リコー画廊で若手写真家展、田中紘子、藤倉匠ら5人

【銀座新聞ニュース=2018年6月19日】国内最大のOA機器メーカーのリコー(中央区銀座8-13-1、03-6278-2111)グループのリコーイメージング(大田区中馬込1-3-6)が運営するギャラリー「リコーイメージングスクエア銀座」(中央区銀座5-7-2、三愛ドリームセンター、03-3289-1521)は6月20日から7月22日まで8階ギャラリーゾーン「A.W.P」で「『A.W.P Selection 2018』‐次世代を担う写真家たち」を開く。

リコーイメージングスクエア銀座で6月20日から7月22日まで開かれる「『A.W.P セレクション(Selection)2018』‐次世代を担う写真家たち」に展示される佐々木俊明さんの作品。

A.W.Pでは、完成された著名な写真家たちの作品を扱うだけでなく、名前を知られていない、これからの時代を担っていくと期待される写真家を紹介することも役割のひとつと考えており、2015年まで「名もなき者たち」と題し、催してきた企画について2016年から「A.W.Pセレクション(Selection)」と変えて、これからの時代を担うと期待される5、6人の若手写真家の作品を紹介している。また、作品も販売している。

今回は佐々木俊明(ささき・としあき)さん、田中紘子(たなか・ひろこ)さん、萩原(はぎわら)よしてるさん、藤倉匠(ふじくら・たくみ)さん、渡辺遼(わたなべ・りょう)さん、トーマス・H・ハラ(Tomas H.Hara)さんの6人の作品35点を展示する。

佐々木俊明さんは神奈川県生まれ、2013年に個展を開き、2015年に「第16回御苗場」に参加、「フォトニコ2015」にも出品している。

田中紘子さんは1979年福岡県生まれ、2013年から撮影活動をはじめ、2017年から東京を拠点に活動している。2018年2月に「めざせ個展」展で準グランプリ、3月に「御苗場2018」に出品、スポンサー賞などのノミネートされる。

同じく田中紘子さんの作品。

萩原よしてるさんは1987年生まれ、2011年に英国にわたり、写真家として活動、現在、東京を拠点に活動している。

藤倉匠さんは1981年宮城県生まれ、2000年に写真表現に出会い、2002年に東北学院大学経済学部経済学科を卒業、2004年に広告代理店でデザインを学び、2017年に安曇野ビンサンチ美術館で個展を開く。

渡辺遼さんは1992年栃木県生まれ、2011年に独学で写真を学び、同年に青森県の大学に進学、2012年から青森県の自然風景を撮影している。2018年3月に「御苗場2018」に出品、風景写真賞を受賞している。

同じく萩原よしてるさんの作品。

トーマス・H・ハラさんは1987年アルゼンチン・ブエノスアイレス生まれ、2011年にトルキュアート・ディ・テラ(Torcuato Di Tella)大学経済・経営学部を卒業、卒業に東京に移住、2016年に「東京カメラ部2016写真コンテスト」インスタグラム部門で入選(2017年、2018年にも入選)、「第19回御苗場関西」に出展、2018年に「御苗場2018」に出品、レビュアー賞を受賞している。

開場時間は11時から19時(最終日は16時)。毎週火曜日が定休。入場料は510円(税込)。

注:「渡辺遼」の「辺」は正しくは旧漢字です。名詞は原則として現代漢字(常用漢字)を使用しています。

コメントは受け付けていません。