丸善丸の内で島田猛「作陶」展

【銀座新聞ニュース=2018年5月30日】大手書籍販売グループの丸善CHIホールディングス(新宿区市谷左内町31-2)傘下の丸善ジュンク堂書店(中央区日本橋2-3-10)が運営する丸善・丸の内本店(千代田区丸の内1-6-4、丸の内オアゾ内、03-5288-8881)は5月30日から6月5日まで4階文具売場で島田猛さんによる作陶展を開いている。

丸善・丸の内本店で6月5日まで開かれている島田猛さんの作陶展に出品されている花器。

陶芸家の島田猛(しまだ・たけし)さんが焼締(やきしめ)、灰釉(かいゆう)など伝統的な作風から、現代の造形による作品まで、さまざまな手法で制作した草花紋の花器、陶筥(とうばこ)や鉄赤釉(てつあかゆう)を使った食器や茶陶などを展示販売している。

島田猛さんは1956年長崎県生まれ、およそ4年間、アメリカ・カリフォルニア州に遊学、サンフランシスコのカルチャーセンターで「陶芸」を学び、帰国後、独学で陶芸を勉強し、1986年に西葛西陶芸教室を主宰、1990年に陶芸工房「陶心」にて築窯、伝統工芸展で入選(以後11回入選)、日本伝統工芸展で入選、1991年に千葉県展知事賞、2003年に千葉県展八街市長賞、2004年に千葉県美術会員に推挙され、2013年と2015年に陶美展で入選している。

開場時間は9時から21時(最終日は17時)。

コメントは受け付けていません。