志門で「ドローイング」展、大賞が大島愛、準が磯崎式子ら

【銀座新聞ニュース=2018年8月19日】ギャルリー志門(中央区銀座6-13-7、新保ビル3階、03-3541-2511)は8月20日から9月1日まで「第7回『ドローイングとは何か』入賞・入選作品展」展を開く。

ギャルリー志門で8月20日から9月1日まで開かれる「第7回『ドローイングとは何か』入賞・入選作品展」展で展示される大島愛さんの大賞作品「スチューデンツ(Students、浸潤)」。

「ドローイングとは何か」は審査員で美術評論家の金沢毅(かなざわ・たけし)さんが中心になって、「ドローイング」を完成された線描画とし、習作や下絵と一線を画した作品を発表する場を公募展として立ち上げ、2010年からはじめ、今回が7回目になる。

第7回「ドローイングとは何か」展の審査会は、第1次審査が7月6日に銀座3丁目の日本美術家会館にて行われ、第2次審査が7月12日に銀座6丁目のギャルリー志門にて行われた。応募者数81人で作品数157点の中から大賞(1点、副賞は10万円と実行委員会主催の個展)、準大賞(2点、副賞3万円と実行委員会主催の2人展)の入賞者3人、入選者(約15点、入賞・入選作品展と作品集2000部作成)14人の計17人17作品が選ばれた。

審査員は金沢毅さん、版画家の中林忠良(なかばやし・ただよし)さん、多摩美術大学教授、府中市美術館館長の本江邦夫(もとえ・くにお)さんの3人。

準大賞の磯崎式子さんの「形と花-アシダンセラ」。

大賞は2018年に広島市立大学芸術学部美術学研究科博士前期課程映像メディア研究室を修了した大島愛(おおしま・あい)さんの「スチュ-デント(Students、浸潤)」(木炭紙・木炭)が選ばれた。

また、準大賞には女子美術大学芸術学部芸術学科造形学専攻を卒業した磯崎式子(いそざき・しきこ)さんの「形と花-アシダンセラ」(アルシュ紙・鉛筆)と多摩美術大学造形表現学部造形学科油画専攻を卒業した清野和正(せいの・かずまさ)さんの「まつろわぬもの9」(紙・鉛筆・コンテ・木炭)が選ばれた。

入選者は朝日宣弘(あさひ・のぶひろ)さん、安藤和丸(あんどう・かずまる)さん、安藤ニキ(あんどう・にき)さん、石井武志(いしい・たけし)さん、泉里歩(いずみ・りほ)さん。

同じく準大賞の清野和正さんの「まつろわぬもの9」。

江波戸裕太(えばと・ゆうた)さん、岡崎莉望(おかざき・まりの)さん、小倉孝夫(おぐら・たかお)さん、梶谷令(かじたに・りょう)さん、菅和彦(かん・かずひこ)さん。

鶴見厚子(つるみあつこ)さん、藤山麻美(ふじやま・まみ)さん、丸山浩司(まるやま・こうじ)さん、三宅玄(みやけ・げん)さん。

大賞に選ばれた大島愛さんは制作意図として、身近な人達をモデルに人の顔を描いているが、「その人を描こうと思うのは、その人の考えが私の予想を軽々と越えていった時です。その人の寛大さや熱意や面白さに、大げさですが、『こんな人がいるのなら人類はまだ大丈夫だなぁ』と密かに希望を感じるのです。私はそんなヒトへのささやかな希望を形として残してみたいと思って制作している」という。

また、「大事なのはその作品が生き生きとした何かを失わずにいられたかどうかであり、いかに気負わずに、正直さを失わずに、自分が感じた魅力的なものを造形として出せるかを大切に」している。

大島愛さんは1986年広島県生まれ、2008年に尾道市立大学芸術文化学部美術学科油画コースを卒業、2010年に尾道市立大学大学院美術研究科美術専攻絵画研究分野を修了、2018年に広島市立大学芸術学部美術学研究科博士前期課程映像メディア研究室を修了した。

2012年に東京で個展を開いており、2016年に「ゲンビどこでも企画公募2016」で入選、2017年に第4回宮本三郎記念デッサン大賞展で優秀賞、2018年にフェイス(FACE)2018展損保ジャパン日本興亜美術賞で入選している。

磯崎式子さんは1950年富山県生まれ、1972年に女子美術大学芸術学部芸術学科造形学専攻を卒業、2012年に第38回美術の祭典東京展で優秀賞、2015年に第14回環太平洋展でカナダ国際文化交流協会賞、第19回一陽会東京展で東京一陽賞、第61回一陽展で特待賞、2017年に第63回一陽展で一陽賞を受賞している。

清野和正さんは1979年東京都生まれ、2006年に多摩美術大学造形表現学部造形学科油画専攻を卒業している。2016年に第2回ホキ美術館大賞展に出品、2017年に第91回国展絵画部企画展に出品している。

25日15時から授賞式を開き、その後16時からレセプションパーティを開く。

開場時間は11時から19時(最終日は17時)、入場は無料。日曜日は休み。

大戸屋、豊富な夏野菜と五穀米定食

【銀座新聞ニュース=2018年8月17日】定食の「大戸屋ごはん処」などを全国展開する大戸屋ホールディングス(武蔵野市仲町1-20-8、三井生命三鷹ビル、0422-26-2600)傘下の大戸屋(武蔵野市仲町1-20-8、三井生命三鷹ビル)は8月16日から10月15日まで「大戸屋ごはん処銀座三越前店」(中央区銀座5-9-1、銀座コティビル、03-6280-6658)など全店で「夏ベジ味わい膳」を販売している。

10月15日まで「大戸屋ごはん処銀座三越前店」などで提供されている「夏ベジ味わい膳」の内容と説明。

「夏ベジ味わい膳」(税込980円、564キロカロリー、塩分4.0グラム)は夏バテでスタミナ不足になりがちなのに、脂の多いスタミナ食が食べられないというときでも、食べやすい、栄養豊富でバランスがよい、小さなひと皿を集めた膳で、家庭ではなかなか一度に作れない「ちょっとずつ」を品数多くセットにした。

高タンパク低脂肪の鶏むね肉と枝豆で作ったつくねに、しょうがのきいたあんを合わせた「枝豆つくねの生姜(しょうが)あん」、夏野菜を栄養バランスよく胃腸にもやさしく調理した「豚と夏野菜トマト煮」と「長いもソテー柚子胡椒(ゆずこしょう)風味」、胃腸にもいいネバネバ野菜「オクラのごま和え」。

栄養豊富な夏野菜のモロヘイヤ、カラダを温め、消化を助ける効果を持つしょうがを使い、さっぱりとした味に仕上げた「モロヘイヤのジンジャースープ」、五穀ご飯にコーンの甘み、みょうがの香りを加えた「コーンとみょうがのご飯」、それとぷるぷる食感のプチデザート「パインとレモンゼリー」がセットになっている。

大戸屋グループの店舗数は2018年3月末現在で、国内353店舗(フランチャイズを含む)、海外104店舗になっている。銀座三越前店は2011年3月に開店している。

銀座三越前店の営業時間は11時から23時。

サニーヘルス、山椒を活用してダイエット促進を

【銀座新聞ニュース=2018年8月17日】健康食品、美容商品、化粧品などの販売会社、サニーヘルス(中央区八重洲2-1-6、八重洲kビル、03-6701-3000)はこのほど、レポート「ウナギ以外にも活用したい山椒のダイエット効果」を発表した。

ウナギの臭み消し以外にも活用したい山椒。山椒は間接的に減塩効果も得られる。

山椒(さんしょう)といえば、ウナギや丼ぶりにかけたり、七味唐辛子に使われていたりなどが主な使い道だが、それ以外ではあまり用途がなく、購入しても何年もそのままになってしまいがちだ。

しかし、これら定番の料理以外にも、かければぐっと味が引き立つし、何よりダイエット効果のある成分が含まれているので、日常使いをしてみたい。

今回は舌がしびれるあの感覚、鼻に抜ける爽やかな香りが特徴である、山椒に含まれる成分や使い方を紹介する。

山椒はミカン科サンショウ属の落葉低木で、山椒は実、葉、花、種のすべてを料理に使うことができる香辛料で、日本全国から朝鮮半島南部にかけて分布している。春ごろは「木の芽」とも呼ばれる新芽、若葉を料理の添え物などに使い、4月から5月は「花山椒」を汁物に入れて楽しむことができる。

夏前には熟す前の青い実を「実山椒」や「青山椒」としてしょう油漬けやちりめん山椒などに用い、秋になると実が熟して固くなり、実を包む外皮を乾燥させて使う。粉山椒はこの乾燥させたものを潰して粉状にしたものをいう。

山椒の特徴である辛味成分は「サンショオール」という不飽和脂肪酸アミドで、山椒独特の舌をしびれさせる作用がある。内臓器官の働きを活発にする作用、代謝をよくする作用、発汗作用、冷え改善などの効果があるとされている。

また、爽やかな芳香は「シトロネロール」と「ジペンテン」という成分で、鎮痛作用、抗菌作用、リフレッシュ効果、虫よけ効果などがある。山椒は漢方としても利用されていて、冷えによる腹痛、膨満感の改善や鎮痛などの作用があるといわれている。
木の芽や実山椒は旬があり、使い方も限定されてしまうが、粉山椒であれば1年中スパイスコーナーで販売されている。季節を問わず使うことができるし、保存性も高いので、気軽に取り入れるならこうした商品を利用すると便利といえる。

山椒に含まれる成分は、冷え性やむくみやすい人の味方になってくれる香辛料なので、普段の料理にも活用したい。そこで山椒の活用方法をいくつか紹介しよう。

「山椒風味のカルパッチョ」(4人分)はすべての材料をボウルに入れて混ぜ、お皿に盛りつけるだけの簡単レシピだ。サーモン、ぶりなどの刺身300グラム、しょう油大さじ2、オリーブオイル大さじ1、粉山椒適量を混ぜる。

「鶏の山椒唐揚げ」(4人分)は鶏もも肉500グラム、塩小さじ1弱、酒小さじ2分の1、粉山椒適量、片栗粉大さじ5を用意し、1.片栗粉以外の材料をすべてボウルや袋の中などで合わせてよくも見込み、10分ほど放置して味をなじませる。2.1に片栗粉を加え、肉全体に付くようにし、180度の油でカラっとするまで揚げる。

「山椒パスタ」はカルボナーラ、ミートソース、ペペロンチーノなどオイル感のあるパスタと好相性で、仕上げに数回振りかければ、いつもと一味違うパスタの完成となる。

その他にも、ラーメンやうどん、焼きそばなどの麺類、汁物全般などオールマイティーに合う。和食だけでなく、鮭のムニエルやほうれん草のバターソテーなど、洋風のメニューにも意外と相性がいいので、食べる前に数回振りかけてみてほしい。

また、山椒の香りや辛味、しびれ感が加わることで、塩分を抑えて調理しても満足感が損なわれない。山椒は間接的に減塩効果も得られる。

塩分は体に必要なものだが、摂り過ぎは禁物といえる。むくみや高血圧、その他多くの病気の予防のためにも、塩分控えめは普段から心掛けたいものなので、山椒をぜひ活用してみてほしい。

山椒は香辛料として振りかける程度では摂取する量はごく少量だが、過剰摂取をすると胃腸を刺激してしまう。山椒に限らず、唐辛子やわさびなど香辛料全般も同様に摂り過ぎはお腹を壊してしまう恐れがある。

代謝アップや血流促進の効果があるからといってむやみに摂取しないように、あくまでも風味を利かせることを意識して、適量を心がけるようにする。

ウイキペディアによると、山椒はミカン科サンショウ属の落葉低木で、雄株と雌株があり、山椒の実がなるのは雌株のみ。雌雄異株で、落葉樹林に自生する落葉低木であり、乾燥や夏季の日差しに弱く、半日陰の湿潤な地勢を好む。樹高は3メートルほどで、大きなものは5メートルになる。

枝には鋭い棘(とげ)が2本ずつ付く。棘のない実山椒(雌木)として但馬国の朝倉谷(兵庫県養父市八鹿町朝倉地区)原産の「朝倉山椒」が有名だが、日本各地に棘のない山椒の栽培が見られる。

葉には油点と呼ぶものがあり、潰すと芳香を放つ。油点は細胞の間に油が溜まったもので、太陽に透かして見ると透明に見えるので明点ともいう。花は、4月から5月頃開花し、直径5ミリほどで黄緑色をしている。雄花は「花山椒」として食用にされ、雌花は若い果実、または完熟したものを利用する。

実山椒の収穫量は和歌山県が国内生産量の約80%を占め、和歌山県の有田川町(旧清水町)、紀美野町の特産品として栽培されている「ぶどう山椒」は果実・果穂が大型でぶどうの房のような形でたくさん実るためこのように呼ばれている。

山椒の仲間のサンショウ属は世界の熱帯・亜熱帯および温帯地方に広く分布しており、250種余りが知られている。古くから香辛料として使われ、薬用にも使われる。縄文時代の遺跡から出土した土器から山椒の果実が発見されている。

日本では、若芽・若葉(木の芽)は緑が鮮やかで香りがよいため、焼き物、煮物など料理の彩りとして添えられ、また吸い口として用いられる。使う直前に手の平に乗せて、軽く数度叩いて葉の細胞(油点)を潰すと香りが増す。特にタケノコとの相性がいい。

花を漬けた花山椒は、料理の彩り、佃煮、当座煮などに用いられる。未熟な果実(青山椒、実山椒)はゆでて佃煮にするほか、ちりめんじゃこと混ぜてちりめん山椒とする。熟した実の皮の乾燥粉末(粉山椒)は、香味料としてウナギの蒲焼の臭味消し、七味唐辛子の材料として用いられる。この果皮が一般的に調味料として知られている部位である。

乾燥粉末の状態だと品質の劣化が激しく、1日ほど空気に触れるだけで、色合いも風味も大幅に損なわれる。密封して冷凍保存すると長期間、鮮度が保たれる。

丸善日本橋で丸猫展、商店街や猫時計など目羅健嗣ら(1)

【銀座新聞ニュース=2018年8月16日】大手書籍販売グループの丸善CHIホールディングス(新宿区市谷左内町31-2)傘下の丸善ジュンク堂書店(中央区日本橋2-3-10)が運営する丸善・日本橋店(東京都中央区日本橋2-3-10、03-6214-2001)は8月15日から9月4日まで3階ギャラリーなどで「丸猫展2018SUMMER」を開いている。

丸善・日本橋店で9月4日まで開催中の「丸猫展 2018サマー(SUMMER)」のフライヤー。

丸善・日本橋店が全館のイベントスペースを使って開く丸猫展で、「丸善を丸っと猫だらけ」という思いを込めて店内のイベントスペースに猫アート(ART)、猫ブック(BOOK)、猫ザッカ(ZAKKA)と盛りだくさんに詰め込んでいる。

15日から21日まで1階イベントスペースで、ペットの革工芸品「アトリエカービングテク」(昭島市郷地町3-15-13、042-544-8620)を主宰する田中由美子(たなか・ゆみこ)さんと田中保良(たなか・やすよし)さんが「革カービング(立体革肖像)のねこ」を開き、実演し、注文を受け付けている。

同じく15日から21日まで1階イベントスペースで、猫のオモチャ屋「キャットバルーン」(目黒区上目黒2-44-21)を主宰する西山道代(にしやま・みちよ)さんによる「布の猫雑貨」を開き、布の猫雑貨を実演販売している。

15日から28日まで地下1階イベントスペースで「ネコマチ商店街」を開いている。会場では「Q工房」を主宰する墨絵作家の有田(ありた)ひろみさんが描くレトロな猫たち、どこか懐かしい雰囲気の有田(ありた)ちゃぼさんのぬいぐるみ&布作品、猫の住む「猫街」をテーマに「切り絵作品」を制作する松風直美(しょうふう・なおみ)さんの作品などをはじめ、絵画、立体の天野千恵美(あまの・ちえみ)さん、絵画のおおやぎえいこさん、陶芸の岡村洋子(おかむら・ようこ)さん。

ジュエリーの奥平浩美(おくひら・ひろみ)さん、陶芸などのゴーあやさん、イラストの松下カツミ(まつした・かつみ)さん、名画を猫化してしまう猫絵師の目羅健嗣(めら・けんじ)さんが猫作品、猫グッズを販売しており、そこには「猫をテーマにした昭和の商店街」があり、「懐かしくて活気ある心なごむ空間には猫作品やグッズがいっぱい」としている。

15日から9月4日まで地下1階文具スパインスペースで「猫ザッカ(ZAKKA)」を開き、手ぬぐい、ブックカバー、ステーショナリー、小物など、猫柄の雑貨を約700種を販売している。

15日から21日まで3階ギャラリー特設会場では、猫をモチーフにした九谷焼作家の東早苗(ひがし・さなえ)さんとヨーロッパの香りがする猫の絵画を描く布施和佳子(ふせ・わかこ)さんによる「2人展」を開いている。

15日から28日まで3階特設会場では、ミニチュア木彫りの小出信久(こいで・のぶひさ)さん、立体造形の小島美知代(こじま・みちよ)さん、立体造形の細山田匡宏(ほそやまだ・まさひろ)さん、猫絵師の目羅健嗣さんが4人展を開いている。

22日から28日まで3階ギャラリー特設会場では、立体造形の桜井魔己子(さくらい・まみこ)さん、陶芸家のすみ田理恵(すみだ・りえ)さん、「陶工房 ゆきふらし」(青森県五所川原市金木町朝日山317-9、0173-52-3063)を主宰する陶芸家の猿田荘也(さるた・そうや)さんが3人展を開く。

22日から28日まで3階ギャラリー特設会場では、造形作家のヒソカ(HISOKA)さんが猫作家の天野千恵美さん、有田ひろみさん、桜井魔己子さん、松風直美さん、布施和佳子さん、松下カツミさん、水谷満(みずたに・みつる)さん、目羅健嗣さんがデザインした猫時計をFRPで制作し、それぞれの猫作家が彩色を施したオリジナル時計を販売する「ヒソカXカタリスト クロックス(HISOKA×CATARTISTS CLOCKS)」を開く。

ウイキペディアによると、猫は狭義にはネコ目(食肉目)-ネコ亜目-ネコ科-ネコ亜科-ネコ属-ヤマネコ種-イエネコ亜種に分類される小型哺乳類であるイエネコ(家猫)の通称で、より広義には、ヤマネコやネコ科動物全般を指す。イエネコの起源は、ネズミを捕獲させる目的で飼われ始めたヤマネコの家畜化であり、分類学上はヤマネコの1亜種とされる。

イエネコは、形態学的分析を主とする伝統的な生物学的知見によって、以前からリビアヤマネコが原種とされてきた。実際、米英独などの国際チームが2007年6月29日の「サイエンス」誌(電子版)に載せた論文では、世界のイエネコ計979匹をサンプルとしたミトコンドリアDNAの解析結果により、イエネコの祖先は約13万1000年前(更新世末期〈アレレード期〉)に中東の砂漠などに生息していたリビアヤマネコであることが判明した。

イヌは狩猟採集民に猟犬や番犬として必要とされ、早くから人の社会に組み込まれたが、ネコは、農耕の開始に伴いネズミ害が深刻にならない限り有用性がなく、むしろ狩猟者としては競合相手でもあった。その競合的捕食動物が人のパートナーとなるのは、穀物という「一定期間の保管を要する食害を受けやすい財産」を人類が保有するようになり、財産の番人としてのネコの役割が登場したのが理由とされている。

また、伝染病を媒介するネズミを駆除することは、結果的に疫病の予防にもなった。さらに、記録媒体として紙など食害されやすい材料が現れると、これを守ることも期待された。日本へは、穀物倉庫の番人として渡来したと考えられている。

農耕が開始され集落が出現した時期の中東周辺で、山野でネズミやノウサギを追っていたネコがネズミが数多く集まる穀物の貯蔵場所に現れ、棲みついたのが始まりと考えられている(リビアヤマネコの生息地と農耕文化圏が重なった地域で、複数回起こっていたと考えられる)。

穀物には手を出さず、それを食害する害獣、害虫のみを捕食することから、双方の利益が一致し、穀物を守るネコは益獣として大切にされるようになり、やがて家畜化に繋がったとみられている。最古の飼育例は、キプロス島の約9500年前の遺跡から見出される。また、紀元前3000年ごろの古代エジプトでイエネコとして固定化されたといわれている。

さらに遡ると、ネコの祖先は「ミアキス」という約6000万年前の中型肉食獣とみられている。ミアキスの特性に近いまま進化した種がネコであり、平原に出て集団狩猟を行うプロアイルルスを経て現在の姿に進化した種がイヌである。

ネコは1歳くらいになると生殖可能になり、5歳くらいで落ち着き、7歳あたりから高齢期に入り、20歳超えはかなりの長寿とされる。屋外で暮らさなければならない野良ネコと人間に室内で飼われているイエネコの寿命には大きな差がある。

室内飼育のイエネコでは14歳から18歳程度が寿命とされ、野良ネコでは4歳から6歳程度とみられている。ネコの年齢をヒトに換算すると、室内ネコの場合は例として1歳で人間でいう17歳から20歳、2歳で23歳から25歳、以降は1年ごとに4、5歳ずつ比例していく計算となる。

開場時間は9時30分から20時30分。最終日は3階ギャラリー、特設会場が17時、それ以外の地下1階、2階、3階イベントスペースなどは19時まで。入場は無料。

注:「桜井魔己子」の「桜」は正しくは旧漢字です。名詞は原則として現代漢字(常用漢字)を使用しています。

早い梅雨明けで暑いね、天然氷と果実のかき氷がいいな(262)

【tamaoのOL独り言=2018年8月16日】暑い!そして暑さが長い!今年の夏は長い夏で、まだ終わりそうもない。はぁー、いつまで夏なのかしら?

夏の野菜といえば「きゅうり」。わが家のはこんなに小さいけど。まだもう少し大きくなるかしら?

梅雨がすごく短くて、普通は7月中旬に梅雨明けするのに、今年は6月の末に梅雨明けしちゃったからなんだかやたらと長い夏って感じだよね。

長い夏だからなのか、テレビでかき氷の店の紹介が多くて、気になる。最近のかき氷ってすごいのね。ご存知ですか?

まぁ、まず大事なことは天然水でつくった氷を使うってこと。天然水で作った氷は、頭がキーンとならないんですって。でも、天然水で作れるのは全国で数カ所に限定されるので、氷を作っているところに頼まないと手に入れるのは無理なんですって。お酒みたいに、蔵元っていうらしい。

なお、かつ今はシロップにもすごい工夫があるらしい。シロップもあの赤とか青とか人工的な色のシロップでなくて、フルーツそのものを注文が入ってからシロップにする。店によってはフルーツそのまま凍らせてそれをかき氷にする。おいしいわけだよねー。

さらにクリームを何層にも重ねる。クリームもただのクリームじゃないの。エスプーマっていうらしい。それを何層にもぐるぐると重ねる。完成すると、それはまるでケーキ、ショートケーキになるらしい。

映像で伝えられないのが、残念なんだけど、そこはきっとyoutubeであるでしょう!探してみてくださいね。この夏に食べることができたらいいなぁ。長い夏もこんな風に楽しめればいいのだけれど(敬称略、中堅企業に勤めるOLのタマオさんが日常の生活について思っていることを不定期に書きます。注書きは著者と関係ありません)。