吉井画廊でNYのP・マルコー展、玉川高島屋でも

【銀座新聞ニュース=2017年10月31日】ピーター・マルコさんの日本におけるライセンスエージェント業務を行っている「マルコアートジャパン株式会社」(島根県松江市北田町70-2、0852-67-3339、東京オフィス・新宿区早稲田鶴巻町554、双葉ビル、03-6228-0899)は10月30日から11月11日まで吉井画廊(中央区銀座8-4-25)でピーター・マルコさんによる個展を開いている。

11月11日まで吉井画廊で開催中のピーター・マルコさんの個展に展示されている「日本橋リービング・江戸スーパーファイナル・カラー(NIHONBASHI LEAVING EDO SUPER FINAL COLOR)」。

アメリカのポップアップ・アーティストのピーター・マルコ(Peter Marco)さんが新作を中心に作品を展示している。ピーター・マルコさんは「愛、平和、調和(Love,Peace&Harmony)」をテーマに生き物や植物をモチーフにしており、2001年の同時多発テロでは、当時のニューヨーク市長がピーター・マルコさんにニューヨーク市章をモチーフにした絵の制作を依頼、2003年6月に完成し、現在、ニューヨーク市庁舎に飾られている。

また、絵画だけでなく、時計ブランド「スウォッチ(SWATCH)」から発売された時計は、全世界で75万個を売り上げ、国際連合児童基金(ユニセフ) 、ファッションブランド「ヘザレット」や「エコーアンリミテッド」などさまざまな分野の団体や企業とコラボにより展開している。日本では2016年に島根県の友好大使に就任し、島根県を世界に広める活動を行っている。

ニューヨークのポップアートの旗手、ピーター・マルコさん。

ピーター・マルコさんは1967年アメリカ・ニューヨーク生まれ、1989年から創作活動をはじめ、街角やショップに描いた「ムラルス(MURALS、壁画)」が注目され、ニューヨークのポップアートの旗手と目されている。

また、11月1日から7日まで玉川高島屋(世田谷区玉川3-17-1)本館5階でも個展を開く。

3日にピーター・マルコさんによる絵画教室を開く。5日14時からサイン会を開く。会場で作品、関連商品を購入すると、ピーター・マルコさんが直筆でサインする。

吉井画廊の開場時間は10時から19時。入場は無料。

コメントは受け付けていません。