J.フロントが「BINO銀座」を明日開業、女性向け店舗中心に

【銀座新聞ニュース=2017年12月6日】大手百貨店グループのJ.フロントリテーリング(中央区銀座6-10-1、事務所・中央区八重洲2-1-1)は12月7日に複合商業施設「BINO銀座」(中央区銀座5-8-9)の第1期を開業する。

12月7日に一部の店が開業する複合商業施設「BINO銀座」。

旧松坂屋銀座店別館跡地を再開発したもので、敷地面積が596.26平方メートル(180.36坪)に、地下2階、地上6階建てのビル「ビーノ(BINO)銀座」を建て替え、12月7日に全11店舗のうち、7店舗が開業する。全店舗が開業するグランドオープンは2018年夏を予定している。

J.フロントリテーリングは2016年秋に大丸松坂屋百貨店内に「不動産事業部」を新設、グループで推進する「アーバンドミナント戦略」を進めている。遊休資産も含めた自社不動産の活性化と有効活用に取り組むのが目的で、4月に松坂屋銀座店跡地を含む2街区を一体開発した「ギンザシックス(GINZA SIX)」、11月4日に松坂屋上野店南館跡地に複合商業施設「上野フロンティアタワー」を開業した。

今回の「ビーノ銀座」は「ビューティー&ヘルス」をキーワードとした商業施設で、銀座エリア周辺の居住者、働く女性、銀座を訪れる母娘2世代に向けた、レストラン、カフェ、エステ、フィットネスなど、女性をサポートするショップ、施設を中心に店を誘致している。このため、「ビューティー・インサイド・アンド・アウト(Beauty Inside and Out)」をコンセプトにして、ビル名も「ビーノ」とした。

今回、開業するのは地下2階はフィットネスクラブの「フィールサイクル ギンザ(FEELCYCLE GINZA)」(0570-055-319)、1階はアパレルの「フォクシー リミテッド ストア(FOXEY Limited Store)」、2階はコーヒー店の「神乃珈琲(かんのこーひー)銀座店」、エステティックサロンの「クリニカルサロン シーズ・ラボ 銀座5丁目」(03-3575-4070)、歯科の「銀座アストラ歯科クリニック」(03-6263-9736)。

3階はパクチー専門の無国籍料理店「パクチー ジョーズ(PHAKCHI JO’S)」(050-5594-7357)、6階はインテリアショップの「マスターウォール ギンザ(MASTERWAL GINZA)」(03-6263-9705)の7店舗。

2018年1月に4階の神戸牛しゃぶしゃぶ店「おもき‐離れ‐銀座店」が開店する。

営業時間は店舗により異なり、店舗に確認を。

コメントは受け付けていません。