リコー、三愛ビルにPMで「花火」

【銀座新聞ニュース=2018年8月13日】国内最大のOA機器メーカーのリコー(中央区銀座8-13-1、03-6278-2111)は9月16日まで「三愛ドリームセンター」(中央区銀座5-7-2、三愛ドリームセンタービル)にプロジェクションマッピングによる「花火」をテーマにした作品を投影している。

9月16日まで三愛ドリームセンタービルにプロジェクションマッピングによって投影されている「花火」。

リコーが自社の11.7センチの超至近距離から48型の投影が可能な、リコー製の超短焦点プロ超短焦点プロジェクター80台を活用したプロジェクションマッピング(PM)で、全面ガラス張りという三愛ドリームセンタービルの窓ガラスを活用して、花火が打ち上げられる幻想的な世界観を創り出している。

三愛ドリームセンタービルは、リコーの創業者、市村清(いちむら・きよし、1900-1968)によりリコー三愛グループのシンボルとして、1963年1月にオープンし、2017年12月からプロジェクションマッピングを使って幻想的な世界観を演出してきた。

また、今回はデジタル映像アーティスト集団「ワウ(WOW)」が制作し、独特な形状の本ビルのデザイン性を最大限に活かした映像演出を行っている。

ウイキペディアによると、ビル屋上の広告は1963年の開業時から三菱電機が広告主となり、1990年5月に三愛の自社広告に変更されるまで30年近く存在した。1994年12月からコカ・コーラ、2000年3月からサントリー、2004年3月からボーダフォン(現ソフトバンクモバイル)と広告主が変わり、2006年12月から三愛の親会社、リコーが広告主になっている。

投影時間は19時から23時30分。1回7分程度で30分ごとに投影している。

コメントは受け付けていません。