ヴァニラ画廊で安蘭「心の中の聖所」展、アネモネの演奏も

【銀座新聞ニュース=2018年2月18日】ヴァニラ画廊(中央区銀座8-10-7、東成ビル、03-5568-1233)は2月20日から3月4日まで安蘭さんによる個展「Sanctum」を開く。

ヴァニラ画廊で2月20日から3月4日まで開かれる安蘭さんの個展「サンクタム(Sanctum)」に出品される作品。

「耽美(たんび)画家」を自称する安蘭(あらん)さんが「サンクタム(Sanctum)」と題して新作などを展示する。安蘭さんによると、「サンクタム」は「聖所」や「自分だけの私室」あるいは「神聖な場所」という英語で、聖所は聖書では聖櫃(せいひつ)の置かれた神殿であり、痛みや哀しみを受け止める心の場所という意味を持つとしている。

「儚(はかな)さや傷みや哀しみを受容する中で静かに存在する美。わたくしの制作において不変的なテーマ」という。「心の場所、ひとりひとりが心の中に内包する自分だけの聖所。そこに作品たちが寄り添い、呼応するようなものになればと願って」いる。

安蘭さんは、イベント、コンペへの参加などを経て、2008年に東京・新宿で個展、2009年にヴァニラ画廊のグループ展に参加、原宿で個展、2010年にオーストラリアでグループ展、ヴァニラ画廊でグループ展、2011年に雨宮里江(あまみや・りえ)さんと「二人展-花蝶月香」、2012年、2013年、2015年にヴァニラ画廊で個展などを開き、2016年に「バロック・パール巡回展」を開いている。

24日17時から19時までレセプションパーティー「サロンサンクチュム(Sanctum)-森の宴」を開く。バニラさんとやすさんによるユニット「アネモネ」とピアノ奏者の吉岡寿之(よしおか・ひさゆき)さんが演奏する。執事の美少女(びしょうじょ)さんも出演する。入場料はワンドリンク付で500円。参加は自由。

開場時間は12時から19時(土・日曜日17時)まで。入場料は500円。

コメントは受け付けていません。