおぼしきクスリが幾度も登場しますが、最後の決戦のまえに決別します。「戦場でしか生きられない」のがランボーなのかもしれません。

もうひとつの当たり役“ロッキー”も初登場からロートルのボクサーという設定でした。40年後のいまではリングにあがりはしませんが、親友の遺児である現役ボクサーをトレーナー役として見守っています。ひょっとしたら、ランボーも“ラスト”ではないのかもしれません。次回は「透明人間」を予定しています(敬称略。【ケイシーの映画冗報】は映画通のケイシーさんが映画をテーマにして自由に書きます。時には最新作の紹介になることや、過去の作品に言及することもあります。当分の間、隔週木曜日に掲載します。また、画像の説明、編集注は著者と関係ありません)。