ヴァニラでGENk「カルト」展、雪駄らとトークも

【銀座新聞ニュース=2018年7月17日】ヴァニラ画廊(中央区銀座8-10-7、東成ビル、03-5568-1233)は7月17日から29日までSRBGENkさんによる「Unknown Cults」を開く。

ヴァニラ画廊で7月17日から29日まで開かれるゲンキ(SRBGENk)さんによる「アンノウン・カルト(Unknown Cults)」のフライヤー。

オカルト、ホラー、スプラッターを愛するイラストレーター、画家で、さし絵やゲームイラスト、CDジャケット、フライヤー、Tシャツデザインなどを手がけるゲンキ(SRBGENk)さんが「アンノウン・カルト(Unknown Cults)」と題して、2度目の個展を開く。CGだけではなく、水彩画作品も展示する。

ヴァニラ画廊では、今回の展示では、今までの作品に加え、「自分だけの秘めた崇拝」をテーマに新たに書き下ろされた可愛いく奇妙でセイクリッドな作品も展示する。「傷つき歪みながらも美しくそこにある、あなたの心の中の名も無き『カルト(cult)』をどうぞ覗いてみてください」としている。

ゲンキさんは2009年に日本の音楽家、マチゲリータさんの楽曲「ロッテンガールグロテスクロマンス」にイラストを提供し、2012年にゴアグロ・スケートデッキ・アート展に参加、2013年にグロテスクTシャツアート展、2014年からアンダーグラウンド・アートフェスティバル「艶惨」に参加している。

21日17時30分から特別トークイベントを開く。ゲンキさんのほか、イラストレーターのシチゴローシンゴ(shichigoro-shingo)さんと、筆字デザイナーの雪駄(せった)さんが出演する。先着順で入場料は1000円(ワンドリンク付)。

開場時間は12時から19時(土・日曜日、祝日は17時)まで。入場料は500円。会期中は無休。

丸善日本橋で別府の竹製品展、岩尾一郎、西田梨紗ら

【銀座新聞ニュース=2018年7月15日】大手書籍販売グループの丸善CHIホールディングス(新宿区市谷左内町31-2)傘下の丸善ジュンク堂書店(中央区日本橋2-3-10)が運営する丸善・日本橋店(中央区日本橋2-3-10、03-6214-2001)は7月18日から24日まで3階ギャラリー特設会場で別府竹製品協同組合による「別府の竹工芸 竹かご展」を開く。

丸善・日本橋店で7月18日から24日まで開かれる別府竹製品協同組合による「別府の竹工芸 竹かご展」に出品される作品。

マダケ(真竹)の産地にある別府竹製品協同組合(大分県別府市光町1-5、0977-22-6439)が日々の手仕事で作り出される暮らしの竹道具を展示販売する。丸善・日本橋店では「手でふれてみると、すっとなじむ、どこかほっとする竹の籠たち。忙しい日常でわすれてしまった温もりを思い出す。思わず手に取ってみたくなる、使ってみたくなる、そんな作品」を販売する。

別府市の竹製品は主に別府市を中心に大分県内に産するマダケを主材料とし、花籠、盛かごを中心にさまざまな竹製品を生産し、今日では美術工芸品をつくり出す作家も出ている。別府市内で竹産業関連に従事する人が多く、観光とともに別府市の主要産業となっており、1979年には「別府竹細工」として大分県で唯一、通産省(現経済産業省)の「伝統的工芸品」の指定を受けている。

今回、出品するのは網中聖二(あみなか・せいじ)さん、一木律子(いちき・りつこ)さん、理事長の岩尾一郎(いわお・いちろう)さん、大内良子(おおうち・よしこ)さん、大谷健一(おおたに・けんいち)さん。

佐藤美樹子(さとう・みきこ)さん、清水貴之(しみず・たかゆき)さん、都留千里(つる・ちさと)さん、西田梨紗(にしだ・りさ)さん、森脇けい子(もりわき・けいこ)さん。

宮坂美穂(みやさか・みほ)さん、大砂友恵(おおすな・ともえ)さん、河村卓馬(かわむら・たくま)さん、諸富京子(もろとみ・きょうこ)さん、小嶋力(こじま・ちから)さん、渡辺文明(わたなべ・ふみあき)さんの16人。

ウイキペディアによると、竹細工は竹を加工したり、竹ひごを編み込んで細工物を作ることで、日用品、農具、漁労具などの荒物、茶道具などの工芸品、竹とんぼや水鉄砲といったおもちゃの中で、竹を素材とした細工物のことを指す。

素材となる竹はマダケがもっとも多く利用されており、伐採したままの青竹、火であぶったり(乾式)、苛性ソーダで煮沸したりして(湿式)、油抜きをした晒し竹、ある程度炭化させた炭化竹、伐採後数カ月から数年間自然に枯らしたもの、家屋の屋根裏で数十年間囲炉裏(いろり)やかまどの煙でいぶされた煤竹(すすだけ)と、種々の素材が流通している。

青竹は容易に入手できるが、耐久性に問題があり、晒し竹や炭化竹に加工することでその問題点が改善される。煤竹は独特の色(煤竹色)をしており、硬く、耐久性に富むが、入手は困難である。マダケに次いでモウソウチクも多く用いられており、モウソウチクは青竹のままで利用されている。別府竹細工や日田の竹箸などの竹工芸の盛んな大分県は、マダケの面積、生産量とも全国1のシェアを占めている。

別府竹製品協同組合によると、竹は世界に1250種あり、日本ではそのうち626種が存在し、大分県がマダケの生産量で32%(2007年)を占め、国内では第1位となっており、別府の竹細工の主要な材料とされている。

製作工程は大別すると、竹材の乾燥、加工、編組、仕上げの4つになる。もっとも重要な工程が「編組」で、竹ヒゴを使って編みあげ、形つくる作業はすべて手作業によって行われている。多くのデザインは、この工程でおこなわれるち密な伝統的技法によって生み出されている。

青竹を油抜き加工してそのまま使うものを白物、表皮をはつり染色するものを染物という。別府の竹細工は、室町時代に行商用のカゴをつくって売りだしたのがはじめとされ、江戸時代には別府温泉の名が広まり、湯治客の滞在中の厨房用品(米あげざる、飯かご、味噌こしなど)が土産品として持ち帰られるようになり、竹細工の需要が増え、別府周辺の地場産業となった。

1902年に「別府町・浜脇町学校組合立工業徒弟学校竹籃科(ちくらんか、現大分県立大分工業高等学校)」が設立され、多くの作家や技術者を輩出し、現在の竹細工の基礎が築かれた。1938年に竹工芸の技術者育成、試験研究のために大分県工業試験場別府工芸指導所(1954年に「大分県別府産業工芸試験所」)が設立され、その後、大分県立別府高等技術専門校との統合で発足した大分県竹工芸・訓練支援センターは、竹工芸科を持つ日本で唯一の職業能力開発校であり、現在も多くの技術者を育成している。

1967年には生野祥雲斎(しょうの・しょううんさい、1904-1974)が竹工芸で初めて重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定されている。1979年には通産大臣指定伝統的工芸品に指定され、伝統工芸士の認定登録者は2011年2月現在で21人にのぼっている。

別府竹製品協同組合は1978年に設立され、会員企業が42社で、総従事者数が160人としている。職人は約50人で、竹製品の共同加工、共同販売などの需要開拓事業や後継者育成事業などの事業を行っている。

開場時間は9時30分から20時30分(最終日17時)まで。

M84でMICHIRUら武蔵美通信課程卒業、在学生等展

【銀座新聞ニュース=2018年7月14日】Art Gallery M84(中央区銀座4-11-3、ウインド銀座ビル、03-3248-8454)は7月16日から21日まで武蔵野美術大学通信教育課程造形学部関係者による「馴染む、けれども はじく」を開く。

アートギャラリーエムハッシー(Art Gallery M84)で7月16日から21日まで開かれる武蔵野美術大学通信教育課程造形学部関係者による「馴染む、けれども はじく」に出品される増田雅子さんの「ビューティー・イン・トランシエンス(Beauty in transience)」((C)増田雅子)。

武蔵野美術大学通信教育課程造形学部の在校生、中退者、卒業生など「ムサビ繋(つな)がり」の9人が絵画、彫刻、写真など約35点を展示する。中には入学以前や在学中から個展やグループ展で作品を発表し、展覧会で入選、入賞している作家もいる。

アートギャラリーエムハッシー(Art Gallery M84)では「それぞれは、どこかで一緒に展示していたり、個人同士で親密だったり、ゆるやかに繋がっており、そんなに疎遠ではないけれども緊密過ぎるわけでもない不思議なネットワークの作家達による作品展」としている。

今回、出展しているのは、稲石(いないし)とおるさん、エナ(ena)さん、甲斐千香子(かい・ちかこ)さん、高橋佑弥(たかはし・ゆうや)さん、立川勺(たちかわ・しゃく)さん、増田雅子(ますだ・まさこ)さん、ミカ・ワシヤマ(Mica WASHIYAMA)さん、ミチル(MICHIRU)さん、山岸翔(やまぎししょう)さんの9人。

武蔵野美術大学は1929年の「帝国美術学校」の吉祥寺開校がはじまりで、1948年に「武蔵野美術学校」と改称され、1957年に武蔵野美術短期大学(1988年に武蔵野美術短期大学部に変更)を設置、1962年に学校法人「武蔵野美術大学」が設立され、短大と大学は小平校舎に移転した。

2002年に造形学部通信教育課程(4年制、本部は武蔵野市吉祥寺東町3-3-7)が開設され、2003年に短期大学部が廃止された。学校法人武蔵野美術大学が運営していた1929年の帝国美術学校以来の伝統があった武蔵野美術学園は実技専修の各種学校で、2018年3月に廃校された。

通信教育課程は入学のための選抜試験がなく、入学資格審査に合格すると入学できる。また、過去に大学、短大などを卒業した実績があると、2年次や3年次への編入学も可能としている。通信教育課程には油絵学科(絵画コース、日本画コース、版画コース)、工芸工業デザイン学科(生活環境デザインコース、スペースデザインコース)、デザイン情報学科(コミュニケーションデザインコース、デザインシステムコース)、芸術文化学科(造形研究コース、文化支援コース)があるが、2年生までは総合過程で造形全般の基礎技術や知識を身につけ、3年次から専門コースに分かれる。

高校卒業生が入る1年生の募集は600人、2年からの編入が60人、3年次から編入は180人。入学金、授業料は1年次が32万5000円、2・3年次がそれぞれ毎年33万5000円がかかる。卒業までには授業料のほか、スクーリング受講料などが必要で、スクーリング(面接授業)は卒業までに30単位の修得が不可欠で、年間平均で7単位から8単位のスクーリング(1回1万3000円)を受講することになる。このため、4年間在籍すると、157万円がかかる。

稲石とおるさんは1968年北海道札幌市生まれ、1998年から2010年まで彫刻家の大平隆洋(おおひら・たかひろ、1937-2011) に学び、2017年9月に個展を開き、2018年3月に武蔵野美術大学通信教育課造形学部油絵学科日本画コースを卒業している。

エナさんは2016年3月からグループ展に参加しており、2017年に武蔵野美術大学通信教育課程を中途退学している。

甲斐千香子さんは1987年宮崎県生まれ、2011年4月に個展を開き、2014年3月に武蔵野美術大学通信教育課程造形学部油絵学科日本画コースを卒業、2016年4月に「ゲンロンカオス*ラウンジ新芸術校」標準コース2期を受講し、2017年2月に「ゲンロンカオス*ラウンジ新芸術校」第2期生標準コース成果展に出品した。

高橋佑弥さんは1987年2月千葉県生まれ、2014年3月に武蔵野美術大学通信教育課程造形学部油絵学科日本画コースを卒業、2016年3月と8月にアート講座の講師を務めている。2016年12月から毎年、八千代市民ギャラリーのグループ展に参加している。

立川勺さんは2013年8月にグループ展に参加、2018年現在、武蔵野美術大学通信教育課程造形学部油絵学科日本画コースに在学している。

増田雅子さんは2013年3月に日本書道専門学校本科を卒業、専科を修了、2015年2月に2人展を開き、2015年3月にグループ展に出品、2018年1月に「独立書道展」に出展し、秀作賞を受賞し、2018年現在、武蔵野美術大学通信教育課程造形学部油絵学科版画コースに在学している。

ミカ・ワシヤマさんは大阪府大阪市生まれ、2015年6月にグループ展に参加し、2016年3月に武蔵野美術大学通信教育課程造形学部芸術文化学科文化支援コースを卒業、2017年6月にグループ展を出品し、2016年から2018年に「ルーニィ写真公募展」に出展している。

ミチルさんは東京都生まれ、2013年8月にグループ展に参加、2015年3月に武蔵野美術大学通信教育課程造形学部油絵学科絵画コースを卒業、2016年2月に第31回「三菱商事アート・ゲート・プログラム」で入選(同年11月、2017年2月、6月にも入選)、同年7月に「シェアアートアワード(Share Art Award)2016」で入選、2017年8月に個展を開き、同年10月に美術の祭典第43回「東京展」で入選している。

山岸翔さんは1989年東京都生まれ、2018年3月に武蔵野美術大学通信教育課程造形学部油絵学科日本画コースを卒業している。

16日15時からレセプションパーティを開く。

開場時間は10時30分から18時30分(最終日は17時)まで。入場は無料。展示している作品は一部を除き販売する。また、会場で撮影は自由。

サニーヘルス、酢を摂取し、疲れにくく太りにくい体質に

【銀座新聞ニュース=2018年7月14日】健康食品、美容商品、化粧品などの販売会社、サニーヘルス(中央区八重洲2-1-6、八重洲kビル、03-6701-3000)はこのほど、レポート「夏バテ予防・ダイエットにも有効!お酢を積極的に取り入れよう」を発表した。

お酢は煮込み料理や炒め物の味付け時に加えたり、和え物やオイルと合わせてドレッシングにしたりなど、何にでも使える。

早々に梅雨が明けて真夏の暑さになり、「食欲がない」とか「なんだか体がだるい」という状態になって人はいないだろうか。暑いときに食べるからこそおいしいものといえば、冷やし中華、そうめん、アイスクリームなど冷たいものだが、実はこれらの冷たく糖質(炭水化物)の多い食べ物は夏バテを助長してしまうだけでなく、内臓機能の低下や太る原因にもなってしまう。

そこで積極的に取り入れたいのがお酢だ。お酢は暑い時期でもさっぱり食べられるだけでなく、やせやすい体作りに活躍してくれる。お酢は米や麦など穀物や果実でアルコールを作り、それをさらに発酵させて作られる調味料だ。成分は、酢酸、リンゴ酸、コハク酸など、60種類以上の有機酸が含まれている。

主成分は「酢酸」で、摂取して体内に入るとクエン酸へと変化するが、このクエン酸は体内のエネルギー産出において重要な役割を担っている。また、鉄やカルシウムなど女性が慢性的に不足しがちな栄養素は、クエン酸と一緒に摂取することで体に吸収されやすくなるという特徴も持っている。

食事から摂った糖質、タンパク質、脂質のエネルギーや、疲労の原因物質である乳酸などを分解しエネルギーに変換するサイクルのことを「クエン酸サイクル」という。このクエン酸サイクルを回すためには、その名の通りクエン酸が必須アイテムで、クエン酸サイクルが潤滑に回っていないと、糖質や脂質の代謝がスムーズに行われず、また疲労物質の乳酸が溜まり、疲れが取れない、疲れやすい、やせにくくなるといった症状が現れる。

逆にクエン酸サイクルが潤滑になると、エネルギーが効率よく消費されるようになり、疲れにくく、太りにくい体質になる。クエン酸サイクルを回すためには、クエン酸だけでなく各種の酵素やビタミンC、B1なども必要なので、お酢だけを飲んでクエン酸のみを摂るのではなく、必要な栄養素を食事からまんべんなく摂るように心がけるようにしたい。ビタミンCはブロッコリーやピーマン、キャベツ、キウイ、イチゴなど、ビタミンB1は豚肉、レバー、小麦胚芽、大豆製品などに多く含まれている。

お酢の活用方法としては、リンゴ酢などフルーティーな果実酢を薄めて飲用するのもいいが、毎日積極的に摂取するためには、調味料として料理に取り入れるのがお勧めとしている。

和食や中華には米酢や黒酢、洋風の料理にはワインビネガーやバルサミコ酢が合う。多くのお酢の中でも黒酢は他のお酢と比べアミノ酸がかなり多く含まれていて、人の体に必要な必須アミノ酸、非必須アミノ酸の両方の計20種類がバランス良く含まれているという特性もある。

お酢の活用方法は定番の酢の物だけでなく、煮込み料理や炒め物の味付け時に加えたり、和え物やオイルと合わせてドレッシングにしたりなど、思いのほか何にでも使える。特に肉料理とは相性がよく、お酢で煮込むと柔らかくしっとりとした仕上りになり、おいしく食べられる。また、お酢には殺菌作用があるので、日持ちの面でも優等生といえる。

1食に1品はお酢を使ったメニューにすることをお勧めしたいとしている。いつもの味とは一味違った、さっぱりとしつつも深い味になり、加熱すれば酸味も気にならず、酸っぱいのが苦手な人でもおいしく食べられる。とにかく、お酢はエネルギー代謝をスムーズに行い、やせやすい体にしてくれるほか、血液サラサラ効果もあるため、成人病予防にも大きな期待ができる発酵食品という。

ウイキペディアによると、お酢(Vinegar)は酢酸を3%から5%含む酸味のある調味料の1種をいう。工業的に、穀物や果実を原料にした醸造酒を、酢酸菌(アセトバクター属)で酢酸発酵してつくる。酢酸以外に、乳酸、コハク酸、リンゴ酸、クエン酸などの有機酸類やアミノ酸、エステル類、アルコール類、糖類などを含むことがある。殺菌や防腐を目的としても使われる。

文献上は紀元前5000年頃のバビロニアに記録があり、紀元前4000年頃にワインやビールから酢を造り、ピクルスを漬けた記録が残されている。古代ローマでは水に酢を加えた清涼飲料水「ポスカ」が飲まれていた。

日本では第15代応神天皇(おうじん・てんのう、生没年不詳、在位は270年から310年)のころに中国から渡来した。律令制は、造酒司が酒・甘酒とともに酢を造り、酢漬けや酢の物、なますの調理に用いた。のちに酒粕を原料とする粕酢や、米や麹を原料とする米酢が造られ、江戸時代は紀伊国粉河が粕酢で、和泉国堺が米酢でそれぞれ産地として知られた。

かつての家庭はワインが自然に変化するのを待って酢を得たが、近世は17世紀のフランスで床の上にブドウの蔓を敷いてワインをかける手法、18世紀のオランダでヘルマン・ブールハーヴェ(Herman Boerhaave、1668-1738)が滴下方式、19世紀にルイ・パスツール(Louis Pasteur、1822-1895)がオルレアン製法などが考案され、現代の工業生産方式に応用された。

醸造酢のうち、穀物酢とは穀物の使用量が40グラム分のl以上のものをいう。米酢(よねず)は穀物酢のうち、米の使用量が40グラム分のl以上のものをいう。米黒酢は穀物酢のうち、米(糠を完全に取っていないもの)使用量が180グラム分のl以上のものであり、褐色または黒褐色をしたもので、小麦、大麦を含んでもいい。

黒酢はもち米を醸造し、モミ殻を加えて発酵させた、中国産のものを指すことが多い。粕酢は酒粕を原料とした酢で、その色から赤酢とも呼ばれる。かつては握り寿司の酢飯の材料として一般的だったが、戦後の物資不足と黄変米事件が原因であまり一般には流通しなくなった。

大麦黒酢は穀物酢のうち、大麦のみを使用し、その使用量が180グラム分のl以上のものをいう。色は褐色または黒褐色。穀物酢(狭義)は米酢、米黒酢、大麦黒酢のいずれでもない穀物酢をいう。果実酢(広義)は果実の搾汁の使用量が300グラム分のl以上のものをいう。

りんご酢は果実酢のうち、りんごの搾汁の使用量が300グラム分のl以上のものをいう。ぶどう酢は果実酢のうち、ぶどうの搾汁の使用量が300グラム分のl以上のものをいう。ワインビネガーともいう。バルサミコ酢はイタリア産の高級ぶどう酢。果実酢(狭義)はりんご酢、ぶどう酢のいずれでもない果実酢をいう。

有楽町マルイでいのまたむつみ展、サイン会も

【銀座新聞ニュース=2018年7月13日】国内百貨店業界9位の丸井(中野区中野4-3-2、03-3384-0101)グループの有楽町マルイ(千代田区有楽町2-7-1、03-3212-0101)は7月13日から8月3日まで8階イベントスペースで「いのまたむつみ展」を開いている。

有楽町マルイで8月3日まで開かれている「いのまたむつみ展」のフライヤー。

イラストレーター、アニメーターのいのまた(猪股)むつみさんが画業40周年を迎えたのを記念して、「宇宙皇子(うつの・みこ)」(藤川桂介=ふじかわ・けいすけ=さんの小説で、1984年から1998年まで連載)や「風の大陸」(竹河聖=たけかわ・せい=さんの小説、1988年から2006年までに書き下ろし28部を刊行)、アニメのキャラクターデザインを手がけた「新世紀GPXサイバーフォーミュラ」(1991年)など初公開を含む原画を展示している。また、各作品のグッズも販売している。

ウイキペディアによると、いのまたむつみさんは1960年神奈川県生まれ、高校時代から東映動画の仕上げをする「マキプロダクション」で、セル画の仕上げのアルバイトをし、1978年に高校卒業時に、アニメ制作会社「葦プロダクション」に入社、「くじらのホセフィーナ」でアニメーターとしてデビューした。以後、数々のテレビアニメでアニメーターとして活動し、キャラクター作りの才能が認められ、キャラクターデザイナーに抜擢された。

1982年に「葦プロダクション」から若手スタッフとともにアニメ制作会社「カナメプロダクション」を設立し、1983年に徳間書店から創刊された「ザ・モーションコミック」でマンガ家としてデビューした。1984年に「カナメプロダクション」を退社し、フリーとして独立した。

1984年から脚本家の藤川桂介さんの小説「宇宙皇子」シリーズのイラストを担当している。CGが主流となった現在もアナログでの表現を主とし、目が大きい肉感的なキャラクターを描く。1997年からナムコ(現バンダイナムコゲームス)のゲーム「テイルズ オブ シリーズ」のキャラクターデザインを現在まで手がけている。

28日14時から18時30分まで8階でいのまたむつみさんによるサイン会を開く。会場で3000円(税込)以上を購入すると、参加券をもらえる。先着100人まで。

開場時間は平日11時から21時まで、日曜日、祝日は10時30分から20時30分まで。入場料は800円(高校生以下600円)。