フード協、5月外食0.4%増、21カ月連続

【銀座新聞ニュース=2018年6月25日】一般社団法人「日本フードサービス協会」(港区浜松町町セントラルビル、03-54031-29-6、浜松-1060)は25日、5月の「外産業市場動向調査」を発表した。

吉野家で夏季限定で販売されている「麦とろ牛皿御膳」。麦とろ牛皿御膳が並盛で
590円(643キロカロリー)、麦とろサラ牛皿御膳が並盛690円(647キロカロリー)、麦とろ鰻皿御膳が890円(689キロカロリー)。

5月は「ゴールデンウィークの休日が土曜日と重なり短くなったこと、雨天日が多かったことに加え、休祝日や『ハレの日』以外はやや節約傾向が見られ、ゴールデンウィーク明けの客足は弱めに推移」しながらも、一方で「高付加価値メニューの堅調や価格改定などで客単価の上昇が続いて」いることから、売上高は0.4%増と2016年9月から21カ月連続して前年を上回った(既存店ベースは未公表)。

業態別では、ファーストフード(FF)が同1.8%増で2015年12月から29カ月連続プラス、ファミリーレストラン(FR)が同1.4%減と7カ月ぶりにマイナス、パブ・居酒屋が同2.0%減と5カ月続けてマイナスとなり、ディナーレストランが同1.9%増と2016年9月から21カ月連続、喫茶が同1.7%減と2016年6月から24カ月ぶりにマイナスと、ファミリーレストラン、パブ・居酒屋、喫茶を除いて、それぞれ前年実績を上回った。

また、5月の店舗数は同0.2%増、客単価が同1.4%増だった。

日本フードサービス協会の統計は会員が204事業者数(4月207、3月200、2月195、1月192)、店舗数が3万7232店(3万6843店、3万6759店、3万6359店、3万6197店)が対象で、内訳はファーストフードが61社(60社、59社、55社、54社)、2万0603店(2万0023店、2万0571店、1万9689店、1万9768店)。

ファミリーレストランが54社(56社、52社、52社、50社)、9875店(1万0061店、9187店、9946店、9773店)、パブ・居酒屋が34社(34社、33社、32社、31社)、2361店(2245店、2467店、2247店、2202店)、ディナーレストランが25社(26社、26社、26社、27社)、999店(1000店、1002店、978店、1017店)、喫茶が15社(17社、16社、16社、16社)、2130店(2239店、2229店、2227店、2164店)。

外食産業(上場企業)の上位3社の5月の既存店売上高は1位のゼンショーホールディングス(すき家)が前年比1.3%減と7カ月ぶりにマイナス、2位のすかいらーく(グループ全店)が同2.8%減と2カ月続けてマイナス、3位のコロワイド(グループ全店)が同2.5%減と2カ月続けてのマイナスと3社ともマイナスだった。

「しゃぶしゃぶ温野菜」で夏季限定の麻辣肉鍋、酸辣肉鍋

【銀座新聞ニュース=2018年6月24日】国内最大の外食グループ、コロワイド(神奈川県横浜市西区みなとみらい2-2-1、ランドマークタワー)傘下で、焼肉レストランの「牛角」や「しゃぶしゃぶ温野菜」などを運営するレインズインターナショナル(神奈川県横浜市西区みなとみらい2-2-1、ランドマークタワー、0120-142-029)は6月28日から夏季限定で「しゃぶしゃぶ温野菜銀座5丁目店」(中央区銀座5-9-12、ダイヤモンドビル、03-6274-6029)など全国370店の「しゃぶしゃぶ温野菜」店で「夏の肉鍋」を提供する。

「しゃぶしゃぶ温野菜銀座5丁目店」などで6月28日から夏季限定で提供される「夏の肉鍋」のひとつ「麻辣肉鍋」。辛さを選べるが通常の1から10倍の超激辛の4まである。

例年以上に早く「酷暑がくる」という予想から、スタミナのある2つの「夏の肉鍋」食べ放題コース(1人前税別3280円)を2017年よりも1カ月も前倒して、販売をはじめる。

「夏の肉鍋」のひとつは四川風激辛鍋の「麻辣肉鍋(まーらにくなべ)」で、じっくり煮込んだ豚骨と鶏ベースのだしに、シビれる辛さの花山椒や青唐辛子、にんにく、しょうがなど香りと辛さを感じられる9種類のスパイスや豆板醤(とうばんじゃん)などを調合し、「辛いけど、箸(はし)が止まらない鍋」に仕上げている。「食べ始めると発汗してくるほど体が温まり、暑さを吹き飛ばす辛さの鍋」としている。

辛さは基本の1番(初心者向けの辛口)、2番(中辛で、1番の2倍)、3番(やみつき上級者向けの大辛で、1番の3倍)と有料の4番(超辛でハバネロ入り、1番の10倍で、300円)があり、4番の超辛は覚悟のいる辛さで、1番の約20倍、使用する唐辛子は20本以上なので、「注文の際は覚悟して注文して」としている。

同じく「酸辣肉鍋」。にんにく、唐辛子、黒酢を追加し、自分好みに仕立てることも可能になる。

ついてくるのは、麻辣専用の「麻辣カルビ」と「麻辣ロース」(いずれも9種類以上のスパイスを振ったアンデス高原豚カルビとロース)、鶏もも、アンデス高原豚カルビ、ロース、牛もつ、牛カルビ、牛肩ロース、旨み牛、季節の野菜盛り合わせなど60種類以上が食べ放題になる。しめは「四川風 シビれる 麻辣平打ち麺」で刀削麺風を入れる。

「夏の肉鍋」のもうひとつは、卵が入ったすっぱいスープと辛味がやみつきになるという「酸辣(さんらー)肉鍋」で、チキンベースのすっきりとしたスープに、熟成純玄米黒酢や赤酢など4種類の酢をブレンドし、唐辛子やラー油を加えることで「酸っぱ辛さがやみつきになるだしに仕上げ」たという。

酢には抗菌作用もあり、腸内の働きが活発になることによって整腸作用にも効果が期待でき、「ちょっと刺激的で、爽やかな酸味がクセになる」としている。また、にんにく、唐辛子、黒酢を追加し、自分好みの「酸辣肉鍋」味に変えることもできる。食べ放題を注文した客は卵の追加も無料になる。

ついてくるのは酸辣専用「辛カルビ」と「辛ロース」(粗挽き唐辛子を振ったアンデス高原豚カルビとロース)、鶏もも、アンデス高原豚カルビ、ロース、牛もつ、牛カルビ、牛肩ロース、旨み牛、季節の野菜盛り合わせなど60種類以上が食べ放題になる。しめは「すっぱ辛いしめの酸辣麺」で、黒酢の酸味とふわふわ玉子と細麺との相性がいいという。

気象庁によると、2018年6月から8月の今夏の予報は東日本では低いが20%、平年並が30%、高いが50%(ただし、高いは6月40%で平年並、7月50%で高い、8月40%で平年並か高い)で、高い見込みとしている。2016年、2017年とも平年よりも0.6度高い年が続いており、2018年も平年よりも0.3度高いとし、3年連続で「高い」見通し。

「チベット高気圧と太平洋高気圧とも日本付近に張り出しが強い」としており、西日本を中心に高温・乾燥した状態が続くこともあり、猛暑で渇水の可能性もあるとしている。

「しゃぶしゃぶ温野菜」は気軽にしゃぶしゃぶを楽しめる店として2000年3月に東京・経堂に第1号店を開店、上質な肉、こだわりの国産野菜を始めとするメニューが広く受け入れられ、現在では、しゃぶしゃぶチェーン1位の店舗数を展開しているブランドに成長している。2005年11月に100店、2014年3月に海外展開をはじめ、台湾に1号店、7月にシンガポール1号店、2015年12月に香港FC1号店をオープンしている。

今回の対象店は銀座とその周辺では、「しゃぶしゃぶ温野菜銀座5丁目店」のほか、「しゃぶしゃぶ温野菜新橋店」(港区新橋2-14-6、ミクニ新橋ビル、03-3500-5829)、「しゃぶしゃぶ温野菜新橋銀座口店」(港区新橋1-4-5、G10ビル、03-3573-7329)「しゃぶしゃぶ温野菜八丁堀店」(中央区八丁堀4-10-2、八丁堀ビル、03-3523-1129)、「しゃぶしゃぶ温野菜八重洲店」(中央区八重洲1-7-10、八重洲YKビル、03-3516-2529)の5店舗がある。

営業時間は「銀座5丁目店」が平日と祝前日が17時(土・日曜日、祝日11時30分)から24時、「新橋店」が16時から24時、「新橋銀座口店」が17時から24時、「八丁堀店」が17時から24時、「八重洲店」が平日と祝前日が17時(土・日曜日、祝日16時)から23時30分。基本的に無休。

サニーヘルス、栄養価の高い蕎麦の実を取り入れてダイエットを

【銀座新聞ニュース=2018年6月23日】健康食品、美容商品、化粧品などの販売会社、サニーヘルス(中央区八重洲2-1-6、八重洲kビル、03-6701-3000)はこのほど、レポート「ワールドカッ開催国ロシアの定番ダイエットフードはそば!?」を発表した。

ロシアではそばの実をまるごと食べる食文化があり、そばの実を炒ってから煮て、塩とバターで味つけをした「カーシャ」と呼ばれるそば粥がロシアの朝食定番メニューだ。

今、ロシアでサッカーワールドカップが開かれており、毎日熱戦が繰り広げられている。今回の開催国、ロシアのイメージは、ピロシキ、ボルシチ、コサックダンス、寒い気候、広い国土といったところだが、意外にも実はロシアは世界一の「そば」の消費大国だ。

日本ではそばの実を製粉し麺にして食べるのが一般的であるのに対し、ロシアではそばの実をまるごと食べる食文化がある。そばの実を炒ってから煮て、塩とバターで味つけをした「カーシャ」と呼ばれるそば粥がロシアの朝食定番メニューで、昔から食されてきた。

そんなロシアの国民食とも言えるそばは、ダイエットフードとしてひじょうに優秀かつ定番の食品でもあり、海外ではスーパーフードとして注目されている。

そばは穀類ナンバー1といわれるほど栄養価の高い食品で、しかも穀類の中で圧倒的にダイエット向きとされている。

ダイエットをしようと思ったとき、まず考えるのは食事量や糖質(炭水化物)量を減らすということだろう。それまで過剰摂取していたのであれば適正量に減らすことは必要だが、極端な糖質制限は体力と筋肉の低下、ダイエット効率に大きく関わる基礎代謝が落ちてしまうので、やせにくく太りやすい体になってしまうのでお勧めできない。

穀類の中でも「太りやすいもの」と「そうでないもの」があり、食パンや白米は前者に分類され、そばは後者に分類される。太りにくい穀類を選ことがダイエットをする上でキーポイントとなり、その指標となるのが「GI値(グリセミック・インデックス=Glycemic Index)」だ。

GI値とは、食べ物が体内に入り血糖値を上昇させるスピードを数値化したもので、同じ量の糖質が含まれていたとしても、食べ物の種類により血糖値が上がるスピードは異なり、GI値が高いほど血糖値上昇スピードが早い=太りやすい、低いほど血糖値上昇が穏やか=太りにくいことになる。

食パン、白米はGI値が高く、そばはGI値が低いのでダイエット向きというように、同じ糖質を食べるにしてもGI値の低いものを選ぶようにすることで、ダイエットは成功に近づく。このため、そばはダイエット中の主食としてとても優れている。

主な穀類のGI値は以下の通り(カッコ内はGI値)。

白米(88)、餅(85)、赤飯(77)、玄米(55)、雑穀米(55)、食パン(95)、フランスパン(93)、全粒粉パン(50)、ライ麦パン(55)、うどん(85)、そうめん(80)、パスタ(65)、ラーメン(61)、そば(54)。

GI値が低く体脂肪になりにくいだけでなく、そばにはタンパク質やビタミンB1、B2、ポリフェノールも豊富に含まれている。

ビタミンB1は「疲労回復ビタミン」と呼ばれ、糖質をエネルギーに変換するのに不可欠、ビタミンB2には、たんぱく質や脂質、糖質などの代謝に関係する酵素を助けるはたらきがあり、栄養素の代謝を助け、成長、発育を促す。

ビタミンB群は水溶性なので水に溶けやすいが、そばの実をお粥にして食べるカーシャなら、汁ごと食べるので余すことなく摂取することができる。麺のそばの場合は、茹でる時にビタミンB群が流出してしまうので、そば湯を飲むようにすることで摂取できる。

そばには植物性タンパク質も多く、精白米の9.2%に対して12.1%と3割以上も多く含まれ、質としても良質で穀物中で最高といわれている。また、食物繊維は精白米の約2.5倍も含まれている。

そばが体にいいといわれる理由は他にもあり、ポリフェノールの一種である「ルチン」が含まれていることだ。そばの実の外層部分に多く含まれており、強い抗酸化作用があり、生活習慣病の予防やエイジングケアに効果が期待できる成分とされている。ビタミンB群と同様に、ルチンも水に溶けやすい性質があり、そば粥にして食べたりそば湯を飲んだりすることで摂取しやすくなる。

栄養豊富で太りにくい糖質のそばを日常的に取り入れるなら、麺のそばだけでなくそばの実も利用してみたい。日本でも、徳島県の郷土料理にそばの実を使った「そば雑炊」がある。そばの実と野菜をだし汁で煮込んだ料理で、具が入っているため麺のそばよりもさらにヘルシーとなっている。

これを少しアレンジして、だし汁の代わりにコンソメや鶏ガラスープなどでそばの実とたっぷりの野菜、タンパク源になる豆腐、油揚げ、肉、鶏団子、白身魚などと煮込めば、1品で栄養バランスの取れたダイエットフードになる。

そばの実は15分から20分ほど煮れば柔らかくなる。もっと手軽に取り入れるのであれば、そばの実をご飯と一緒に炊く方法だ。雑穀米の感覚で食べられるし、GI値を下げることができるので、主食の量を制限しなくてもダイエット効果が得られる。

とにかく、糖質制限ダイエット中の人でも、そばなら罪悪感なく食べられる穀類で、麺類としてのそばしか食べたことがなかった人も、ロシアワールドカップを機にそばの実を取り入れてみたい。

串カツ田中、200店達成記念で飲み物、串カツ特価で

【銀座新聞ニュース=2018年6月22日】株式会社串カツ田中(品川区東五反田1-7-6、藤和東五反田ビル、:03-5449-6410)は6月22日から7月8日まで「串カツ田中銀座店」(中央区銀座7-3-13、03-6264-5094)など全店(一部除く)で「200店舗達成記念キャンペーン」を開いている。

6月22日から7月8日まで「串カツ田中銀座店」などで開かれる「200店舗達成記念キャンペーン」で7月1日から8日に108円で提供される串カツ。

「串カツ田中」は2008年12月に東京・世田谷に1号店を開店して以来、7月8日に出店する「串カツ田中 八丁堀店」で200店舗達成となるのを記念して、6月22日から30日までドリンク全品(知多、メーカーズ、日本酒大徳利、プレミアム焼酎は対象外)税込216円(チンチロリンハイボールは偶数で108円、奇数で倍量=432円)で提供している。また、7月1日から8日まで串カツ全品を税込108円で提供する。

「串カツ田中」は2008年12月に1号店を開店して以来、現在、関東で152店(うち直営店70店、FC店82店)、北陸で3店(FC店のみ)、中部で15店(うち直営店6店、FC店9店)、近畿で14店(うち直営店9店、FC店5店)、九州で7店(うち直営店3店、FC店4店)、その他で9店(FC店のみ)の計200店(八丁堀店含む)になっている。

2018年11月末までさらに21店出店する計画で、2018年度としては55店(うち直営店25店、FC店30店)を進めている。

同店での串カツの通常価格はじゃがいも、タナネギなどの100円、紅ショウガ、串カツ牛などの120円、バナナ、アジフライなどの150円、エビ、カキなどの200円がある(税別)。

ウイキペディアによると、串カツ田中は1971年大阪府生まれ、高校卒業後、トヨタグループの会社に入社し、27歳で退職、現在、代表取締役社長の貫啓二(ぬき・けいじ)さんが1998年11月に個人事業により大阪・心斎橋に「KGバー」を開店したのがはじまりで、2002年3月に「ケージーグラッシーズ有限会社」(2006年に「株式会社ノート」に社名変更、2015年8月に「株式会社串カツ田中」に社名変更)を設立、2004年3月に東京都港区に「京料理みな瀬」を開店した。

しかし、その後、業績が低迷、2008年9月のリーマンショックにより業績が悪化し、再起をかけて同年12月に直営の「串カツ田中世田谷店」を開店した。当初は副社長の田中洋江(たなか・ひろえ)さんの亡き父、田中勇吉(たなか・ゆうきち)が残したレシピをもとにメニューを開発した。

2011年12月から「串カツ田中方南町店」を売却し、フランチャイズ化し、2012年1月に「串カツ田中学芸大学店」を開店し、本格的にフランチャイズの展開を開始し、2014年2月に「外食アワード2013」を受賞し、2016年に東証マザーズに上場した。2017年5月に初の立ち呑み業態「立ち呑み串カツ田中要町店」を開店するなど、150店舗を達成している。

銀座店の営業時間は平日16時(土・日曜日、祝日は14時)から2時(金曜日は5時)、まで。

外国人人気レストラン、1位韓の台所、2位鍋ぞう、3位听

【銀座新聞ニュース=2018年6月22日】大手旅行サイトのトリップアドバイザー(渋谷区恵比寿4-20-3、恵比寿ガーデンプレイス、03-4510-3100)はこのほど、「外国人に人気の日本のレストラン2018」を発表した。

トリップアドバイザーが発表した「外国人に人気の日本のレストラン2018」で1位に選ばれた「ヤキニクバル 韓の台所 カドチカ店」。

トリップアドバイザーが2014年から行っている「外国人に人気の日本のレストランランキング」で、2017年4月から2018年3月の1年間にトリップアドバイザー上の日本のレストラン(料理を楽しむことができる飲食店が対象で、飲み物やスナックを中心の店は除外)に投稿された日本語以外の口コミを評価点(5段階)の平均、投稿数などをもとに独自のアルゴリズムで集計してトップ30店を選んでいる。

今回はランキング30位までのうち、初登場が10位までで4店、11位から20位が7店、21位から30位が8店の計19店と半数以上を占めた。ランクインした業態は、和牛、お好み焼き、ピザ、寿司、エスニック料理などジャンルが多岐にわたり、居酒屋スタイルの店やお好み焼き屋など、比較的手頃な価格で食べられる店が多く選ばれている。

2位の「鍋ぞう新宿東口店」。

口コミを見てみると、投稿する動機としてトリップアドバイザーユーザーの73%が「よい体験を共有したい」という調査データがあり、今回、トップ30にランクインしている施設の口コミをみると、料理の味やお店の雰囲気はもちろん、多くで「素晴らしいサービス」、「フレンドリーな接客」といった「おもてなし」に対する好印象が記載されていた。

投稿写真からみると、今回上位にランクインした施設は、口コミを促す取り組みに注力しており、口コミを後押しするために、店舗内にちょっとした案内を置くなど、口コミを書きやすい環境作りもしているようとし、「小さな積み重ねが、結果に繋がったランキングといえるかも」としている。

3位の「ハンバーグ&ステーキ専門店听梅小路店」。

1位に選ばれたのは2017年の5位から躍り出た「ヤキニクバル 韓の台所 カドチカ店」(東京都渋谷区)で、「”Reasonably priced for a high quality restaurant Great selection of different cuts of meat To try to taste And the sides are good too We had a party of six and everyone left with a happy belly.”(良心的な値段設定、すべてが高水準なお店。厳選されたさまざまなお肉の部位をたのしめます。サイドメニューも◎。当方、6人グループでの店訪で、みんなのお腹も大満足です。)」という口コミが寄せられた。

「”The kobe beef was so tasty! Nice menu, good selection of drinks. The food was amazing,I was mind blown by the tomatoes, the best tomatoes I’ve ever eaten (please try them if you’re reading this). The wasabi was real and fresh. Service was impeccable, very quick and friendly, the chefs talk to you if you’re sitting at their table!Also it’a a no smoking restaurant so that’s another positive.”(神戸牛が絶品でした!飲み物もよかった。特に印象深かったのがトマト(試す価値アリ)。ワサビも瑞々しく新鮮だった。非の打ち所のない接客。仕事が速く、親切。加えて全店禁煙な所も評価したい)」といった投稿もあった。

2位は5回目にして初登場の肉の食べ放題の「鍋ぞう新宿東口店」(東京都新区)で、口コミでは「”First time eating Sukiyaki and the experience was fantastic! English menus are provided and a reservation was easy to make with an English speaker.The food was very good and a great deal especially for groups. Justyna was a huge help by explaining everything showing us how to prepare the Sukiyaki. Overall a great experience thanks to her help!”(すき焼きは初体験だったけど、実に満足。英字メニューも置いてあるし、電話による予約も英語でOK。グループでのお食事に最適かと。Justynaさんにすき焼きの作法から食べ方まで丁寧に説明していただきました。こんな体験をもたらしてくれた彼女に感謝)」など、初めてのすき焼きをここで食べたという口コミも目立ったとしている。

3位はやはり初登場の「ハンバーグ&ステーキ専門店听(ぽんど)梅小路店」(京都府京都市)で、口コミでは「The food was delicious, perfect burgers with tasty meat. The place is charming, the staff is nice and the price is good!(最高のバーガーや肉など、料理がおいしかった。場所もよくて、スタッフも素晴らしい。価格もお手頃!)」という声があった。

4位は2017年の12位から大幅ランクアップした「和洋小料理 さくら茶屋」(岐阜県高山市)で、「Delicious food and beautifully presented. Great little restaurant with a friendly chef.(見た目も美しく、おいしい料理。フレンドリーなシェフがいる素敵な小料理屋)」との口コミがあった。

5位は2017年の2位からランクを下げた「ニーノ」(奈良県奈良市)で、「We decided to try Nino’s based on the many positive reviews on TripAdvisor, while we were doing a day trip to Nara from Kyoto. We had an absolutely fantastic time. The food was delicious, and the service outstanding.(京都から奈良に日帰り旅行で訪れたとき、トリップアドバイザーで評価の高い口コミをみて訪れました。本当にお料理もおいしく、サービスも最高で素晴らしい時間を過ごせました)」との口コミが寄せられた。

外国人に人気の日本のレストラン2018 トップ20
順位    レストラン名  (所在地)
1位 ( 5) 焼肉バル 韓の台所カドチカ店(東京都渋谷区)
2位 (初) 鍋ぞう 新宿東口店 (東京都新宿区)
3位 (初) ハンバーグ&ステーキ専門店听 梅小路店(京都府京都市)
4位 (12) 和洋小料理さくら茶屋 (岐阜県高山市)
5位 (12) ニーノ (奈良県奈良市)
6位 ( 4) お好み焼き 克 (京都府京都市)
7位 (初) 伊勢すえよし (東京都港区)
8位 (18) STEAK AOYAMA (兵庫県神戸市)
9位 (初) れすとらん松喜屋 京都四条店(京都府京都市)
10位( 8) 居酒屋 ハイスピリッツ (山梨県富士河口湖)
11位 (初) インド家庭料理 ドーン食堂 印度山(長野県松本市)
12位 (初) 八坂通り 燕楽 (京都府京都市)
13位( 4) アラシのキッチン (京都府京都市)
14位( 6) 平安楽 (岐阜県高山市)
15位 (初) LBK Craft (奈良県奈良市)
16位 (初) ヤキニクバル 韓の台所 (東京都渋谷区)
17位 (初) すし 成田屋 (京都府京都市)
18位 (初) プレミアム 听 三条木屋町店(京都府京都市)
19位 (初) 鉄板居酒屋 祇園てなもんや(京都府京都市)
20位 ( 1) お好み焼き ちとせ (大阪府大阪市)