丸亀製麺晴海店等、夜なきうどんに「牛すき釜玉」、3日間特価で

【銀座新聞ニュース=2017年12月22日】「丸亀製麺」などを展開するトリドールホールディングス(東京本部・品川区大崎1-11-1、ゲートシティ大崎ウエストタワー、03-5436-7600)傘下のトリドールジャパン(同上)は12月24日から26日の3日間、「丸亀製麺晴海トリトン店」(中央区晴海1-8-16、晴海トリトン、03-3534-2533)など丸亀製麺全店で「きよしこの夜なきうどん」を発売する。

12月24日から26日の3日間、「丸亀製麺晴海トリトン店」など丸亀製麺全店で提供される「きよしこの夜なきうどん」のフライヤー。

今回販売するのは「牛すき釜玉」で、甘辛いすき焼きだれで牛肉を都度焼きし、茹でたて麺にのせて玉子をからめてある。通常税込640円(並、大は740円)を3日間限定で、400円(大は500円)で提供する。

中央区、千代田区、港区では、「晴海トリトン店」のほかに「日比谷帝劇ビル店」(千代田区丸の内3-1-1、帝劇ビル、03-3286-6330)、「カレッタ汐留店」(港区東新橋1-8-2、カレッタ汐留、03-3573-6550)がある。

トリドールホールディングスは1985年に焼鳥居酒屋「トリドール三番館」(兵庫県加古川市)を創業したのがはじまりで、1990年6月に「有限会社トリドールコーポレーション」を設立し(1995年10月に「株式会社トリドール」に改称し、2016年10月に持株会社「株式会社トリドールホールディングス」に商号変更)、2000年にセルフうどんの新業態「丸亀製麺加古川店」(兵庫県加古川市)を開店した。

2006年2月に東京証券取引所マザーズ市場に上場(2008年12月に東京証券取引所第1部に変更)、2010年7月にアメリカ・ハワイに海外子会社「トリドールUSA社」を設立、11月に香港に「東利多控股有限公司(現東利多和願有限公司)」を設立、12月に国内に500店舗を達成(全店直営)、2011年4月にハワイに海外1号店「マルカメウドンワイキキショップ」を出店した。

5月に丸亀製麺を全都道府県に出店、8月に丸亀製麺国内500店舗を達成、2012年1月に丸亀製麺タイ1号店をバンコクに出店、2月にロシア・モスクワに海外子会社「トリドールLLC」を設立、3月に丸亀製麺中国1号店を上海に出店、8月に韓国・ソウルに海外子会社「トリドールコリアコーポレーション」を設立した。

11月に東利多和頤有限公司の株式の63%を「ヘイ・グル-プホールディング社(HEYI GROUP HOLDING LIMITED)」に譲渡し、合弁にする。12月に台湾に海外子会社「台湾東利多」を設立、丸亀製麺韓国1号店をソウルに出店、2013年1月に丸亀製麺香港1号店、2月に丸亀製麺ロシア1号店をモスクワに、3月に丸亀製麺インドネシア1号店をジャカルタに、4月にアメリカと香港で外食事業を展開する「ドリーム・ダイニング社(DREAM DINING CORPORATION)」を買収し、グループ会社化し、丸亀製麺台湾1号店を台北に出店した。

2014年1月に丸亀製麺ベトナム1号店をホーチミンに、2015年5月にアメリカで「カヤ・ストリート・キッチン(Kaya Street Kitchen)」を運営する「ノム・ノム・エンタープライズ(Nom Nom Enterprise LLC)」に出資し、6月にヨーロッパを中心に17カ国でアジアン・ファストフード「ウォック・トゥ・ウォーク(WOK TO WALK)」を運営する会社「ウォック・トゥ・ウォーク・フランチャイズ(Wok to Walk Franchise B.V.」を買収し、グループ全体で世界1000店舗を達成した。

11月に丸亀製麺カンボジア1号店をプノンペンに出店、2016年5月に美と健康を提案するライフスタイルブランド「ソノコ(SONOKO)」を展開するソノコ(SONOKO)グループを100%子会社化し、11月にイタリアに「トリドール・イタリア」を設立、12月にロンドンのラーメンブランド「昇龍」をグループ会社化し、2017年7月に株式会社トリドールを株式会社トリドールジャパンに改称している。2017年3月末で1222店あり(2017年7月末で国内は892店)、社員が1077人、売上高(連結)が2017年3月期に前期比6.5%増の1018億円、営業利益が同1.3%減の86億円、純利益が同6.5%増の56億円。

夜なきうどんの提供時間は18時から閉店まで。

コメントは受け付けていません。