「プレフラ」串カツ田中、串カツ全品100円

(2月23日の「プレミアムフライデー」については、イベントのみを載せ、詳細と画像は省きます。詳細は各店舗まで)
【銀座新聞ニュース=2018年2月21日】株式会社串カツ田中(品川区東五反田1-7-6、藤和東五反田ビル)は2月23日15時から「串カツ田中銀座店」(中央区銀座7-3-13、03-6264-5094)など全店(一部除く)で串カツ全品を100円で提供する。

串カツ田中は2017年2月から導入されたプレミアムフライデーに、営業開始時間を早めるとともに、1日限定商品などを投入してきた。今回は、15時から閉店時間まで通常、100円から200円の約30種類の串カツ全品を1本100円(税別)で提供する。

今回は「串カツソースの二度づけ禁止」のスタイルや二度づけしたくなったらキャベツでソースをすくうなどの大阪流の食文化を知ってもらうことも考えており、「手作りたこ焼き」や「大阪発祥グルメ」などのお勧めも強化する。

このため、大阪・鶴橋発祥といわれる「ちりとり鍋」(1人前637円、2人前から)、大阪・河内名物「さいぼし(馬肉の燻製)」(626円)、 出汁入りなのでソースなしで食べられる「手作りたこ焼き」(20個で529円)、ホルモンの油かすで、コラーゲンが入っている大阪名物「かすうどん」(691円)なども提供する。

また、24日から28日まで18時までに来店すると、串カツ全品を100円で提供する。

同店での串カツの通常価格はじゃがいも、タナネギなどの100円、紅ショウガ、串カツ牛などの120円、バナナ、アジフライなどの150円、エビ、カキなどの200円がある。

通常の営業時間は平日16時から2時(金曜日は5時)、土・日曜日、祝日14時から2時まで。

コメントは受け付けていません。