A・ゴアの弁舌や表現力に強い感銘を受けた「不都合な真実2」(227)

【ケイシーの映画冗報=2017年12月14日】先日、ノーベル平和賞を受賞した世界の核兵器廃絶を目指す連合組織「iCAN(アイキャン、核兵器廃絶国際キャンペーン)」の授賞式で、日本での被爆体験者3人が出席し、スピーチを披露されました。

現在、一般公開中の「不都合な真実2 放置された地球」((C)2017 Paramount Pictures. All Rights Reserved.)。

ちょうど10年前、1冊の本とその映画作品によって、著者で主演であった人物がノーベル平和賞を受けています。ドキュメンタリー映画「不都合な真実」(An Inconvenient Truth、2006年)に出演し、地球の環境危機(とくに温暖化)の主張をおこなったアル・ゴア(Albert Arnold “Al” Gore,Jr.)元アメリカ副大統領です。

出演者だけでなく、作品自体も第79回アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞を授かっており、たんなる「環境危機啓蒙映画」ではなく、映画作品としてもすぐれていると評価されたわけです。

アル・ゴア本人も「不都合な真実」の反応に、
「驚いたなんてものじゃない。舌を巻いたよ。(中略)今でも『不都合な真実』には説得力があったと、うれしい感想を聞くことがある」(パンフレットより)
と、その影響力に感銘を受けています。

「不都合な真実」の著作と映画はこうして知名度を高めていきましたが、認知度の高さに比例するかのように、作品の内容やアル・ゴアの地球環境に対する警句に対して、異議も発せられるようになりました。

本作「不都合な真実2 放置された地球」(An Inconvenient Sequel:Truth to Power)は、こうした前作への批判、あるいはアル・ゴア本人への無知や誤謬(ごびゆう)のコメントからはじまります。つまり自身の作品についてのネガティブなイメージからスタートさせるわけで、これは主演のアル・ゴア当人だけでなく、監督(共同兼撮影監督)のジョン・シェンク(Jon Shenk)やボニー・コーエン(Bonni Cohen)らスタッフ陣にとっても、なかなかに挑戦的な幕開けといえるでしょう。

作品内でアル・ゴアは訴えます。
「10年前(「不都合な真実」のころ)にくらべ、事態は確実に悪化しています」
そして、洪水や豪雨、水害などの被害現場へ足を運び、現実を見すえながら、「クラスメイト・リアイリティ・リーダーズ・コープス」と呼ばれるリーダー育成のための講演会を行い、地球環境への働きかけをおこなう〈気候チャンピオン〉(世界中で気候変動対策活動に励む若者のネットワーク)の構築に取り組んでいくのです。

この講演会の様子も作中で紹介されるのですが、ジョークやユーモアを交えたフランクな雰囲気ながら、ときとして痛烈な逸話も登場します。深刻な水害に直面したフロリダでの講演会に、アル・ゴアは遅刻してしまいます。待っていた観客にまず、遅参をわびるのですが、その理由が、
「私の準備した長靴が短く、服や足が濡れてしまったので着替えていたから」そして、こう続きます。
「いま、水害の現場に行ってきました。予想以上の水深に私の長靴は役に立たなかった。これほど深刻な状態であったことを理解していなかったことを、地元の皆さんへお詫びします」

単なるスタンドブレーかもしれませんが、濡れた靴下を苦労して脱ぎ、足早に講演会場に向かうアル・ゴアの姿を観たあと、このコメントは強いインパクトを観客にあたえてきます。

最近の日本で、水害の被害地域で長靴の用意がなかったことで「おんぶされた政務官」がいましたが、せめてこのぐらいの発想はなかったのでしょうか。

前作「不都合な真実」も鑑賞しているのですが、個人的には劇中で開陳される「地球の危機」より、アル・ゴア本人の弁舌や表現力により強い感銘を受けました。

これほど表現力に長けた人物でも、副大統領までの地位しか得られず、ゴア本人によると「これほど世界を変えられる地位はない」というアメリカ大統領に選ばれなかったという現実(2000年の大統領選挙で、共和党のジョージ・ブッシュ=George Walker Bush=に敗北)に、ショックを受けたためです。「言葉で説得できなければ、ほかにヒトや政治は動かす手段はなくなる」のですから。

たしかに本作やアル・ゴアの地球環境への提言に筆者は全面首肯することはありません。懐疑的なデータも見受けられますが、本作や前作を含めて、アル・ゴアが聴衆を引きつけるスピーチをおこない、また政策的に対立している人物にも環境問題で共通の認識にあると知るや、「この一点では仲間ではないか」と歩み寄りを見せる。

「言葉」、「表現力」の重要性に意識を持つというのは、本作の制作意図とは乖離してしまうかもしれませんが、観客のちいさなワガママとして、許していただければ、と勝手に願っています。次回も未定とさせていただきます(敬称略。【ケイシーの映画冗報】は映画通のケイシーさんが映画をテーマにして自由に書きます。時には最新作の紹介になることや、過去の作品に言及することもあります。当分の間、隔週木曜日に掲載します。また、画像の説明、編集注は著者と関係ありません。なお、ケイシーさんは現在、自宅療養中で、こんごの予定はすべて未定になっています)。

「エミットフィッシュバーGINZASIX」などで真ガキ全品を半額

【銀座新聞ニュース=2017年12月14日】オイスターバーをチェーン展開する株式会社ゼネラル・オイスター(旧ヒューマンウェブ、中央区日本橋茅場町2-13-13、共同ビル、03-6667-6606)は12月15日から22日まで、「エミットフィッシュバー GINZASIX」(中央区銀座6-10-1、GINZA SIX、03-3575-1540)や「オイスターテーブル 銀座コリドー店」(中央区銀座7-2、銀座コリドー街108、050-5592-5209)、「カーブ・ド・オイスター東京駅八重洲地下街」(中央区八重洲2-1、八重洲地下街、050-7302-5816」など28店で「真ガキ半額祭」を開く。

12月15日から22日まで「エミットフィッシュバー ギンザシックス」などで開かれる「真ガキ半額祭」。真ガキ全品が対象になる。

今が旬の「真ガキ」を通常1個538円(税別)のところを半額の264円にするなど、真ガキ全品を半額で提供する。真ガキは一般的に夏に産卵をした後、徐々に栄養を蓄えて身が太り、11月頃から各産地より真ガキが出揃い、旬が到来する。寒さが厳しくなるのにつれて、うま味も増していく旬の真ガキを安価に楽しめる。

ゼネラル・オイスターでは今回の真ガキについては、北海道・サロマ湖、岩手県・釜石、宮城県・志津川、兵庫県・室津、坂越、相生、三重県・浦村、桃取、的矢、香川県・白方、広島県・情島、安芸津、福岡県・糸島、佐賀県・唐津、大分県・守江、熊本県・鏡オイスターを販売する。

ウイキペディアによると、カキはウグイスガイ目イタボガキ科に属する2枚貝の総称で、カキ目もしくはカキ上科に属する種の総称でもある。海の岩から「かきおとす」ことから「カキ」という名がついたといわれる。古くから、世界各地の沿岸地域で食用、薬品や化粧品、建材(貝殻)として利用されてきた。

どの種類も岩や他の貝の殻など硬質の基盤に着生し、船にとって船底に着生して抵抗となる固着動物の代表がカキである。着生してからはほとんど動かないため、筋肉が退化し内臓がほとんどを占める。基盤に従って成長するため殻の形が一定せず、波の当たり具合など環境によって形が変化するため、外見による分類が難しく、野外では属さえも判別できないこともある。

養殖する方法は、カキの幼生が浮遊しはじめる夏の初めにホタテの貝殻を海中に吊るすと幼生が貝殻に付着するので、後は餌が豊富な場所に放っておくだけで養生できる。野生のものは餌が少ない磯などに付着するため、総じて養殖物の方が身が大きくて味もいい。

欧米では種カキを原盤(フランス語ではクペール)という網状の円盤で採取するが、ある程度大きくなるとそれから外して網籠に入れて干満の差が大きい場所の棚に置くか、干潟にばら撒いて育成する。この方式はホタテガイで種カキを海中につけっぱなしにしておく日本の方式よりも身が大きくなりやすい。

干潮時には水がない場所に住む場合が多く、グリコーゲンを多く蓄えている。これにより、他の貝と違って水がない所でも1週間は生きられる。英語の「オイスター(oyster)」は「カキ」よりも広義に使われ、岩に着生する2枚貝のうち、形がやや不定形で表面が滑らかでないもの一般を指し、アコヤガイ類やウミギク科、かなり縁遠いキクザルガイ科などもオイスターと呼ばれる。

また、カキはあらゆる食品の中でも亜鉛含有量がもっとも多く含まれている。亜鉛は魚介類全般に多く含まれているが、カキはとくに多く、他の二枚貝と比べ、10倍以上の含有量がある(100グラム中カキは13.2ミリグラム、あさり1.0ミリグラム、しじみ2.1ミリグラム)。成人女性なら、カキ1個で1日の必要量である9ミリグラムから10ミリグラムを満たすことができる。

亜鉛の働きは、細胞の新陳代謝を促進、皮膚や髪に潤いを与え、免疫力アップ、精力増強、美肌効果、体内の多くの酵素を活性化させるなどがあり、体を活き活きとさせ、健康や美を保つ効果がある。逆に不足すると、味覚障害、脱毛、薄毛、うつ、生殖機能の低下、傷口が治りにくいなどの症状が現れる。

また、カキに含まれるグリコーゲンは肝臓に貯蔵され、必要に応じてエネルギーに変換される。肝臓の機能を高めたり、筋肉や脳の働きを活発にしたりする働きがあり、即効性の疲労回復や、血糖値を一定に保つ作用、集中力を高める作用などもある。

ほかに、カキは吸収のよい「ヘム鉄」を多く含み、貧血予防に効果的とされ、鉄には体温を維持する保温効果もある。また、栄養ドリンクで知られている「タウリン」を多く含んでいる。アミノ酸の一種で、疲労感の原因となる乳酸の増加を防ぎスタミナ増強、疲労回復、肝機能を高める効果、脂肪肝の予防、抗肥満作用、コレステロールの上昇を抑える、生活習慣病のケア、ストレス解消などさまざまな効果がある。

問題になるのがカキの食中毒で、カキには「生食用」と「加熱用」とがあり、生食用は保健所指定海域で育ったもの、加熱用はそれ以外の海域で育ったものをいう。カキの主な食中毒の原因は「ノロウイルス」とも呼ばれる「SRSV(小型球形ウィルス)」によるもので、体調が悪い時や疲れている時などにたくさん食べると食中毒が起こりやすい。

このウイルスはカキの内臓に存在しているので、表面を洗っても意味はなく、85度で1分以上加熱することで死滅するので、中心まで十分に加熱して食べると食中毒を防止できる。

ゼネラルオイスターは2006年冬にノロウィルスが大流行した際は、2007年9月に広島県呉市倉橋島にカキの浄化センター「日本かきセンター」を設立し、全国の産地より集めたカキをセンターに集め、紫外線殺菌した海水で48時間カキを浄化し、全国の店舗へ出荷する体制を構築した。

2014年夏には、富山県入善町に「カキの浄化センター」を設立し、海洋深層水でカキを浄化するシステムを構築した。海洋深層水の「清浄性」と自然の力を最大限に活かしカキの浄化をおこなっている。2016年10月に富山県入善町の「カキの浄化センター」に統合している。

2016年冬に再びノロウィルスが大流行した際は、宮城県の全海域でカキの出荷が停止されたが、ゼネラル・オイスターでは2017年2月17日から「安全品質のファイブスター ミネラルオイスター」をスタートしたとしている。

「ミネラルオイスター」とは1)全国の海域リスクを考慮し、産地の厳選および入荷時期の精査を実施した「海域の厳選」、2)厚労省が定める生食用カキの規格基準をクリアしたカキのみを入荷する「産地の厳選」(産地1次検査)、3)人体に害を与える細菌やウィルスが存在しない、きれいな海洋深層水のかけ流し水槽で、60時間カキを浄化してほぼ無菌のカキにする「海洋深層水での浄化時間を60時間へ延長」。

4)厚労省が定める規格基準よりも厳しい自社基準をクリアしたカキのみを出荷し、「ノロウィルスについては検出されない」との自社基準も定めた「厳しい自社基準の堅守」(出荷前の自社2次検査)、5)家族を含む従業員の体調管理、サポートの実施、社内衛生チェック、外部衛生調査機関による定期的衛生調査による衛生の維持、向上に取り組んだ「徹底された店舗衛生管理」、の5項目をいう。こうした海洋深層水による浄化方法について2017年11月に特許を取得した。

営業時間は銀座シックス店が11時から23時30分、銀座コリドー店が11時30分から15時、17時から23時(土曜日は23時30分)、八重洲地下街店は11時から23時(土・日曜日、祝日は22時)。

東宝11月映画、4カ月連続の31%減、少ない新作が響く

【銀座新聞ニュース=2017年12月14日】大手映画会社の東宝(千代田区有楽町1-2-2、03-3591-1221)は12月13日、11月の映画営業部門興行成績(速報ベース)が前年比31.0%減の24億1045万円で、4カ月続けて前年同月を下回ったと発表した。

現在、一般公開中の「ラストレシピ-麒麟の舌の記憶」((C)2017 映画「ラストレシピ 麒麟の舌の記憶」製作委員会(C)2014 田中経一/幻冬舎)。

11月は例年、2月や6月と並んで観客動員数が比較的少ない月で、過去をみると、2012年に53億円、2013年に67億円だったが、2014年に29億円、2015年に34億円、2016年に35億円と2014年から30億円前後で推移しており、2017年11月は2月の22億円に次いで2017年で2番目に収入が少なかった。

新作も11月3日に公開された「ラストレシピ‐麒麟の舌の記憶」と、23日に公開された「火花」の2作品だった。

一方、トーホー(TOHO)シネマズ、関西共栄興行、スバル興業という連結3社と東京楽天地、オーエスの持分法適用2社を合わせた5社ベースの東宝グループの映画館(678スクリーン)の11月の入場料収入(売店収入は除く)は同12.4%減の42億4504万円だった。2013年6月発表からトーホーシネマズ直営館の入場料収入と東宝グループの入場人員を公表するのを止めている。

11月の上映作品数は10月よりも3点少ない7作品だった。

興行通信社の映画興行ランキングによると、11月4日、5日の週は「ラストレシピ‐麒麟の舌の記憶」が初週1位、「ミックス。」が3週目5位と、10位以内が前の週と同じく2作品だった。

11日、12日の週は「ラストレシピ‐麒麟の舌の記憶」が2週目5位、「ミックス。」が4週目7位と、10位以内が前の週と同じく2作品だった。

18日、19日の週は「ラストレシピ‐麒麟の舌の記憶」が3週目6位、「ミックス。」が5週目10位と、10位以内が前の週と同じく2作品だった。

25日、26日の週は「火花」が初週3位、「ラストレシピ‐麒麟の舌の記憶」が4週目5位と、10位以内が前の週と同じく2作品だった。結局、11月は10位以内が全週とも2作品にとどまった。

配給作品は「ラストレシピ‐麒麟の舌の記憶」、「亜人」、「関ヶ原」、「火花」、「ミックス。」、「ナラタージュ」、「三度目の殺人」の7作品。

キヤノン銀座で「アフロ」の青木紘二「仕事作品」展

【銀座新聞ニュース=2017年12月13日】大手映像機器・事務機器などのメーカー、キヤノン(大田区下丸子3-30-2、03-3542-1860)グループのキヤノンマーケティングジャパン(港区港南2-16-6)は12月14日から26日までキヤノンギャラリー銀座(中央区銀座3-9-7、トレランス銀座ビルディング、03-3542-1860)で青木紘二さんによる「クライアントワークPart1」を開く。

12月14日から26日までキヤノンギャラリー銀座で開かれる青木紘二さんの「クライアントワークパート(Part)1」のフライヤー。

スポーツ写真家で、写真代理店「アフロ」(中央区築地4-1-17、銀座大野ビル、0120-565-410)の代表取締役、青木紘二(あおき・こうじ)さんのクライアントからの依頼で撮影した広告写真を集めた写真展を開く。

青木紘二さんはもともとジャンルに対するこだわりはなく、1976年にプロとしてのキャリアをはじめたものの、依頼のあるものは何でも撮影しており、その技術と経験により、スポーツ、人物、ゴルフ場、風景、動物など多岐な分野で、それぞれの瞬間の輝きを写してきた。そうした作品の中から選んで展示する。

12月14日から26日までキヤノンギャラリー銀座で開かれる青木紘二さんの「クライアントワークパート(Part)1」のフライヤー。

青木紘二さんは富山県魚津市生まれ、高校卒業後、ヨーロッパの思想や映画の世界観を知るためにスイスのプライベートスクールに留学、留学中にスキー学校でアルバイトをし、卒業後はスキー教師養成コースを受け、スイスのスキー教師国家資格を取得してスキーインストラクターとして働く。

その後、27歳で帰国し、フリーの写真家として通販雑誌の商品撮影などを手がけ、広告写真やスポーツ写真なども撮影し、1976年からプロカメラマンとして活動し、1980年に写真代理店「アフロフォトエージェンシー」として創業し、1982年11月に「株式会社ビー全(2006年に「アフロ」)」を設立した。

1984年にサラエボ冬季オリンピックで初めてオリンピックを取材し、1998年の長野冬季オリンピックで、アフロとして日本オリンピック委員会の公式エージェンシーに選ばれた。2002年の日韓ワールドカップではイングランドとスウェーデンの試合で、コーナーキックを蹴ってゴールをアシストしたイングランドのデビッド・ベッカム(David Robert Joseph Beckham)選手のガッツポーズを唯一撮影し、英国の主要紙に掲載され、注目された。

2005年に日本プロバスケットボールリーグ公式フォトエージェンシーとなり、2017年3月に2020年の東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会フォトチーフに就任している。現在、1000人以上の契約カメラマンを抱え、従業員は139人、いまだに自らもオリンピックを取材、撮影しており、これまでに夏冬のオリンピックの撮影は17回を数える。

時間は10時30分から18時30分(最終日は15時)。入場は無料。日曜日、祝日は休み。

スバル座「花筐」初日、窪塚俊介、矢作穂香ら挨拶

【銀座新聞ニュース=2017年12月12日】映画配給会社の新日本映画社(渋谷区南平台町4-8、南平台アジアマンション)は12月16日から有楽町スバル座(千代田区有楽町1-10-1、有楽町ビル、03-3212-2826)で一般公開する「花筐 HANAGATAMI」の初日に、窪塚俊介さん、満島真之介さん、矢作穂香さんらによる舞台あいさつを開く。

12月16日から一般公開される「花筐 HANAGATAMI」((C)唐津映画製作委員会/PSC 2017)。

16日10時の回上映終了後に、監督の大林宣彦(おおばやし・のぶひこ)さんをはじめ、主人公の少年「榊山俊彦(僕)」役の窪塚俊介(くぼづか・しゅんすけ)さん、榊山俊彦の友人「鵜飼」役の満島真之介(みつしま・しんのすけ)さん、榊山俊彦の従妹「江馬美那」役の矢作穂香(やはぎ・ほのか)さん。

榊山俊彦の友人「あきね」役の山崎紘菜(やまざき・ひろな)さん、榊山俊彦の友人「千歳」役の門脇麦(かどわき・むぎ)さん、榊山俊彦の伯母「江馬圭子」役の常盤貴子(ときわ・たかこ)さん、「山内教授」役の村田雄浩(むらた・たけひろ)さんが舞台に登場してあいさつする。

「花筐」は作家の檀一雄(だん・かずお、1912-1976)の短編小説「花筐」(1937年)が原作で、監督の大林宣彦さんが1977年のデビュー作「HOUSE ハウス」より以前に書き上げていた「幻の脚本」といわれる作品を映画化したもので、「この空の花-長岡花火物語」(2012年4月)、「野のなななのか」(2014年5月)に続く戦争3部作の最終章として撮り上げた青春群像劇となっている。

物語は1941年春、佐賀県唐津市の叔母のもとに身を寄せている17歳の俊彦がアポロ神のような鵜飼、虚無僧のような吉良(長塚圭史=ながつか・けいし=さん)、お調子者の阿蘇(柄本時生=えもと・ときお=さん)ら個性豊かな学友たちと共に「勇気を試す冒険」に興じる日々を送っていたところからはじまる。

肺病を患う従妹・美那に思いを寄せる俊彦だったが、その一方で女友達のあきねや千歳と青春を謳歌している。そんな彼らの日常は、いつしか恐ろしい戦争の渦に飲み込まれていく。

ウイキペディアなどによると、大林宣彦さんは1938年広島県尾道市生まれ、1956年に成城大学文芸学部芸術コース映画科に入学、在学中から8ミリで作品を発表、1957年に福永武彦(ふくなが・たけひこ、1918-1979)の詩集を映画化した「青春・雲」を発表、1958年に2作目「絵の中の少女」のヒロイン役で後に妻となる大林恭子(おおばやし・きょうこ)さんを起用した。

1960年に大学を中退、1963年に16ミリ作品「喰べた人」でベルギー国際実験映画祭で審査員特別賞、「尾道」、「中山道」や「コンプレックス(Complexe)=微熱の玻璃(はり)あるいは悲しい饒舌(じょうぜつ)ワルツに乗って 葬列(そうれつ)の散歩道」や日本のカルト映画の草分け「エモーション(EMOTION)=伝説の午後=いつか見たドラキュラ」などが注目される。

1964年に開館した新宿紀伊國屋ホールの開館イベントとして「60秒フィルムフェスティバル」が企画され、「コンプレックス(Complexe)=微熱の玻璃あるいは悲しい饒舌ワルツに乗って 葬列の散歩道」が上映され、これを観た電通のプロデューサーに誘われ、1960年代からテレビコマーシャル(CM)にCMディレクターとして関わった。

チャールズ・ブロンソン(Charles Bronson、1921-2003)の「マンダム」(旧社名は丹頂)をはじめ、「ホンダ・ロードパル」のソフィア・ローレン(Sophia Loren)さん、「カネカ・フォンテーヌ」や「ラックス化粧品」のカトリーヌ・ドヌーヴ(Catherine Deneuve)さん、「レナウン・シンプルライフ」のリンゴ・スター(Ringo Starr)さん、「AGF・マキシムコーヒー」のカーク・ダグラス(Kirk Douglas)さんらを起用し、海外スター起用のCMの先駆けとなった。

また、高沢順子(たかざわ・じゅんこ)さんの「お魚になったわたし」、山口百恵(やまぐち・ももえ)さんと三浦友和(みうら・ともかず)さんのコンビ「グリコアーモンドチョコレート」、高峰三枝子(たかみね・みえこ、1918-1990)と上原謙(うえはら・けん、1909-1991)コンビの「国鉄フルムーン」、森繁久弥(もりしげ・ひさや、1913-2009)の「国鉄新幹線」をはじめ、「レナウン・ワンサカ娘」、「カルピス」など10年間で制作したテレビCMは2000本を越えている。

1977年に映画「ハウス(HOUSE)」で商業映画監督としてデビュー、ブルーリボン賞新人賞を受賞、同年に2作目「ブラック・ジャック 瞳の中の訪問者」を監督、1978年に「ふりむけば愛」を監督し、1979年に「天使を誘惑」をプロデュースした。1982年に尾道を舞台とした「転校生」を発表、「時をかける少女」と「さびしんぼう」を合わせて「尾道三部作」と呼ばれる。大林作品で尾道ロケを行った作品は、この3作以外にもあるが、この3部作は、脚本をすべて剣持亘(けんもつ・わたる、1946-2003)が執筆し、中高生を主人公にしたSFファンタジーであるなど共通項が多い。

1作ごとに異なる実験が行っており、2004年に紫綬褒章を受章、2009年に旭日小綬章を受章した。受章理由は「長年にわたる実験的で独自の映画作りに」と伝えられたという。2006年から尚美学園大学大学院芸術情報研究科教授、2007年から倉敷芸術科学大学芸術学部メディア映像学科客員教授を務めている。妻は映画プロデューサーの大林恭子さん、長女の大林千ぐみ(ちぐみ)さんは「映画感想家」。

チケットは16日当日劇場オープン時から発売する。料金は一般1800円、大学生1500円、高校生以下3歳まで、障がい者1000円、シニア1100円。