阪急ホテル築地が会食すると1泊無料

【銀座新聞ニュース=2011年5月13日】阪急阪神ホールディングス(大阪市北区芝田1-16-1)グループの東京新阪急ホテル築地(中央区明石町8、聖路加ガーデン内、03-5550-5700)は5月1日から6月30日まで「お祝い会席スペシャル」を開催している。

32階の日本レストラン「明石」で親子、夫婦、カップルで昼食あるいは夕食で「祝い会席」を注文すると、無料で宿泊できるという5月の「母の日」や6月の第3日曜日の父の日を対象にした企画だ。

メニューは「先付」からはじまり、椀盛、お造り、「小鯛のけんちん焼」、煮物、酢物、食事、水菓子となっており、中身は当日の築地市場での仕入れ状況によって異なる。

メニューを考える料理長は高野雄二(たかの・ゆうじ)さんだ。高野雄二さんは高校卒業後、東京・千代田区の「紀尾井町福田家」など日本料理店で修業し、1994年に東京新阪急ホテル築地が開業した際に入社し、以来、18年に渡って料理長を務めている。

料金は食事代が1人8800円(税、サービス料込み)で、会食当日の宿泊費(ツインルーム、通常2人で3万6205円)が無料となる。花束、卓上花、ケーキ、乾杯用グラスシャンパンのいずれかひとつがつく。1日3組限定で2日前までに予約する。予約、問い合わせは「明石」(03-5550-5777)まで。

コメントは受け付けていません。