銀座ニコン階段に田中宣明の「カヌー競技」

【銀座新聞ニュース=2018年1月31日】カメラ大手のニコン(港区港南2-15-3、品川インターシティC棟、03-6433-3600)グループのニコンイメージングジャパン(住所・同、03-6718-3010)は2月1日から28日までニコンプラザ銀座(中央区銀座7-10-1、ストラータ ギンザ、03-5537-1469)内の階段フロアにある「銀座階段ギャラリー」で田中宣明さんの作品を展示する。

2月1日から28日までニコンプラザ銀座内の階段フロアにある「銀座階段ギャラリー」に展示される田中宣明さんのカヌー選手の川に挑んでいる場面を撮影した作品。

ニコンイメージングジャパンが毎月、プロの写真家の撮影した作品1点を展示するのが銀座階段ギャラリーで、2月はスーポーツ写真家で、国内のフィギュアスケートの公式写真家を務めている田中宣明(たなか・のぶあき)さんの「カヌー競技」で活躍する選手を撮影した作品を展示する。

田中宣明さんは1970年東京都生まれ、早稲田大学を卒業、東京ビジュアルアーツ写真学科スポーツフォト専攻に入学し、ジャパンスポーツの菅原正治(すがわら・まさはる)さんに師事し、「有限会社ジャパンスポーツ」に入社し、2015年からフリーで活動している。あらゆるスポーツを撮影するスポーツ写真家で、フィギュアスケートでは国内大会の公式写真家を務めている。

田中宣明さん

開場時間は10時30分から18時30分(最終日は15時)。入場は無料。

コメントは受け付けていません。