東宝7月映画、29%減も55億円に回復、10カ月ぶりに50億円突破

【銀座新聞ニュース=2020年8月14日】阪急阪神東宝グループで、国内映画業界首位の東宝(千代田区有楽町1-2-2、03-3591-1221)はこのほど、7月の映画営業部門興行成績(速報ベース)が前年同月比28.9%減の55億24378万円と、6カ月連続で前年を下回ったと発表した。

現在、一般公開されている「今日から俺は!!劇場版」((C)2020「今日から俺は!!劇場版」製作委員会)。

新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受けて、映画館が休業に追い込まれ、2月から前年比マイナスが続く中で、3月に前年同月比80%減の12億円、4月に同99%減の1億3887万円、5月に同99%減の6896万円まで減少し、6月は同87%減の7億485万円と回復の兆しを見せたきたが、7月は前年の7割程度まで回復し、2020年で初めて、2019年9月の81億円以来10カ月ぶりに50億円を突破した。

一方、トーホー(TOHO)シネマズ、関西共栄興行、スバル興業という連結3社と東京楽天地、オーエスの持分法適用2社を合わせた5社ベースの東宝グループの映画館(695スクリーン)の7月の入場料収入は5月14日までに全館が休業し、その後、順次再開してきたこともあって、同70.3%減の24億4756万円と依然として厳しい状況にある。トーホーシネマズ直営館の入場料収入と東宝グループの入場人員については公表するのを止めている。

新たに公開された映画は17日公開の「今日から俺は!!劇場版」、23日公開の「コンフィデンスマンJP プリンセス編」の2本だった。

興行通信社の映画興行ランキングによると、7月4日、5日の週は再上映の「千と千尋の神隠し」が2週目も1位、「もののけ姫」が2週目で2位、「風の谷のナウシカ」が2週目で3位、「ゲド戦記」が2週目で8位と、トップ10入りは前週と同じく4本だった。

11日、12日の週は「千と千尋の神隠し」が3週目も1位、「もののけ姫」が3週目で2位、「風の谷のナウシカ」が3週目で3位、「ゲド戦記」が3週目で10位と、トップ10入りは前週と同じく4本だった。

18日、19日の週は「今日から俺は!!劇場版」が初週で1位、「千と千尋の神隠し」が4週目も2位、「もののけ姫」が4週目で3位、「風の谷のナウシカ」が4週目で4位で、トップ10入りは前週と同じく4本だった。

25日、26日の週は「今日から俺は!!劇場版」が2週目も1位、「コンフィデンスマンJP プリンセス編」が初週で2位、「もののけ姫」が5週目で3位、「千と千尋の神隠し」が5週目で4位、「風の谷のナウシカ」が5週目で5位で、トップ10入りは前週よりも1本増えて5本だった。

7月に映画館で上映された作品は「風の谷のナウシカ」、「もののけ姫」、「千と千尋の神隠し」、「ゲド戦記」、「アキラ(AKIRA)」、「今日から俺は!!劇場版」、「コンフィデンスマンJP プリンセス編」だった。

東宝の配給作品で、これまでに公開を延期された作品は「映画しまじろう しまじろうとそらとぶふね」(2月28日予定、2021年春頃に延期)、「名探偵コナン 緋色の弾丸」(4月17日予定、2021年4月に延期)。

「燃えよ剣」(5月22日予定)、「思い、思われ、ふり、ふられ」(5月29日予定)、「奥様は、取り扱い注意」(6月5日予定)、「ヒノマルソウル‐舞台裏の英雄たち」(6月19日予定)、「シン・エヴァンゲリオン劇場版」(6月27日予定)、「劇場版ポケットモンスター ココ」(7月10日予定)、「スタンド・バイ・ミー(STAND BY ME)ドラえもん 2」(8月7日予定)、「モンスターハンター」(9月4日予定、2021年)、「鹿の王」(9月18日予定)。

「コンフィデンスマンJP プリンセス編」については5月1日公開の予定だったが、7月23日から公開する。「映画ドラえもん のび太の新恐竜」も3月6日公開予定だったが、8月7日から公開する。「糸」も4月24日公開予定だったが、8月21日からの公開を決めた。「僕たちの嘘と真実 ドキュメンタリー・オブ(Documentary of)欅坂(けやきざか)46」は4月3日公開予定だったが、9月4日公開する。

「映画クレヨンしんちゃん 激突!ラクガキングダムとほぼ四人の勇者」は4月24日の予定だったが、9月11日から公開する。「思い、思われ、ふり、ふられ」は5月29日の予定だったが、9月18日から公開する。「映像研には手を出すな!」も5月15日予定から9月25日の公開を決めた。

在宅で「痛勤」ないけど、香港が心配、安全で楽しいならまた行きたい(310)

【tamaoのOL独り言=2020年8月13日】暑い!今年の梅雨明けは東海と関東甲信と一緒の発表だったので、夏の始まりがなんとなくになってしまったけど、いきなり猛暑が続いています。

睡蓮と水滴、今年はきれいな睡蓮をよく見ました!

コロナの感染者は減らないし、このまま猛暑が続くのか心配になっています。それに新型コロナって言っているけど、また、さらにコロナは進化しちゃってるんではないだろうかと。それは猛暑に関係あるのか?って。とはいえ、在宅勤務はつづくので、暑い中の「痛勤」はないのだけれど。

ところで、最近の香港どうなっているのだろうか?民主化運動の「女神」周庭(アグネス・チョウ)さんと「リンゴ日報」の創業者・黎智英(リー・ジーイン)さんが逮捕、そして保釈されたそうだ。「香港国家安全維持法」違反の容疑だそう。

もともと友達が香港に駐在していて、遊びに行ったり、アーティストの公演を見に行ったりしていたのに、最近はだいぶご無沙汰している。

以前行った香港では美味しいものを食べたり、買い物も楽しかった。ブランド品もそれ以外のものも。ディズニーランドにも行って、東京とちょっと違うけど東京より親近感のあるディズニーキャラクターが楽しかった。

アトラクションも違うし、何しろ大行列が少なくて、待ち時間がなく、次々と楽しめる感じだった。そりゃ、東京とは規模が違うけど。

でも、もしかしたら、もう以前の香港でなくなっているのかもしれない。学生運動なのかと思ったけど、それだけではないんだよねー。コロナの前には土・日といえばデモが行われていて、もう1年以上そんな状況が続いていた。コロナでそれどころではなくなっていて、ちょっと忘れたけどね。

でも、以前は香港の映画、面白かったし、素敵な俳優もいたよね。どうしちゃったんだろう?その俳優さんたちは。

もちろんハリウッドに行ってしまった人もいるんだろうけど。香港を舞台にした映画、かっこよかったな。「香港ノワール」って言われていたと思う。今や韓国ドラマを見ちゃっててごめんなさいだけど。

どうか安全で楽しい香港にまた行けるようになったらいいな。もちろんコロナの収束が進むことが第一だけれども。ま、お盆なんでしっかり用をこなして、昼寝とアイスを愉しみましょう!(敬称略、中堅企業に勤めるOLのタマオさんが日常の生活について思っていることを不定期に書きます。注書きは著者と関係ありません)

編集注:ウイキペディアによると、「香港国家安全維持法(中華人民共和国香港特別行政区国家安全維持法)」は2019年10月31日に中国共産党第19期中央委員会第4回全体会議(四中全会)において、特別行政区の国家安全維持に関する中国共産党の活動方針が定められた。

2020年5月18日に第13期全国人民代表大会常務委員会(全人代常務委員会)第18回会議で審議し、同日、全国人民代表大会常務委員会法制工作委員会が通称「香港国家安全法」を起草し、全人代常務委員会の審議に付し、5月22日開幕の第13期全人代第3回会議に提出され、全人代会議の3回の審議を経て修正され、5月28日に採択された。

6月30日に全国人民代表大会常務委員会は「香港国家安全維持法案(6章66条)」を全会一致で可決、習近平(シー・ジンピン)国家主席(党総書記・最高指導者)と林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官の公布により、現地時間6月30日23時(日本時間7月1日午前0時)より施行された。

第3章「犯罪行為と処罰」は6節に分かれ、国家分裂罪・国家政権転覆罪・テロ活動罪・外国または境外勢力と結託し、国家安全に危害を及ぼす罪の4種類の犯罪行為の具体的な構成および相応の刑事責任と、それに対応した処罰規定および効力範囲を規定する。異なる状況を区分し、4種類の犯罪行為の刑罰を区別して規定する。

効力範囲は1)香港特別行政区に登録されている船舶または航空機内での犯罪(36条)、2)香港特別行政区の永住者または居住者、会社や団体などの法人または法人でない組織が香港特別行政区外で罪を犯した場合(37条)、3)永住者の身分を有さない者が香港特別行政区以外で香港特別行政区に対して本法に規定する犯罪を実施した場合(38条)があり、有罪となった場合、最高で終身刑または10年以上の懲役、積極的に参加した者は3年以上10年以下の懲役、その他参加者は3年以下の懲役、或いは拘留・保護観察処分と定められている。

ビジョンタイムズによると、世界的にはこの「38条」が問題視されており、「この規定は『国家安全法』の治外法権を世界のすべての人に拡大したものと解釈」でき、「香港永久住民や香港にいる人に限らず、海外居住者や外国人まで対象とすることになる」ことから、「中国共産党が違法であると判断すれば、有罪になるというのは、世界にとってかなりの脅威となる」と結論づけている。

日本橋三越で芸大の現役、OB「芸術祭」展、9部門91人が出品

【銀座新聞ニュース=2020年8月12日】国内最大手の百貨店グループ、三越伊勢丹ホールディングス(新宿区新宿5-16-10)傘下の三越伊勢丹(新宿区新宿3-14-1)が運営する日本橋三越(中央区日本橋室町1-4-1、03-3241-3311)は8月12日から17日まで本館6階美術特選画廊などで「MITSUKOSHI×東京芸術大学 夏の芸術祭2020」を開いている。

日本橋三越で8月17日まで開かれている「三越(MITSUKOSHI)×東京芸術大学 夏の芸術祭2020」に出品される油画の星野歩さんの「薔薇(ばら)の道」(木材パネル、紙/ボールペン、水彩絵具、アクリルガッシュ)。

隔年で開催してきた東京芸術大学の日本画、油画、彫刻、工芸(彫金、鍛金、鋳金、漆芸、陶芸、染色、ガラス造形、工芸基礎、木工芸)、デザイン、建築、先端芸術表現、美術教育、文化財保存学の9部門の教授が推薦した40歳未満の大学院在学生、卒業生91人の作品を展示する企画展だ。

今回は6回目で、本館6階の美術特選画廊、美術サロン、美術工芸サロンで、「アイ・ラブ・ユー(I LOVE YOU)」をテーマに、多様性社会に生きる作家たちが若き才能を表現した作品を紹介する。

芸大美術学部長の日比野克彦(ひびの・かつひこ)さんは作品展のテーマについて、芸大が方針として掲げている「I LOVE YOU-芸術は人を愛する」というフレーズでもあり、「芸術あっての人なんだ」という想いが込められている、としている。

主な出展者は日本画が長沢耕平(ながさわ・こうへい)さんら10人、油画が星野歩(ほしの・あゆむ)さん、北沢理紗(きたざわ・りさ)さんら16人、彫刻が島田佳樹(しまだ・よしき)さんら8人、工芸が海老塚季史(えびづか・きふみ)さんら22人。

デザインが山田勇魚(やまだ・いさな)さん、古家野雄紀(こやの・ゆうき)さん、イチャス(ICHASU)さんら17人、建築が越智俊介(おち・しゅんすけ )さんら3人、先端芸術表現が知念(ちねん)ありささん、神谷紀彰(かみや・のりあき)さんら5人、美術教育が上田(うえだ)かなさんら2人、文化財保存学が山田亜紀(やまだ・あき)さんら8人。

時間は10時から19時(最終日は17時)。

注:「東京芸術大学」の「芸」と「長沢耕平」と「北沢理紗」の「沢」はいずれも正しくは旧漢字です。名詞は原則として常用漢字を使用しています。

インド、感染増も医療崩壊に至らず、過去の伝染病蔓延が功を奏す?(31)

【モハンティ三智江のインド発コロナ観戦記=2020年8月11日】東インド・オディシャ州(Odisha)プリー(Puri)のわが居住エリアが7月24日21時に完全封鎖されて、3日がたった。町は死んだように静まり返り、メインロード「C.T.ロード(ROAD)」のバイクの往来も激減、人影はほとんど見当たらない。

夕暮れの灯ともし頃、ロックダウン下賑わいもなく、静まり返ったC.Tロード。

漁村地帯(ペンタコタ=Penthakata)で集団感染が発生したことは、前回末尾に付記した通りて、初期のロックダウン(都市封鎖)とは、また違った緊迫感がある。メインロードを700メートルくらい東進したペンタコタエリアの25・26、31・32区画が封じ込めゾーンとして密閉され、住人はゾーン外に出ぬよう厳重な警戒体制にある。

当オディシャ州は7月25日、1日の感染者数が1500人を超える大幅増加、記録更新で、感染者数は2万6000人以上に上っている。

ワーストの西インドから、中南・東インドに蔓延しており、カルナータカ州(Karnataka、インドのシリコンバレーとの異名をとるIT州都ベンガルール(Bengaluru)=バンガロールでは7月17日から1週間再ロックダウンされた)とアンドラプラデシュ州(Andhra Pradesh)は、感染者8万人を超えた。当州の南隣がアンドラプラデシュ州で、懸念されるところだ。

屋上から夜空を仰ぐと、半月が煌々と白銀色に瞬いていた。軟禁生活中は、月見もひとつの楽しみである。

東インドのピークはまさにこれからというところで、一体、数字がどこまで伸びるのか、憂慮が募る。

インド全土の感染者数は150万人近く、1日5万人近い急伸で(1日当たりの検査数は50万回)、末には170万人台、このまま感染拡大に歯止めがかからなければ、来月末には、300万人台に膨張も十分ありえる予測となってきた。

●コロナ余話/医療崩壊が寸前で食い止められている理由

人口に比例して、日々膨大な数の感染者が出ているが、不思議なのは、医療崩壊危機が叫ばれこそずれ、現実にはワースト都市ムンバイ(Mumbai)ですら、何とかなっている事情である。

何故だろうと考えていて、ふっと思いついたことがあるので、この欄を借りて述べてみる。

インドはいまだに、赤痢、チフス、マラリア、肝炎などの伝染病が蔓延している国で、狂犬病、破傷風、治療薬のないデング熱まではびこっている。その意味では、感染症対策や受け入れ施設が比較的整っているともいえ、体験から来る実践療法で、新型コロナにも、いたずらにパニックに陥らずに対処できているのではなかろうか。

世界でもトップクラスの医療制度が完備されたはずの日本で、感染症対策部門に関しては、脆弱ぶりを懸念されるのは皮肉なことだが、無菌環境に等しい、衛生観念の発達した先進国ならではの弱点ともいえよう。

夕暮れどき、薄くオレンジに色づいた曇り空に伽藍のシルエットが浮かび上がる。

インドの医療制度は全体を通して見ると、確かに脆弱なのだが、近年は地方の州都にも、最新設備の整った近代的な私立病院がチェーン展開しており(その代表例がインド内外に70支所、1万床のアポロホスピタルで、本部はチェンナイ=Chennai、1983年創立の国内最大チェーン)、経済発展に伴い、改善されてきている。

●コロナ余話2/デリーの4人に1人が感染

インド国立疫病対策センターの調査でわかったことだが、首都デリー(Delhi、感染者数13万人)の住民のほぼ4人に1人が感染者とのことで、驚くべき結果だが、ここまで広がっていると、かえって集団免疫ができているのではとの希望もある。

それに、回復率が他州に比べ高く、実質的な陽性者は2万人を切っている(ムンバイの実質陽性者は3万人強)。

私の推測では、西インドの都市部の感染者はそろそろ頭打ち傾向にあり、今後は東へと広がりを見せていくに違いない。

(「インド発コロナ観戦記」は「観戦(感染)記」という意味で、インドに在住する作家で「ホテル・ラブ&ライフ」を経営しているモハンティ三智江さんが現地の新型コロナウイルスの実情について書いており、随時、掲載します。モハンティ三智江さんは福井県福井市生まれ、1987年にインドに移住し、翌1988年に現地男性(2019年秋に病死)と結婚、その後ホテルをオープン、文筆業との二足のわらじで、著書に「お気をつけてよい旅を!」(双葉社)、「インド人には、ご用心!」(三五館)などを刊行しており、感染していません。

また、息子はラッパーとしては、インドを代表するスターです。13億人超と中国に次ぐ世界第2位の人口大国、インド政府は3月24日に全28州と直轄領などを対象に、完全封鎖命令を発令し、25日0時から21日間、完全封鎖し、4月14日に5月3日まで延長し、5月1日に17日まで再延長、17日に5月31日まで延長し、31日をもって解除しました。これにより延べ67日間となりました。ただし、5月4日から段階的に制限を緩和しています。

8月6日現在、インドの感染者数は196万4536人、死亡者数が4万0699人、回復者が132万8336人、アメリカ、ブラジルに次いで3位になっています。州別の最新の数字の把握が難しく、著者の原稿のままを載せています。また、インドでは3月25日から4月14日までを「ロックダウン1.0」とし、4月14日から5月3日までを「ロックダウン2.0」、5月1日から17日までを「ロックダウン3.0」、18日から31日を「ロックダウン4.0」、6月1日から6月末まで「アンロックダウン(Unlockdown)1.0」、7月1日から「アンロックダウン2.0」と分類していますが、原稿では日本向けなので、すべてを「ロックダウン/アンロックダウン」と総称しています。

ただし、インド政府は5月30日に感染状況が深刻な封じ込めゾーンについては、6月30日までのロックダウンの延長を決め、著者が住むオディシャ州は独自に6月末までの延長を決め、その後も期限を決めずに延長しています。この政府の延長を「ロックダウン5.0」と分類しています。また、タージ・マハルも開放する方針を撤回して、引き続き閉鎖されています)

丸善丸の内で若手画家「COOL ART」展、板垣夏樹、井下彩乃、大前光輝ら

【銀座新聞ニュース=2020年8月10日】大手書籍販売グループの丸善CHIホールディングス(新宿区市谷左内町31-2)傘下の丸善ジュンク堂書店(中央区日本橋2-3-10)が運営する丸善・丸の内本店(千代田区丸の内1-6-4、丸の内オアゾ内、03-5288-8881)は8月12日から18日まで4階ギャラリーで「次世代の主役たちPART3 若手アーティストが夏を彩る COOL ART展」を開く。

丸善・丸の内本店で8月12日まで開かれる「次世代の主役たちパート(PART)3 若手アーティストが夏を彩る クールアート(COOL ART)展」に出品される北嶋勇佑さんの「モンステラ」(木版モノタイプ)。

さまざまなスタイルを持った若手アーティストおよそ20人以上がクール(COOL)で熱い作品を展示する。

今回の出品者は、1991年宮城県仙台市生まれ、2014年に宮城教育大学初等教育教員養成課程美術コースを卒業、東京芸術大学大学院美術研究科修士課程デザイン専攻に在学中の安藤俊己(あんどう・としき)さん、1991年岐阜県岐阜市生まれ、2013年に愛知県立芸術大学油画専攻を卒業の飯沼由貴(いいぬま・ゆき)さん、1990年 アルゼンチン生まれ、2016年に東京芸術大学美術学部絵画科日本画専攻を卒業、2018年に同大学大学院美術研究科絵画専攻日本画分野修士課程を修了した板垣夏樹(いたがき・なつき)さん。

1988年奈良県生まれ、2011年に大阪芸術大学スペースデザインコースを卒業した井下彩乃(いのした・あやの)さん、1984年福岡県生まれ、2007年に武蔵野美術大学造形学部油絵学科を卒業、2009年に武蔵野美術大学大学院美術専攻油絵コースを修了した今津奈鶴子(いまづ・なつこ)さん、愛知県立芸術大学日本画専攻を卒業したいろはあやのさん。

1990年大阪府生まれ、2014年に京都嵯峨芸術大学芸術学部造形学科油画分野を卒業した大前光輝(おおまえ・こうき)さん、1992年北海道生まれ、2017年に多摩美術大学絵画学科日本画専攻を卒業、2019年に同大学大学院美術研究科博士前期課程絵画専攻日本画研究領域を修了した片野莉乃(かたの・りの)さん、1989年神奈川県横浜市生まれの画家、川上沙織(かわかみ・さおり)さん。

1995年北海道生まれ、武蔵野美術大学造形学部日本画学科を卒業した久保田理世(くぼた・りせ)さん、1988年宮城県生まれ、2011年に東北生活文化大学生活美術学科卒業したしょうじこずえさん、1992年岐阜県生まれ、愛知県立芸術大学美術学部デザイン科を卒業、同大学大学院美術研究科デザイン領域を修了した高津(たかつ)ゆいさん。

1983年東京都生まれ、2006年に武蔵野美術大学造形学部デザイン情報学科を卒業したタカハシカオリさん、1997年大阪府生まれ、2020年に武蔵野美術大学造形学部日本画科を卒業、現在、同大学大学院修士課程美術専攻日本画コース在籍中の寺野葉(てらの・よう)さん、1989年北海道帯広市生まれ、2016年に女子美術大学美術学科日本画専攻を卒業した中嶋彩乃(なかじま・あやの)さん。

2013年に東京家政大学造形表現学科を卒業した藤田(ふじた)まりこさん、1986年佐賀県生まれ、慶応義塾大学文学部を卒業した藤原悠里(ふじわら・ゆうり)さん、1992年東京都生まれ、2018年に東京芸術大学絵画科日本画専攻を卒業、2020年に同大学大学院美術研究科文化財保存学専攻(保存修復油画)を修了した堀口晴名(ほりぐち・はるな)さん、

1990年大阪府八尾市生まれ、神戸芸術工科大学を卒業したマエダトシユキさん、1980年生まれ、神奈川県立上矢部高校普通科美術陶芸コースを卒業、2014年から中国上海剛泰美術館に画家として在籍している山崎和樹(やまざき・かずき)さんら、1987年群馬県生まれ、東京芸術大学日本画専攻を卒業した山崎美季(やまざき・みき)さん。

画家の吉田圭吾(よしだ・けいご)さん、1991年中国・湖南省生まれ、東京芸術大学大学院美術研究科デザイン専攻を修了した李光宗(りー・みつむね)さん、1989年東京都生まれ、2012年に武蔵野美術大学造形学部建築学科を卒業し、2014年に同大学大学院造形研究科修士課程美術専攻版画コースを修了し、現在、武蔵野美術大学芸術文化学科研究室助手の北嶋勇佑(きたじま・ゆうすけ)さんら。

開場時間は9時から21時(最終日は16時)まで。