ヴァニラ画廊でスズキエイミ初画集刊行記念展

【銀座新聞ニュース=2018年8月5日】ヴァニラ画廊(中央区銀座8-10-7、東成ビル、03-5568-1233)は8月7日から12日までスズキエイミさんによる「Eimi’s anARTomy 101」を開く。

ヴァニラ画廊で8月7日から12日まで開かれるスズキエイミさんの「エイミズ・アン・アートミー(Eimi’s anARTomy 101)」のフライヤー。

彫金、コラージュ作家のスズキエイミ(すずき・えいみ)さんがフランスのタイムレス(TIMELESS)社から初画集「エイミズ・アン・アートミー(Eimi’s anARTomy)101」(日本円で税別2300円)が発刊されたことから、初めてのコラージュ作品による個展を開く。

「エイミズ・アン・アートミー101」は女性、肉体、臓器といった「私が美しいと思うものが融合し、新たな美として昇華したコラージュの数々」を掲載している。

スズキエイミさんは1993年生まれ、文化学園大学生活造形学科ジュエリー・メタルワークコースを卒業しており、人体や生物、解剖学的モチーフに独自の解釈を加え、ジュエリーやオブジェを制作し、名画を異なる角度から読み解くコラージュ作品も発表している。

2013年に第2回「絆 ジュエリー展」で入賞、2014年にヴァニラマニアで個展、第5回「帯留公募コンテスト応募作品展」で最優秀賞、2015年に第44回「伝統工芸日本金工展21+部門」で入選している。

開場時間は12時から19時(金曜日20時、土曜日17時)まで。日曜日は休み。入場料は500円。

コメントは受け付けていません。