丸の内ハウスでビアテラス、9店300種のメニュー

【銀座新聞ニュース=2018年5月30日】不動産業界国内2位の三菱地所(千代田区大手町1-1-1、大手町パークビル、03-3287-5100)は6月1日から9月28日まで新丸ビル7階の飲食店ゾーンの丸の内ハウス(千代田区丸の内1-5-1、新丸ビル7階)で「ビアテラスin丸の内ハウス2018」を開く。

「ビアテラスイン(in)丸の内ハウス2018」で提供されるビールとうま辛メニュー。

「街のゲストハウス」をテーマにイタリアン、和食、和洋食、中華など9つのレストランやバーを構える「丸の内ハウス」が2016年から恒例となっている、ビアテラスを2018年も開く。2017年12月に全面オープンした丸の内駅前広場も眺められる。

特製のビールジョッキーに、唐辛子を使ったホットなメニューから、ゆずこしょうやわさびを使ったピリ辛メニューまで、約36種類のうま辛メニューと、各店内で提供している約300種類以上のメニューもテラスで食べられる。また、各店で注文した料理は、出来上がると受信機を通じて呼び出す「リプライコール」を導入している。

店舗はダイニングの「ソー・タイアード(SO TIRED)」、欧風小皿料理の「沢村」、喫茶、バーの「来夢来人」、そばなどの「ソバキチ」、ラウンジダイニングの「ヘンリー・グッド・セブン(HENRY GOOD SEVEN)」。

和食酒場の「文史郎」、バーの「現バー」、無国籍料理の「ムスムス(MUS MUS)」、スパニッシュイタリアンの「リゴレット・ワイン・アンド・バー(RIGOLETTO WINE AND BAR)」。

そのほか、毎週金曜日はギターの流しやディスクジョッキーの放送もある。

テラス席の営業時間は11時から23時(金曜日は24時)。フロア内のレストランなどは平日4時まで営業している。

コメントは受け付けていません。