トリップ航空ランク、1位シンガポール、2位NZ、3位エミレーツ

【銀座新聞ニュース=2018年4月10日】大手旅行サイトのトリップアドバイザー(渋谷区恵比寿4-20-3、恵比寿ガーデンプレイス、03-4510-3100)はこのほど、「トラベラーズチョイス世界の人気エアライン2018」を発表した。

トリップアドバイザーの「トラベラーズチョイス世界の人気エアライン2018」で1位に選ばれた「シンガポール航空」。

「トラベラーズチョイス世界の人気エアライン」は、2017年より新たに発表されたアワードで、今回は2017年2月から2018年2月の1年間にトリップアドバイザー上に投稿された航空会社に関する口コミの数と評価をもとに、独自のアルゴリズムで集計、ランキング化し、世界各国から69社の航空会社が選ばれている。

世界のベストトップ10エアラインランキング、ヨーロッパ、北アメリカ、中東、アジア、南太平洋&オセアニア、アフリカ&インド洋など7つの地域における人気の航空会社を発表している。また、サービスレベルを基準としてファーストクラスやビジネスクラス、プレミアムエコノミークラス、エコノミークラスといったカテゴリー別による発表も行っている。

2位の「ニュージーランド航空」。

「世界のベストエアライントップ(Top)10」の1位は前回2位だった「シンガポール航空」が選ばれた。口コミでは「最高のクルー、最高の機内食、最高のエンターテインメント、最高のカスタマーサービス。いつも礼儀正しく親切で、これといったトラブルもなく、そしてリーズナブルな運賃。いつだってシンガポール航空を使っています。他も試しましたが、やっぱりここが一番ですね! 他の航空会社にも見倣ってほしい!」といった称賛する声が寄せられた。

3位の「エミレーツ航空」。

2位には「ニュージーランド航空」が選ばれた。口コミでは「ニュージーランド航空で体験したすばらしいカスタマーサービスは、他の航空会社にも見倣ってほしいほど」という意見があった。

3位には前回1位のアラブ首長国連邦(UAE)の「エミレーツ航空」が下がった。しかし、口コミでは「これまででもっともよかった旅行の1つです。飛行機は清潔で、美しく、快適。エミレーツ航空に感謝です」と高い評価を獲得している。

4位は前回7位だった「日本航空」で、大幅にランクが上がった。口コミでは「期待通りの素晴らしいサービスでした!!!ひじょうに礼儀正しくプロフェッショナルなフライトアテンダントが、乗客のさまざまなニーズにいつでも対応してくれます!心地よいシート、おいしい機内食、とても清潔な客室!!!」といった高評価だった。

5位は台湾の「エバー航空」が10位以内に入った。口コミでは、「エバー航空は最初から最後まで完璧なサービスを提供してくれます。フライトアテンダントは常に気を配っていて感じがよく、必要な時にすぐに対応してくれます。機内は清潔で、とても快適です。」といった声があった。

また、日本のベストエアラインには「日本航空」が選ばれた。

世界のベストエアライントップ10 2018(カッコ内は2017年)
1位(2位) シンガポール航空(シンガポール)
2位(5位) ニュージーランド航空(ニュージーランド)
3位(1位) エミレーツ航空(UAE)
4位(7位) 日本航空(日本)
5位(外)  エバー航空(台湾)
6位(外)  サウスウエスト航空(アメリカ)
7位(外)  ジェットツー・コム(Jet2.com、英国)
8位(外)  カタール航空(カタール)
9位(3位) アズールブラジル航空(ブラジル)
10位(6位) 大韓航空(韓国)

世界のベストサービスエアライン(クラス別、カッコ内は2017年)
●ベストファーストクラス シンガポール航空(エミレーツ航空)
●ベストビジネスクラス  カタール航空(アエロフロート)
●ベストプレミアムエコノミークラス ニュージーランド航空(NZ航空)
●ベストエコノミークラス シンガポール航空(エミレーツ航空)

コメントは受け付けていません。