「プレフラ」串カツ田中、串カツ全品100円

(2月23日の「プレミアムフライデー」については、イベントのみを載せ、詳細と画像は省きます。詳細は各店舗まで)
【銀座新聞ニュース=2018年2月21日】株式会社串カツ田中(品川区東五反田1-7-6、藤和東五反田ビル)は2月23日15時から「串カツ田中銀座店」(中央区銀座7-3-13、03-6264-5094)など全店(一部除く)で串カツ全品を100円で提供する。

串カツ田中は2017年2月から導入されたプレミアムフライデーに、営業開始時間を早めるとともに、1日限定商品などを投入してきた。今回は、15時から閉店時間まで通常、100円から200円の約30種類の串カツ全品を1本100円(税別)で提供する。

今回は「串カツソースの二度づけ禁止」のスタイルや二度づけしたくなったらキャベツでソースをすくうなどの大阪流の食文化を知ってもらうことも考えており、「手作りたこ焼き」や「大阪発祥グルメ」などのお勧めも強化する。

このため、大阪・鶴橋発祥といわれる「ちりとり鍋」(1人前637円、2人前から)、大阪・河内名物「さいぼし(馬肉の燻製)」(626円)、 出汁入りなのでソースなしで食べられる「手作りたこ焼き」(20個で529円)、ホルモンの油かすで、コラーゲンが入っている大阪名物「かすうどん」(691円)なども提供する。

また、24日から28日まで18時までに来店すると、串カツ全品を100円で提供する。

同店での串カツの通常価格はじゃがいも、タナネギなどの100円、紅ショウガ、串カツ牛などの120円、バナナ、アジフライなどの150円、エビ、カキなどの200円がある。

通常の営業時間は平日16時から2時(金曜日は5時)、土・日曜日、祝日14時から2時まで。

丸善丸の内で「猫」展、奥平浩美、目羅健嗣ら29人、もりわじん展も

【銀座新聞ニュース=2018年2月20日】丸善・丸の内本店(千代田区丸の内1-6-4、丸の内オアゾ内、03-5288-8881)は2月22日から28日まで4階ギャラリーで「2月22日 猫の日特別企画 第14回Catアートフェスタ」を開く。

丸善・丸の内本店で2月22日から28日まで開かれる「2月22日 猫の日特別企画 第14回キャット(Cat)アートフェスタ」のフライヤー。

毎年「2月22日」の「猫の日」に、猫に関連して開くイベントが「キャット(Cat)アートフェスタ」で、前期と後期に分けて出品者を変えて開く。第14回目の今回は全国から集結した29人の猫作家が陶芸、七宝焼、人形、器、絵画、切り絵、フェルト、ぬいぐるみ、写真など猫関連の作品1000点以上を展示販売する。

とくに、今回は特別企画として、22日から28日まで立体造形を得意とするもりわじんさんが平面作品と立体作品で「恋と猫とダイヤモンド」展を開く。

今回、全期間に出品するのは、「Q工房」を運営する墨絵とぬいぐるみの有田(ありた)ひろみさんとちゃぼさん、絵画のおおやぎえいこさん、ジュエリーの奥平浩美(おくひら・ひろみ)さん、創作人形のきびねのさん。

木目込人形と立体造形の小島美知代(こじま・みちよ)さん、立体造形の桜井魔己子(さくらい・まみこ)さん、2015年日本招き猫大賞を受賞した切り絵の松風直美(しょうふう・なおみ)さん、九谷焼の東早苗(ひがし・さなえ)さん、絵画と造形の布施和佳子(ふせ・わかこ)さん。

立体造形の細山田匡宏(ほそやまだ・まさひろ)さん、イラストの松下カツミ(まつした・かつみ)さん、名画を猫化してしまう絵画と立体の目羅健嗣(めら・けんじ)さん。

22日から24日まで出品するのは、銅版画の桐山暁(きりやま・あきら)さん、陶芸などのゴーあやさん、絵画の鴻巣三千代(こうのす・みちよ)さん、写真の中山祥代(なかやま・さちよ)さん、粘土、立体作品のなつめみちこさん。

陶芸の半沢淳子(はんざわ・じゅんこ)さん、七宝、金工、トンボ玉の平林義教(ひらばやし・よしのり)さんと平林利依子(ひらばやし・りえこ)さん、陶芸の渡辺志野(わたなべ・しの)さん。

25日から28日が和風イラストなどの彬香子(あき・きょうこ)さん、郷土おもちゃ、春日部張り子師の五十嵐俊介(いがらし・しゅんすけ)さん、陶芸の岡村洋子(おかむら・ようこ)さん、繊細なミニチュアを彫るミニチュア木彫りの小出信久(こいで・のぶひさ)さん、ワイヤーワークなどの白井光可(しらい・みつよ)さん。

陶芸のすみ田理恵(すみだ・りえ)さん、立体アートと絵画の宮内久美子(みやうち・くみこ)さん、絵画、立体の山下健一郎(やました・けんいちろう)さん。

開場時間は9時から21時(最終日は16時)まで。入場は無料。24日は17時閉場する。猫の日記念の22日と25日に作品を購入すると、先着100人まで記念バッジ(22日猫耳バッチ、25日猫バッチ)をもらえる。さらに、「29(ふく)引き」を実施し、税込5000円ごとに1回福引ができる。

注:「桜井魔己子」の「桜」と「半沢淳子」の「沢」は正しくは旧漢字です。氏名など名詞は原則として現代漢字(常用漢字)を使用しています。

「プレフラ」ロイヤルパークHがウイスキーに合う料理、簑輪がトーク

(2月23日の「プレミアムフライデー」については、イベントのみを載せ、詳細等と画像は省きます。詳細は各店舗まで)
【銀座新聞ニュース=2018年2月20日】ロイヤルパークホテル(中央区日本橋蛎殻町2-1-1、03-3667-1111)は2月23日19時から地下1階中国料理「桂花苑」で「ウイスキーペアリングディナーイベント」を開く。

「桂花苑」料理長の有本大作(ありもと・だいさく)さんが日本のウイスキーに合わせた特別料理を考案して提供する。また、 ニッカウイスキーアンバサダー、スコッチ文化研究所認定でウイスキープロフェッショナルの簑輪陽一郎(みのわ・よういちろう)さんが竹鶴政孝(たけつる・まさたか)物語や蒸留所のこだわりなどについて紹介する。

当日のコースは京野菜を用いた前菜盛り合わせにはじまり、パラフィン紙で包み、風味を閉じ込めた「フカヒレとサメのエンガワの煮込み」、柔らかく蒸した後に揚げ、伝統レシピの黒酢あんかけで仕上げる「穴子の黒酢煮込み ゴボウ添え」、メインのオマール海老を金華ハムと干し貝柱、香味野菜で煮込み、XO醤とタイ産の唐辛子でピリ辛に仕上げた「オマール海老のXO醤煮込み 京野菜添え」、ライスとして「エゾアワビと鶏肉の蒸しご飯 蓮の葉包み」を加え、デザートしてイチゴプリンがつく。

時間は19時から21時。料金は1万7000円(税、サービス料込)。

ギンダチが「イタリアおでん」を半額に、おでんの日記念で

【銀座新聞ニュース=2018年2月20日】100業態のレストランを展開するDDホールディングス(旧ダイヤモンドダイニング、港区芝4-1-23、三田NNビル)グループのゼットン(本社・同)は2月20日から22日までの3日間、立ち飲みワインバー「gindachi/ギンダチ」(中央区銀座2-7-7、03-3538-5322)で「イタリアおでん」を半額にする。

「gindachi/ギンダチ」で20日から22日の3日間、半額になる「ボリート・ミスト」。

2月22日が「おでんの日」とされているのを記念して、北イタリアの煮込み料理「ボリート・ミスト(Bollito Misto)」を「イタリアおでん」とし、3日間限定で1200円(税込)を600円の半額で提供する。

ギンダチの「ボリート・ミスト」は「チキン&ベジタブル」(チキンレッグ、チキンボール、小じゃがいも、キャベツ、ミディトマト)と「ポーク&ベジタブル」(豚スペアリブ、あらびきソーセージ、小じゃがいも、キャベツ、ミディトマト)がある。どちらも通常価格は1200円。

「ボリート・ミスト」は北イタリア・ピエモンテ州の郷土料理で、主にモンフェラート地区でよく食べられている。牛肉、鶏肉、豚肉、ベーコンやソーセージなどと、にんじん、セロリ、たまねぎ、ニンニク、ジャガイモなどを水からゆっくり煮込んで作る。これにパセリソースなどの「サルサ・ヴェルデ」をつけて食べるのが本式だが、マスタードでも代用が可能とされている

「ギンダチ」では、トマトペーストを使用し、トマトの味をしっかり出し、合わせるソースはトマトと肉に良く合う伝統的な「モスタルダ」というコンフィチュール(ジャム)をかける。モスタルダは、北イタリア独特のもので、洋梨やりんごなどのフルーツや野菜をシロップで煮込み、さらにマスタードに漬け込んである。「ギンダチ」ではオレンジマーマレードとマスタードを混ぜ合わせたモスタルダを使っている。

2月22日は「おでんの日」は新潟県の新潟放送のラジオ番組「クチこみラジオ 越後じまんず」(2004年から2007年まで)が提案した「新潟発の記念日をつくろう」という企画に応じて、「越乃おでん会」が2007年に制定した。おでんを食べるときに「フー(2)フー(2)フー(2)」と息を吹きかけることからの語呂合せだが、ただし、青森おでん会では10月10日を「おでんの日」にしている。

営業時間は16時から23時。

「プレフラ」大丸東京店、ゴルフファッションショー、レッスンも

(2月23日の「プレミアムフライデー」については、イベントのみを載せ、詳細等と画像は省きます。詳細は各店舗まで)
【銀座新聞ニュース=2018年2月20日】大丸東京店は2月23日16時から11階ゴルフ売り場でプレミアムフライデー1周年特別イベントとしてゴルフファッションショーを開く。

10ブランド、男女計20人によるフロアファッションショーで、ショーの最後にプレミアムフライデーのポスターを囲んでフォトセッションを行う。

また、23日から25日の3日間、ゴルフスイングのワンポイントアドバイスレッスンが通常20分3240円を半額の1620円で利用できる。ただし、前日19時までに予約が必要。

そのほか、23日から25日の3日間、12階リラクゼーションスペース「てもみん」で「てもみんプレミアムコース」(9720円)を体験できる。さらに、同じく3日間、12階レストランで「プレミアムゴルファーコースメニュー」(1万2860円から1万6200円)を用意する。