「空の青さ」吉沢亮、吉岡里帆、若山詩音ら挨拶

【銀座新聞ニュース=2019年10月15日】阪急阪神東宝グループで、国内映画業界首位の東宝(千代田区有楽町1-2-2、03-3591-1221)は10月20日にTOHOシネマズ日比谷(千代田区有楽町1-1-3、東京ミッドタウン日比谷、050-6868-5068)で「空の青さを知る人よ」の声優による舞台あいさつを開く。

現在、一般公開中の「空の青さを知る人よ」((C)2019 SORAAO PROJECT)。

20日9時45分の回上映終了後に、監督の長井龍雪(ながい・たつゆき)さんをはじめ、声優でミュージシャンを夢見る青年「金室慎之介」役の吉沢亮(よしざわ・りょう)さん、慎之介の元恋人「相生あかね」役の吉岡里帆(よしおか・りほ)さん、あかねの妹で高校2年生の「相生あおい」役の若山詩音(わかやま・しおん)さんが舞台に登場してあいさつする。

「空の青さを知る人よ」はアニメ監督の長井龍雪さん、脚本家の岡田麿里(おかだ・まり)さん、キャラクターデザイナーの田中将賀(たなか・まさよし)さんが結成したアニメ制作チーム「超平和バスターズ」によるオリジナル作品で、2011年の「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない」(通称:あの花)、2015年の「心が叫びたがってるんだ。」(通称:ここさけ)とともに3部作として位置付けられている作品で、前2作同様に埼玉県秩父市周辺が舞台として設定されている。

物語は秩父の町に暮らす高校生の相生あおいは、進路を決める大事な時期なのに受験勉強もせず、東京へ出てバンドをやることをめざして大好きなベースを弾いて毎日を過ごしているところからはじまる。

あおいには唯一の家族である姉のあかねがいるが、2人は13年前に事故で両親を亡くしており、当時高校3年生だったあかねは恋人・金室慎之介との上京を断念して地元で就職し、妹の親代わりを務めてきた。あおいは自分を育てるために多くのことを諦めた姉に対し、負い目を感じていた。

そんなある日、町の音楽祭に大物歌手の新渡戸団吉が出演することになり、そのバックミュージシャンとして、あかねと別れたきり音信不通になっていた慎之介が町へ帰ってくる。時を同じくして、まだあかねと別れる前の慎之介が、13年前の過去から時を超えてあおいの前に現れる。

ウイキペディアによると、長井龍雪さんは1976年新潟県生まれ、新潟デザイン専門学校広報プランニング科を卒業、新潟の印刷会社に就職し、営業を務め、2000年に「ハンドメイド(HAND MAID)メイ」のシリーズ全体の制作担当や制作進行を務め、第11話「あきらめません」で演出助手として監督の木村真一郎(きむら・しんいちろう)さんと共に演出を手がけた。

その後、2002年に木村真一郎さんが監督した「ジーオン(G-on)らいだーす」や「こすぷれコンプレックス(COMPLEX)」などに参加し、2003年から2004年にWOWOWで放送された「まぶらほ」などで監督補佐を務め、事実上、監督業と第1話「きちゃった…」の絵コンテと演出を経験した。

2006年にフジテレビ系の「ハチミツとクローバー2」で初監督、2007年にサンライズ創立35周年記念作品「アイドルマスター ゼノグラシア(XENOGLOSSIA)」で監督を務めた。2008年に監督した「とらドラ!」で注目され、2009年に「とある科学の超電磁砲」の監督を務め、2011年にる完全オリジナルアニメ「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」の監督を務め、芸術選奨新人賞メディア芸術部門を受賞した。業界入りしてから現在に到るまで一貫してフリーで活動している。

チケットはチケットぴあを通じて先行抽選を受付中で、17日11時締め切り。料金は一般2100円、大学生・専門学生1700円、高校生・3歳以上中学生まで、障がい者1200円、シニア1400円。

丸善丸の内で「プレバト」野村重存「風景水彩画」展

【銀座新聞ニュース=2019年10月14日】大手書籍販売グループの丸善CHIホールディングス(新宿区市谷左内町31-2)傘下の丸善ジュンク堂書店(中央区日本橋2-3-10)が運営する丸善・丸の内本店(千代田区丸の内1-6-4、丸の内オアゾ、03-5288-8881)は10月16日から22日まで4階ギャラリーで野村重存さんによる「『野村重存と巡る水彩スケッチ旅 森と水と街並を描く』出版記念-風景水彩画を中心に」を開く。

丸善・丸の内本店で10月16日から22日まで開かれる野村重存さんの「『野村重存と巡る水彩スケッチ旅 森と水と街並を描く」に出品される「緑渓 奥入瀬渓流2019」。

水彩画家の野村重存(のむら・しげあり)さんが10月に「野村重存と巡る水彩スケッチ旅 森と水と街並を描く」(日貿出版社、税別2000円)を刊行するのを記念して、原画のほかに日本各地やヨーロッパに取材した水彩や素描によう風景画などを展示する。

野村重存さんは1959年東京都板橋区生まれ、1986年に多摩美術大学絵画科油画専攻を卒業、1988年に同大学大学院美術研究科絵画専攻を修了、同大学助手、美術専門雑誌社、「光と緑の美術館」勤務などを経て、現在、カルチャースクール、生涯学習講座の水彩画、デッサンなどの講師を務め、TBS(毎日放送)系バラエティ番組「プレバト」の水彩画のレギュラー査定員として出演している。

開場時間は9時から21時(最終日は16時)。

ギャルリー志門で青木進展

【銀座新聞ニュース=2019年10月14日】ギャルリー志門(中央区銀座6-13-7、新保ビル、03-3541-2511)は10月14日から19日まで青木進さんによる個展を開いている。

ギャルリー志門で10月14日から19日まで開かれる青木進さんの個展のフライヤー。

グラフィックデザイナー、アートディレクターの青木進(あおき・すすむ)さんが新作を中心に作品を展示している。

青木進さんは1950年東京都生まれ、1972年に立教大学社会学部を卒業、建築会社に入社、1973年にデザイン事務所に入社、グラフィックデザイナーとして勤務、1985年からデザインと並行してアートワークを制作、1992年に銀座画廊で個展を開き、1993年に「軽井沢ドローイングビエンナーレ」で入選した。

2001年にフランス・リヨン市のエキスポファソンジャポン展に参加(2002年も)、2002年に船橋市民ギャラリー「現代美術国際交流展」に出品、2004年に「ファッション・ドローイングビエンナーレ」に出品、2009年に横浜市民ギャラリー「アートシャワー2009」に参加、2012年に縄文国際コンテポラリーアート展 イン(in)ふなばしに参加、2015年に第13回ナウ(NAU)21世紀美術連立展に出品(2016年に第14回も)している。

開場時間は11時(初日は13時)から19時(最終日は17時)、入場は無料。

サニーヘルス、食事15分後に軽い運動20分、血糖値の急上昇を防ぐ

【銀座新聞ニュース=2019年10月14日】健康食品、美容商品、化粧品などの販売会社、サニーヘルス(中央区八重洲2-1-6、八重洲kビル、03-6701-3000)はこのほど、レポート「食後の運動は本当にダイエットに効果的!?」を発表した。

食べたいものを食べたあとは、罪悪感解消のために食後の運動は効果的という。それも本格的な運動ではなく、家事、ウォーキング、階段の昇り降り、ストレッチなどの軽い運動を20分程度で十分という。

「食後の運動」は果たして体にいいのか、悪いのか。食後すぐは消化吸収のために胃腸が活発に動いているので、体を動かさずにいるほうが消化にいいと言われている一方で、食べてすぐに寝ると(横になると)牛になるという言葉もある。体にとってはどちらがいいのだろうか。

血糖値とダイエットの関係をさぐると、まずは太るメカニズムについて知っておきたい。糖質制限ダイエット(炭水化物抜きダイエット)では、血糖値をできるだけ上昇させないようにすることでダイエットができるとされているように、糖質・血糖値とダイエットとは直接的な関係がある。

血液中には糖(ブドウ糖)が溶けており、その濃度を示す数値のことを「血糖値」と呼んでいる。数値が高いほど含まれる糖が多いということになる。血糖は食事の影響を受け、食後に高くなる。糖質(炭水化物)を摂ると体内でブドウ糖に分解され、血液中に入り血糖値を上昇させる。これが「食後血糖値」という。

健康な人の体では血糖値を下げる「インシュリン」と、上げる働きをする「グルカゴン」の作用によって、血糖値は適正値内になるよう調節されている。血糖値が上がるとすい臓からインシュリンが分泌され、糖をエネルギーとして筋肉や臓器などに送る一方で、使われなかった糖を脂肪として溜め込む。これが体に脂肪がつく仕組みだ。

体内に入ってきた糖がすべてエネルギーとして使われて余らなければいいのだが、血糖値の上がり方が急であればあるほどインシュリンが多量に分泌され、「糖が余っている=脂肪に溜め込まなければ」と体が判断してしまう。このため、血糖値を急に上げないことが重要となる。血糖値がゆっくり上がれば、インシュリンの分泌量が少なくなる。この働きを踏まえて、できるだけ血糖値を急激に上げないようにすることで、脂肪に蓄えられるのを防ぐことができる。

食べたものを体脂肪にしないためには、血糖値を急上昇させないこと。そして、もう一つ重要なのが、上がった食後血糖値を下げることだ。食後血糖値は自分で下げることができるので、そのために有効なのは運動となる。

食後30分から1時間ほど経つと、食べたものが消化吸収され血糖値が上昇していく。その時間に合わせて体を動かすことで全身に血液が行き渡り、消化吸収の速度を遅くすることや血糖をエネルギーとして消費することができ、血糖値を下げることができるわけだ。

最新の研究では、食後なるべく早め(15分後程度)に体を動かすことで、血糖値の上昇を抑える効果が高くなるとされている。食べた直後に激しい運動や入浴をすると、消化不良を起こしてしまうこともあるので、食後即座はNGだが、遅くても食後1時間以内には体を動かすといい。

体を動かすといっても本格的な運動ではなく、家事、ウォーキング、階段の昇り降り、ストレッチなどの軽い運動で構わないし、運動を行う時間の目安は20分だ。食後にゴロゴロしたくなるのは、食事量が多すぎるかもしれない。動きたくなくなるまで食べるのはやめ、腹八分目を心掛けたい。

食後の運動はダイエットにも健康にも効果的だし、食後15分後以降に行うことで、消化不良を起こさずに血糖値を下げることができる。ちなみに食べた直後に眠ると、胃腸への血流が減り消化不良を起こしてしまう上に太りやすいので、できる限り避けたい。睡眠の質も低下し、浅い眠りになってしまう。

「楽園」綾野剛、杉咲花、佐藤浩市ら初日挨拶

【銀座新聞ニュース=2019年10月13日】中堅映画配給会社のスターサンズ(中野区中央1-35-6、03-6304-0807)と書籍、映画配給事業、ネットワークエンタテインメントなどを運営するカドカワ(中央区銀座4-12-15、歌舞伎座タワー)グループ傘下の書籍、映画配給などの事業会社、KADOKAWA(千代田区富士見2-13-3)は10月18日からTOHOシネマズ日比谷(千代田区有楽町1-1-3、東京ミッドタウン日比谷、03-3591-5358)で一般公開される「楽園」の初日に綾野剛さん、杉咲花さん、佐藤浩市さんらによる舞台あいさつを開く。

10月18日から一般公開される「楽園」((C)2019「楽園」製作委員会)。

18日15時30分の回上映終了後と18時45分の回上映前に、監督の瀬々敬久(ぜぜ・たかひさ)さんをはじめ、リサイクル品販売をしている青年「中村豪士」役の綾野剛(あやの・ごう)さん、12年前の幼女誘拐事件の被害者の親友「湯川紡」役の杉咲花(すぎさき・はな)さん、限界集落に暮らす養蜂家「田中善次郎」役の佐藤浩市(さとう・こういち)さん、紡に想いを寄せる青年「野上広呂」役の村上虹郎(むらかみ・にじろう)さんが舞台に登場してあいさつする。

「楽園」は芥川賞作家の吉田修一(よしだ・しゅういち)さんが「野性時代」(KADOKAWA)の2015年10月号から2016年4月号まで断片的に掲載された短編小説集「犯罪小説集」が原作で、2016年10月にKADOKAWAから単行本化されている。瀬々敬久さんが監督と脚本を手掛けている。

物語はある夏の日、青田に囲まれたY字路で少女誘拐事件が起こるところからはじまる。事件は解決されないまま、直前まで被害者と一緒にいた親友・紡は心に深い傷を負う。それから12年後、かつてと同じY字路で再び少女が行方不明になり、町営住宅で暮らす孤独な男・豪士が犯人として疑われる。

追い詰められた豪士は街へと逃れ、そこである行動に出る。さらに1年後、Y字路に続く限界集落で愛犬と暮らす養蜂家の善次郎は、村おこし事業を巡る話のこじれから村八分にされてしまう。追い込まれた善次郎は、ある事件を起こす。

瀬々敬久さんは1960年大分県生まれ、1986年に京都大学文学部哲学科を卒業、在学時の1985年に16ミリ映画「ギャングよ、向こうは晴れているか」を自主制作し、監督を務め、卒業後の1986年に「獅子プロダクション」に入社し、ピンク映画の助監督を務め、1989年に「課外授業 暴行」で商業映画監督としてデビュー、同年にピンク大賞新人監督賞を受賞し、「ピンク四天王」の一人とされた。

2008年に「フライングラビッツ」や「感染列島」を監督、2010年に構想から5年かけて完成した4時間38分におよぶ「ヘヴンズストーリー」でベルリン国際映画祭で批評家連盟賞とNETPAC(最優秀アジア映画)賞を受賞、2011年に芸術選奨文部科学大臣賞映画部門を受賞した。2011年に「アントキノイノチ」でモントリオール世界映画祭のワールド・コンペティション部門でイノベーションアワード、2016年に「64 ロクヨン」2部作の前編で日本アカデミー賞優秀監督賞を受賞した。

チケットはチケットぴあを通じて先行抽選を受付中で、15日11時締め切り。16日10時から一般発売する。料金は2100円均一。