東映「孤狼の血」役所広司、真木よう子ら挨拶

【銀座新聞ニュース=2018年4月30日】大手映画配給会社で、国内映画業界第2位の東映(中央区銀座3-2-17、03-3535-4641)は5月12日から丸の内TOEI(中央区銀座3-2-17、03-3535-4741)で一般公開する「孤狼の血」の初日に役所広司さん、松坂桃李さんが舞台挨拶する。

5月12日から一般公開される「孤狼の血」((C)2018「孤狼の血」製作委員会)。

12日9時の回上映終了後と12時30分の回上映前に、監督の白石和彌(しらいし・かずや)さんをはじめ、呉原東署刑事「大上章吾」役の役所広司(やくしょ・こうじ)さん、呉原東署刑事で大上班のメンバー「日岡秀一」役の松坂桃李(まつざか・とおり)さん、尾谷組若頭「一之瀬守孝」役の江口洋介(えぐち・ようすけ)さん、クラブ梨子のママ「高木里佳子」役の真木よう子(まき・ようこ)さん。

加古村組の組員「吉田滋」役の音尾琢真(おとお・たくま)さん、尾谷組の組員「永川恭二」役の中村倫也(なかむら・ともや)さん、薬剤師「岡田桃子」役の阿部純子(あべ・じゅんこ)さん、原作者の柚月裕子(ゆづき・ゆうこ)さんが舞台に登場してあいさつする。

「孤狼の血」は2008年に「臨床真理」で「このミステリーがすごい!」大賞で大賞を受賞した柚月裕子さんが2016年に直木賞候補となった同名の作品が原作で、日本推理作家協会賞を受賞した。広島の架空都市・呉原を舞台に、「警察小説×『仁義なき戦い』」と評された。

物語は昭和63年、暴力団対策法成立直前の広島・呉原で地場の暴力団・尾谷組と新たに進出してきた広島の巨大組織・五十子会系の加古村組の抗争がくすぶり始める中、加古村組関連の金融会社社員が失踪するところからはじまる。

所轄署に配属となった新人刑事・日岡秀一は、暴力団との癒着を噂されるベテラン刑事・大上章吾とともに事件の捜査にあたるが、この失踪事件を契機に尾谷組と加古村組の抗争が激化していく。

ウイキペディアによると、白石和弥さんは1974年北海道旭川市生まれ、北海道旭川西高校を卒業、1995年に中村幻児(なかむら・げんじ)さんの映像塾に参加し、以後、若松孝二(わかまつ・こうじ、1936-2012)に師事し、フリーの演出部として行定勲(ゆきさだ・いさお)さん、犬童一心(いぬどう・いっしん)さんの監督の作品に参加した。

2009年に「ロストパラダイス・イン・トーキョー」で長編映画監督としてデビューした。2013年に「凶悪」、2016年に「日本で一番悪い奴ら」や「牝猫たち」、2017年に「彼女がその名を知らない鳥たち」などを監督して手がけている。

チケットはチケットぴあを通じて、最速抽選、プレミアムを受付中で、1日11時締め切り。先行抽選も受付中で、2日11時締め切り。3日10時から一般発売する。料金は全席指定で2000円均一。作品は「R15+」(15歳以上が鑑賞できる)。

注:「白石和弥」の「弥」は正しくは旧漢字です。名詞は原則として現代漢字(常用漢字)を使用しています。

コメントは受け付けていません。