日比谷「アニマエール」先行上映、尾崎由香ら挨拶

【銀座新聞ニュース=2018年9月10日】阪急阪神東宝グループで、映画の制作配給、演劇の興行などの国内最大手、東宝(千代田区有楽町1-2-2、東宝日比谷ビル、03-3591-1221)内でアニメなどの制作・販売を手掛けるTOHO animation(同)は9月30日16時からTOHOシネマズ日比谷(千代田区有楽町1-1-2、東京ミッドタウン日比谷、050-6868-5068)で「アニマエール!」の先行上映会を開く。

10月7日からテレビで放送されるアニメ「アニマエール!」((C)卯花つかさ・芳文社/アニマエール!製作委員会)。

「アニマエール!」は、マンガ家の卯花(うはな)つかささんがマンガ誌「まんがタイムきららキャラット」(芳文社)にて2016年4月号から連載している4コママンガが原作で、アニメが2018年10月7日からトウキョウ(TOKYO)MXテレビで放送される。監督は佐藤雅子(さとう・まさこ)さんが務めている。

その第1話と第2話を30日16時から劇場で上映し、終了後に主人公で神ノ木高校1年生でチア同好会に入る「鳩谷こはね」の声優を務めた尾崎由香(おざき・ゆか)さん、鳩谷こはねの同級生「有馬ひづめ」役の山田唯菜(やまだ・ゆいな)さん、鳩谷こはねの同級生の幼馴染でクラスメイトでチア同好会に入る「猿渡宇希」役の井沢美香子(いざわ・みかこ)さん。

鳩谷こはねのクラスメイトでチア同好会に入る「舘島虎徹」役の楠木(くすのき)ともりさん、有馬ひづめの元チームメイトで、チア同好会に入る「牛久花和」役の白石晴香(しらいし・はるか)さん、鳩谷こはねたちの担任「犬養先生」役の松井恵理子(まつい・えりこ)さんが舞台に登場してあいさつする。

物語は人の力になることが大好きな「鳩谷こはね」が、中学の終わりに出会ったチアに魅了され、高校で経験者の有馬ひづめや幼馴染の猿渡宇希と共にチア同好会を立ちあげ、ポジティブで一生懸命な彼女たちのチアが今日も誰かを元気づける。

チケットは先行プレリザーブがチケットぴあを通じて発売中で、10日11時締め切り。15日11時から一般発売する。料金は2000円均一。

注:「井沢美香子」の「沢」は正しくは旧漢字です。名詞は原則として現代漢字(常用漢字)を使用しています。

コメントは受け付けていません。