東宝18上半期映画、コナン3年連続1位、2位ドラえもん

【銀座新聞ニュース=2018年7月26日】阪急阪神東宝グループで、国内映画業界首位の東宝(千代田区有楽町1-2-2、03-3591-1221)はこのほど、2018年上半期の映画作品別興行収入を発表した。

東宝配給作品の中で、2018年上半期で3年連続で1位になった「名探偵コナン ゼロの執行人」((C)2018青山剛昌/名探偵コナン製作委員会)。

2017年11月の正月作品から2018年6月までに東宝が配給した作品の興行収入が10億円以上の作品をまとめたもので、2018年は9本(2017年13本、2016年16本、2015年18本、2014年13本)で、2017年よりも4本減少し、3年連続で減っている。

最高額は「名探偵コナン ゼロの執行人」の86億3000万円(上映中で、7月22日時点、2017年は1位が「名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)」の68億7000万円、2016年は1位が「名探偵コナン 純黒の悪夢」の63億1000万円)で、3年連続で「名探偵コナン」が首位を占めた。

2位が「映画ドラえもん のび太の宝島」の53億7000万円(2017年2位は「映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険」の44億3000万円、2016年が2位は「映画 妖怪ウォッチ エンマ大王と5つの物語だニャン!」の55億30000万円)で2年連続で2位だった。

3位が「デスティニー(DESTINY)鎌倉ものがたり」の32億1000万円(2017年は3位が「映画 妖怪ウォッチ 空飛ぶクジラとダブル世界の大冒険だニャン!」の32億6000万円、2016年が「信長協奏曲 ノブナガコンツェルト」の46億1000万円)だった。

1位から9位は以下のとおり(カッコ内は金額で、単位は億円)。

1位 名探偵コナン ゼロの執行人(86.3)
2位 映画ドラえもん のび太の宝島(53.7)
3位 デスティニー(DESTINY)鎌倉ものがたり(32.1)
4位 映画 妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活(20.4)
5位 映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ-拉麺大乱(18.3)
6位 ちはやふる-結び(17.3)
7位 空海-KU-KAI(17.0)
8位 祈りの幕が下りる時(15.9)
9位 ラプラスの魔女(13.8)

コメントは受け付けていません。