サニーヘルス、低GI値食品と日常の運動で糖質制限ダイエット

【銀座新聞ニュース=2018年12月16日】健康食品、美容商品、化粧品などの販売会社、サニーヘルス(中央区八重洲2-1-6、八重洲kビル、03-6701-3000)はこのほど、レポート「糖質制限ダイエットはなぜ失敗する?成功の秘訣とは」を発表した。

糖質制限ダイエットといっても、糖質の摂取量ゼロをめざす必要はなく、「低糖質」にすることがポイントで、一定量を摂取することでダイエットを促進させ、健康的にやせることにも繋がる。

今、流行している「糖質制限ダイエット」や「炭水化物抜きダイエット」だが、呼び名は糖質、炭水化物と異なっていても、これらはほぼ同義語で、主食である米やパン、麺類などをできる限り食べないようにするという、シンプルなダイエット法をいう。

しかも効果が出るのが早いとされているため、チャレンジする人も多いが、失敗してしまう人が後を絶たないようだ。簡単なはずなのに、なぜ失敗しやすいのか。今回は糖質制限ダイエットの失敗するパターンと成功の秘訣を紹介する。

糖質制限ダイエット失敗例としては、1)最初はすぐに体重が減るが、その後減らなくなる。

糖質制限ダイエットは、ダイエット開始から短期間ですぐに体重が減り始める人がほとんどだが、実は、糖質を制限するだけでは脂肪はあまり減らず、体重から減った大部分は「水分」という。

人間の脳と筋肉は、大量の糖質をエネルギー源として使っている。糖質が不足した時は、肝臓や筋肉、脂肪に貯蓄してある、いわば「非常食」のような存在の「グリコーゲン」をブドウ糖に変換して使う。グリコーゲンは保水性があり、1グラムのグリコーゲンを体内に蓄えるために4グラムの水分を蓄えるとされている。

そのため糖質制限によりブドウ糖が不足すると、分解されたグリコーゲンの水分が出ていくため、その分の体重が減少する。グリコーゲンが使われても、さらに糖質が足りなくなると、こんどは筋肉や脂肪を分解してブドウ糖が作られるようになる。筋肉が落ちると、代謝が低下し、やせにくく太りやすい体質になり、体重が適正でも体脂肪率が高い、「隠れ肥満」状態になってしまう。

2)頭がボーっとする、疲れやすくなる。糖質が分解された状態であるブドウ糖は、脳の唯一の栄養素であり、摂取量が足りなければ脳のパフォーマンスが低下し、ボーっとした感じが続いたり、集中力の低下や無気力を引き起こしたりするし、肝臓に負担をかけることにもなってしまう。

また、糖質を減らした分のカロリーはタンパク質や脂肪から摂取しないと、体はエネルギー不足に陥る。足りないエネルギーは筋肉や脂肪を分解し、ブドウ糖に変換されるが、栄養不足、筋肉の減少などにより、疲労感や脱力感、めまいなどの症状が現れる。

3)ダイエット臭も問題になる。人間の身体は、ブドウ糖をエネルギーとして利用している。ところが、糖質制限ダイエットによりブドウ糖量が減ってしまうと、体内の筋肉や脂肪をエネルギーに利用しはじめる。その際に分解される脂肪酸が完全燃焼されずに、汗や皮脂とともに排出され、においの原因となり「ダイエット臭」が発生してしまう。

ダイエット臭は甘酸っぱい独特の匂いで、無自覚から自覚へ、そして自他共に匂いに気づくレベルへと、不完全燃焼の度合いにより、匂いはより強くなっていく。この匂いは、血中に増加した脂肪酸が正しく燃焼されずに、「ケトン体」という物質に合成されてしまうことで生じる。

4)リバウンドの問題もある。主食の糖質を抜くストレスや空腹感により、必要以上に間食してしまう、糖質以外なら何をどれだけ食べてもいいと勘違いし、明らかなカロリー過多になる。しかも、空腹感、頭がボーっとする、いつも元気がないなどの体調面に耐えられないなど、こうした理由により糖質制限をやめた途端にリバウンドというパターンはひじょうに多い。

幸いダイエットに成功し目標を達成しても、糖質を制限し続けなければ簡単にリバウンドしてしまう。体重が減った後にそれを維持するのがひじょうに難しいのが、糖質制限ダイエットの落とし穴といえる。

それでは、成功する糖質制限ダイエットとは何か。
1)糖質はゼロにしなくていい。糖質制限ダイエットといっても、糖質の摂取量ゼロをめざす必要はなく、「低糖質」にすることがポイントで、一定量を摂取することでダイエットを促進させ、健康的にやせることにも繋がる。この一定量とは、1食あたり糖質20グラムから30グラム前後が目安という。

これは主食のご飯やパンを20グラム分食べるということではなく、食品に含まれる糖質量で考える。白米の場合は70グラムから80グラム(茶碗半分ほど)、パンなら食パン6枚切り1枚という。糖質の高い野菜や煮物など砂糖を使った献立の時には、主食は上記の量よりも減らすようにする。

2)糖質をしっかり食べたい時はGI値の低いものを食べる。米やパンなど穀類は高糖質だが、その中でも太りやすいものとそうでないものがある。その指標となるのが「GI値」で、糖質制限ダイエットを実践するなら、これは覚えておくべきキーワードといえる。

GI値とは、食べ物が体内に入り、血糖値を上昇させるスピードを数値化したもので、同じ量の糖質が含まれていたとしても、食べ物の種類により、血糖値が上がるスピードは異なり、GI値が高いほど血糖値上昇スピードが早い=太りやすい、低いほど血糖値上昇が穏やか=太りにくくなる。

例えば、白米よりも玄米や雑穀米のほうがGI値が低くダイエット向きといったように、日常的にGI値の低いものを選ぶようにすることで、ダイエットは成功に近づける。

主な食品のGI値は(カッコ内がGI値)、白米(88)、餅(85)、赤飯(77)、玄米(55)、雑穀米(55)、食パン(95)、フランスパン(93)、全粒粉パン(50)、ライ麦パン(55)、うどん(85)、そうめん(80)、パスタ(65)、ラーメン(61)、そば(54)など。

3)運動を取り入れることも重要といえる。運動といってもジムに通う必要はなく、日常生活の中でできる運動を行うように心がける。例えば、エスカレーターではなく階段を使う、数階程度ならエレベーターではなく階段を使う、一つ手前の駅で下車して歩く、掃除機、雑巾がけや窓拭き、お風呂掃除などは「運動」と思って体を大きく動かす。

また、テレビはストレッチやヨガ、ダンベル運動などをしながら見る。料理中、パソコン中は腹筋を意識し姿勢を正す。車で買い物へ行っていた人は、自転車に変える。自転車の人は歩きにする。歩くときは大股で早歩きをする。

このように日常の些細な行動がカロリー消費量と筋肉を増やす。楽なほう、楽なほうへとダラダラしていると、体型に如実に表れるとしている。

糖質制限ダイエット(炭水化物抜きダイエット)は、短くて数週間、長くても数年の短期間でしかまだ研究結果がなく、長期的かつ日本人で検証した報告はまだないとされている。

日本人のエネルギー摂取は約60%が糖質(炭水化物)由来で、これを長期的に大幅にカットした場合の健康に及ぼす影響はまだ明らかになっていない。そうした面も考慮して、極端な方法を取らずあくまでも「糖質控えめ」とか「低GI値」を意識した食生活がダイエットには有効といえる。

東宝、19年に25本配給、新海誠「天気の子」7月公開

【銀座新聞ニュース=2018年12月16日】阪急阪神東宝グループで、国内映画業界首位の東宝(千代田区有楽町1-2-2、03-3591-1221)はこのほど、2019年公開の映画作品を発表した。

2019年1月18日に最初に公開される「マスカレード・ホテル」((C)2019 映画「マスカレード・ホテル」製作委員会 (C)東野圭吾/集英社)。

2018年12月に公開(予定含む)する映画は12月7日公開の「来る」、14日公開の「映画 妖怪ウォッチ FOREVER FRIENDS」、21日公開の「ニセコイ」の3本。

2019年1月から3月までに公開する予定の映画は1月18日公開の「マスカレード・ホテル」と2月1日公開の「七つの会議」、15日公開の「フォルトゥナの瞳」、3月1日公開の「映画ドラえもん のび太の月面探査記」、15日公開の「君は月夜に光り輝く」、21日公開の「プリンス・オブ・レジェンド(PRINCE OF LEGEND)」の6本。

4月から6月が4月19日公開の「映画クレヨンしんちゃん 新婚旅行ハリケーンー失われたひろし」、19日公開の「キングダム」、5月公開(日にちは未定)の「名探偵ピカチュウ」、17日公開の「コンフィデンスマンJP」、31日公開の「ゴジラ キング・オブ・モンズターズ」、6月21日公開の「きみと、波に乗れたら」の6本。

7月から9月が7月12日公開の「ミュウツーの逆襲 エボルーション(EVOLUTION)」、19日公開するのが新海誠(しんかい・まこと)さんが監督する「天気の子」、26日公開の「アルキメデスの大戦」、夏公開(日程未定)の「劇場版おっさんずラブ(仮)」、9月13日公開の「記憶にございません!」の5本。

秋以降に公開予定が「蜜蜂と遠雷」、同じく「ハロー・ワールド(HELLO WORLD)」、同じく「マチネの終わりに」の3本。

2019年公開するというだけで、日程が決まってないフィギュアスケートアニメ「ユーリ!!!オン・アイス(on ICE)劇場版:アイス アドレセンス(ICE ADOLESCENCE)」、同じく「屍人荘の殺人」の2本。

2020年に公開予定とされているのが「ヲタクに恋は難しい」、同じく「ラスト・レター(Last Letter)」、同じく「ゴジラ対コング(GODZILLA VS.KONG、原題)」、同じく「シン・エヴァゲリオン劇場版」、同じく「モンスターハンター」の5本。

リコー画廊「ロックンロール」展、ディルツ、マーシャルら

【銀座新聞ニュース=2018年12月15日】国内最大のOA機器メーカーのリコー(中央区銀座8-13-1、03-6278-2111)グループのリコーイメージング(大田区中馬込1-3-6)が運営するギャラリー「リコーイメージングスクエア銀座」(中央区銀座5-7-2、三愛ドリームセンター、03-3289-1521)は12月19日から2019年2月3日まで8階ギャラリーゾーン「A.W.P」で「1960s Rock n Roll Artists:A Photographic Journey-甦る奇跡の時間」を開く。

リコーイメージングスクエア銀座で12月19日から2019年2月3日まで開かれる「1960s ロックンロール・アーティスト:フォトグラフィック・ジャーニー(Rock n Roll Artists:A Photographic Journey)-甦る奇跡の時間」に展示されるハリー・ベンソンさんの「ビートルズ・ピローファイト(The Beatles、Pillow Fight)、1964」((C)Photo by Harry Benson)。

1950年代後半に「ロックンロール」が誕生し、1960年代に世界的に流行し、黄金期を迎えた。今回の写真展は1960年代デビューのアーティスト、「ザ・ビートルズ」やボブ・ディラン(Bob Dylan、1941年生まれ)さん、「ローリング・ストーンズ」や「レッド・ツェッペリン」をはじめとするロックファン憧れのスターたちの写真を展示する。一部を除いて販売する。

ロックンロールの創世記の頃の写真家たちは、「アーティストと親密な時間を共に過ごすことで特別な写真を撮影することができた。それらの作品は彼らの本質に迫り、エネルギッシュで親しみに満ちあふれて」いる。

展示作品はロックファンで写真のコレクターのブルース・ポーマー(Bruce Palmer)さんのコレクションと海外で長く活躍している写真家による作品で構成されている。1960年代の奇跡の時間にタイムスリップできる、ファン必見の写真展としている。

ハリー・ベンソン(Harry Benson、1929年生まれ)さんのピローファイト、(Robert Freeman、1936年生まれ)さん、ヘンリー・ディルツ(Henry Diltz、1938年生まれ)さんのアルバムカバー、ジム・マーシャル(Jim Marshall、1936-2010)によるプラチナプリントも展示する。さらに、ブルース・ポーマーさんが作品を解説する。

ウイキペディアによると、「ロックンロール」とは1950年代半ばに現れたアメリカの大衆音楽スタイルの呼称で、語源については、古くからアメリカ英語の黒人スラングで「性交」及び「交合」の意味もあり、1950年代はじめには「バカ騒ぎ」や「ダンス」という意味もあった。これを一般的に広め定着させたのは、ラジオのデュスクジョッキーだったアラン・フリード(Alan Freed、1921-1965)とされている。

1960年代半ば以降には「ロック」という呼び方が一般化し、「ロックンロール」と呼ぶことは少なくなったが、一方で、「ロックンロール」と「ロック」は別の物として使われることがある。1960年代半ばには、ロックンロールが進化して抽象的、芸術的なものも生まれ、新たなサウンドが登場し、それらの総称として「ロック」という言葉が使われるようになった。

ロックンロールは、リズム・アンド・ブルースや、ブルース、ゴスペルなどの黒人音楽を基に、カントリー・アンド・ウェスタンやブルーグラスなど白人の音楽スタイルを融合させて成立したとされている。ロックンロール第1号がどの曲かということは、しばしば議論の対象となってきた。

一般的にはビル・ヘイリー(William John Clifton Haley、1925-1981)とヒズ・コメッツ(Bill Haley&His Comets)の「ロック・アラウンド・ザ・クロック」(1954年)やエルヴィス・プレスリー(Elvis Aron Presley、1935-1977)の「ザッツ・オールライト」(1954年)などが有力とされている。

主に白人演奏家によるロックンロールの中で、特にカントリー・アンド・ウェスタンの要素が強くビートを強調したものを「ロカビリー」と呼ぶ。

今回、出品する写真家はジム・マーシャル、ロバート・フリーマン(Robert Freeman、1936年生まれ)さん、ヘンリー・ディルツさん、マイケル・プットランド(Michael Putland、1947年生まれ)さん、エイドリアン・ブート(Adrina Boot)さん。

アーロン・ラポポート(Aaron Rapoport、1954年生まれ)さん、エド・ペルスタイン(Ed Perlstein)さん、デヴィット・スピンデル(David Spindel、1941年生まれ)さん、ジェームス・フォーチュン(James Fortune)さん、チェスター・シンプソン(Chester Simpson)さん、デボラ・フェインゴールド(Deborah Feingold)さん、テリー・パスター(Terry Paster、1946年生まれ)さん、ロバート・M・ナイト(Robert Knight)さん、トム・マレー(Tom Murray)さん、ハリー・ベンソンさんの10人。

開場時間は11時から19時(最終日は16時)。12月29日から2019年1月4日まで休み。

東宝11月映画、15%減、2カ月連続、作品少なく

【銀座新聞ニュース=2018年12月14日】阪急阪神東宝グループで、国内映画業界首位の東宝(千代田区有楽町1-2-2、03-3591-1221)は12月13日、11月の映画営業部門興行成績(速報ベース)が前年同月比15.1%減の20億4547万円で、2カ月続けて前年同月を下回ったと発表した。

現在、一般公開中の「スマホを落としただけなのに」((C)2018映画「スマホを落としただけなのに」製作委員会)。

11月は例年、9月、10月と並んで需要の端境期で、年間を通じて比較的観客が少ないため、売上高も30億円前後で推移することが多い。2012年が53億円、2013年が68億円、2014年が29億円、2015年が34億円、2016年が35億円、2017年が24億円で推移しており、2018年11月は2年続けて20億円台だった。

一方、トーホー(TOHO)シネマズ、関西共栄興行、スバル興業という連結3社と東京楽天地、オーエスの持分法適用2社を合わせた5社ベースの東宝グループの映画館(687スクリーン)の11月の入場料収入(売店収入は除く)は同29.3%増の54億8995万円だった。2013年6月発表からトーホーシネマズ直営館の入場料収入と東宝グループの入場人員を公表するのを止めている。

11月の新作は2日に公開された「スマホを落としただけなのに」の1本だった。

興行通信社の映画興行ランキングによると、11月3日、4日の週は「スマホを落としただけなのに」が初週で2位、「億男」が3週目で7位とトップ10入りは前の週より1点増えて2作品だった。

11月10日、11日の週は「スマホを落としただけなのに」が2週目で4位とトップ10入りは前の週より1点減って1作品だった。

11月17日、18日の週は「スマホを落としただけなのに」が3週目で4位とトップ10入りは前の週と同じく1作品だった。

11月24日、25日の週は「スマホを落としただけなのに」が4週目で3位に上昇したものの、トップ10入りは前の週と同じく1作品だった。

配給作品は「スマホを落としただけなのに」、「散り椿」、「コーヒーが冷めないうちに」、「劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命」、「億男」など7本だった。

アパホテルが馬喰町駅前を開業、全室禁煙

【銀座新聞ニュース=2018年12月14日】国内外で419カ所のアパホテルなどを運営する総合都市開発のアパグループ(港区赤坂3-2-3、アパ赤坂見附ビル、03-5570-2113)は12月13日に「アパホテル 日本橋馬喰町駅前」(中央区日本橋馬喰町1-6-6、03-5847-9711)を開業した。

12月13日に開業した「アパホテル 日本橋 馬喰町駅前」でテープカットする元谷外志雄さん(左から5人目)、元谷芙美子さん(同6人目)。

「アパホテル 日本橋馬喰町駅前」は鉄骨造、地上14階建て、193室(全室禁煙、シングル142室、ダブル50室、デラックスツィン1室)で、全室に50インチ(DXツインルームは65インチ)の大型液晶テレビや快眠を追求したオリジナルベッド「クラウドフィット エスピー(Cloud fit SP)」(幅1400ミリ、ベッドの下に荷物が収納可、DXツインルームは幅1220ミリ)を設置している。

室内の明るさもLEDシーリングライトを採用し、ワイファイ(Wi-Fi)無料接続(全客室とロビー)やBBCワールドニュースの無料放映を導入し、照明スイッチ類、空調リモコンなどをベッドの枕元に集約している。また、携帯電話やスマートフォンの充電に便利なUSBポート・コンセントを枕元に設置し、館内案内をテレビ画面上にデジタル化した「アパテレビインフォメーション」には、タブレット端末の動画や写真を大画面に映し出す「ミラーリング機能」も備えている。

エアコンは居住快適性を追求し、パナソニックに開発した新型で、気流の流れや室温制御機能に加え、「ナノイーX」搭載で空気中の花粉やカビ菌などのウイルスを無効化し、室内の脱臭効果もあるという。

1階にはレストラン「バルール(VALULU)」が開店し、6時30分から22時30分まで営業している。朝食は35種類以上の和洋バイキングで、前売で税込1200円(当時は1400円)。

料金はシングルルームで1万8000円(税、サービス料込)から、ダブルルームで3万円から。開業記念価格としてシングルルームが7800円から、ダブルルームが9800円から提供している。

アパグループ代表の元谷外志雄(もとや・としお)さんは「東京オリンピック開催まで2年を切り、オーバーホテル現象が懸念されているが、当社はオーバーホテル現象をチャンスととらえ、現在のホテル業界でのシェア4%を10%まで上げていきたい」と語っている。」

アパホテルは中央区内で「アパホテル 日本橋 馬喰町駅前」を含め12棟、1851室(建築・設計中を含む)となり、東京23区内では直営ホテル数のみで70棟、1万7645室(建築・設計中を含む)になる。

アパグループは1971年4月に元谷外志雄(もとや・としお、1943年生まれ)さんが石川県小松市で前身の住環境メーカー「信金開発株式会社」を設立したのがはじまりで、以後「信開(しんかい)」の略称で営業を続け、1972年7月に信開荒屋ホームプラザ(全87区画)を造成、1977年5月に商業複合ビル・パオス「小松」を竣工、11月に複合分譲マンション「2+4」を竣工した。

1980年11月にアパホテル株式会社を設立、1984年12月にホテルグループ第1号となる「アパホテル金沢片町」を開業、1990年8月にWRCオーストラリアラリーに信開ラリーアートチームで参戦し、グループNクラス総合3位に入った。1994年4月にアパホテルの社長に妻の元谷芙美子(もとや・ふみこ)さんが就任し、1997年7月に東京都内に「アパホテル東京板橋」を開業し、首都圏に進出、11月に信金開発株式会社から「アパ株式会社」に改称し、グループ名も信開グループからアパグループに変更した。

2002年5月に本社を東京・赤坂見附に移転し(石川県金沢市には登記上の本店)、2005年4月に「アパホテル日本橋駅前」を開業、東京都中央区に進出、9月にアパ銀座中央ビルを取得、2008年6月に歴史論文顕彰制度を創設、2010年12月に「アパホテル日本橋浜町駅南」、12月に「アパホテル八丁堀駅南」、2011年5月に「アパホテル築地駅南」、6月に「アパホテル人形町駅北」を開業した。

2012年5月に「アパ都市開発株式会社」を「アパグループ株式会社」に改称し、グループの統括会社として位置づけ、2013年8月に「アパホテル新富町駅前」、9月に「アパホテル銀座 京橋」、11月に「アパホテル銀座 宝町」、2014年8月に「アパホテル東日本橋駅前」を開業し、2016年11月に「アパホテル新富町駅北」を開業する予定だ。

アパグループは2015年4月から2020年3月までの5カ年計画で、ホテル部門が客室数10万室(うち、自社が4万8000室、フランチャイズが2万4000室、パートナーズホテルが2万8000室)、2020年度売上高1200億円、住宅部門がマンション管理戸数3万戸、売上高500億円をめざしている。