TOHO日本橋「進撃の巨人後編」で梶裕貴、石川由依ら挨拶

【銀座新聞ニュース=2015年6月11日】ポニーキャニオン(港区虎ノ門2-5-10.03-5521-8023)は6月27日からトーホー(TOHO)シネマズ日本橋(中央区日本橋室町2-3-1、コレド室町2、050-6868-5060)で「劇場版進撃の巨人後編-自由の翼」の初日に、梶裕貴さん、石川由依さんらによる舞台あいさつを開催する。

27日15時の回上映前に、監督の荒木哲郎(あらき・てつろう)さんをはじめ、主人公15歳の少年「エレン・イェーガー」の声優を務める梶裕貴(かじ・ゆうき)さん、「ミカサ・アッカーマン」役の声優、石川由依(いしかわ・ゆい)さん、「アルミン・アルレルト」役の声優、井上麻里奈(いのうえ・まりな)さんが舞台に登場してあいさつする。

「進撃の巨人」はマンガ家の諫山創(いさやま・はじめ)さんが2006年に講談社のMGP(マガジングランプリ)で佳作賞に選ばれたマンガ作品で、2011年に第35回講談社漫画賞少年部門を受賞している。

2009年10月号(創刊号)から「別冊少年マガジン」(講談社)に連載しており、「週刊少年マガジン」(講談社)でも出張読み切りとして特別編が2度掲載されている。単行本の発行部数は、2014年8月現在で累計4000万部を超えている。

2013年4月から9月まで毎日放送やTOKYO MXなどでテレビアニメが放送され、ライトノベル化やゲーム化も行なわれている。また、2015年夏に樋口真嗣(ひぐち ・しんじ)さんの監督、三浦春馬(みうら・はるま)さんの主演により実写化される予定となっている。

実写化の前に、テレビアニメの総集編を前後編2部作として公開する。「劇場版進撃の巨人」は2013年4月から9月にテレビで放送された全25話の総集編で、音声は新ダビングの5.1chリマスター、映像はブルーレイパッケージ用の修正版を使用し、テレビ版では未公開のシーンも追加されている。

2014年11月にTOHOシネマズ日本橋で上映された「劇場版進撃の巨人前編-紅蓮の弓矢」がテレビアニメ第1話から第13話までの総集編で、今回、上映する「劇場版進撃の巨人後編-自由の翼」は第14話から第25話までの総集編となる。

物語は前編が人を食らう謎の巨人に支配された世界で、人類は高さ50メートルの巨大な防壁を築き、その内側で暮らしていた。少年エレン・イェーガーは、まだ見ぬ外の世界を夢見ていたが、ある時、壁をも超える超大型巨人が出現し、その夢は打ち砕かれる。母親を目の前で巨人に食われてしまい、エレンは、怒りを胸に、巨人と戦う訓練兵団へ入団する。

後編は人類を襲う巨人たちを一匹残らず駆逐すると心に固く誓うエレンだったが、自身が突如として巨人化するという、驚くべき能力に目覚めてしまう。自分が何者なのかに葛藤しながらも、その力を巨人との戦いに使うエレン。そんな彼の前に、これまでの巨人とは明らかに異なる、知性を備えた女型の巨人が出現する。

荒木哲郎さんは1976年埼玉県狭山市生まれ、専修大学文学部人文学科を卒業、マッドハウスに入社、2001年から「ギャラクシーエンジェル」シリーズの絵コンテ、演出を担当し、2005年にOVA版「おとぎ銃士 赤ずきん」を初監督、2006年にテレビアニメ「デスノート(DEATH NOTE)」を監督、2011年に劇場版アニメ「桜の温度」で原画を担当した。

2012年に劇場版アニメ「ねらわれた学園」の演出を手がけ、2013年10月に「ニュータイプ(Newtype)×マチアソビ アニメアワード2013」で監督賞を受賞し、2014年に「東京アニメアワードフェスティバル 2014」で「アニメ オブ ザ イヤー部門」で監督賞に選ばれている。妻はアニメ制作会社「ゴンゾー(GONZO)」のスタッフ、肥田文(ひだ・あや)さん。

チケットは10日からチケットぴあを通じて最速抽選「いち早プレリザーブ」プレミアムなどを順次発売し、料金は全席指定で2000円均一。

コメントは受け付けていません。