ヴァニラ画廊で猫将軍「神話や伝承の生物」展

【銀座新聞ニュース=2018年2月4日】ヴァニラ画廊(中央区銀座8-10-7、東成ビル、03-5568-1233)は2月6日から18日まで猫将軍さんによる個展「DUNGEON」を開く。

イラストレーターの猫将軍(ねこしょうぐん)さんは独創的でダイナミックな美学で、昆虫、動物、女性、宝石、食物などのモチーフを元に作品を描いており、今回は「ダンジョン(DUNGEON)RPG」をテーマに、神話や伝承の生物、それに纏わるモチーフを元に描いた新作を展示販売する。

ヴァニラ画廊で2月6日から18日まで開かれる猫将軍さんの個展「ダンジョン(DUNGEON)」のフライヤー。

猫将軍さんは1982年和歌山県生まれ、2004年にFM802の若手アーティスト発掘プロジェクト「ディグミーアウト(digmeout)」のオーディションを通過し、2006年に大阪で個展を開き、サンフランシスコなど海外でも活動し、2007年からニコニコ動画に「ライチ(laich)777」という名で、2次創作作品やその過程を動画として投稿し、氷室京介(ひむろ・きょうすけ)さんのアルバムCD「ウォリアーズ(WARRIORS)」のジャケットやロリポップチェーンソーのメインキャラクター、武器のデザインなどを手がけている。

10日、11日は猫将軍さんによるライブドローイングを開く。

開場時間は12時から19時(金曜日20時、土・日曜日・祝日17時)で、入場料500円。無休。

コメントは受け付けていません。