まぐろ漁業団新橋等で「ぶつ盛り放題」トッピング3種199円

【銀座新聞ニュース=2018年10月8日】和食チェーン店「和民」などを展開するワタミ(大田区羽田1-1-3、大鳥居京急第一ビル、03-5737-2288)は10月10日から31日までまぐろ料理専門店「ニッポンまぐろ漁業団新橋店」(港区新橋2-14-3、新橋レンガ通り会館、03-3539-4035)など「ニッポンまぐろ漁業団」全店で「天然まぐろぶつ盛り放題」を提供する。

「ニッポンまぐろ漁業団」全店で10月10日から31日までトッピング込み1パターン199円で提供される「天然まぐろぶつ盛り放題」。まぐろのぶつ切りのほかに、いろいろなトッピングから3種類を選ぶと199円で食べられる。

「ニッポンまぐろ漁業団新宿西口店」(新宿区西新宿1-13-1、今佐ビル3階、03-5737-8661)が15日に開店するのを記念して、10日から31日まで「ニッポンまぐろ漁業団」全4店(新宿店は15日から)で「天然まぐろぶつ盛り放題」を注文すると、用意したトッピングの中から、1パターン・3種類のトッピングの組み合わせごとに199円(税別)で提供する。

トッピングの組み合わせは100パターン以上にのぼり、定番の味や意外な組み合わせ、高級食材を使用した今まで試したことのない組み合わせなどさまざまなまぐろのアレンジを楽しめるとしている。

また、1日から31日まで市場価格800円相当の「天然まぐろぶつ盛り放題」を開店時間から19時まで96円(税込、トッピングなし)で提供する「マジで96円!?キャンペーン」を実施している。

さらに、10日の「まぐろの日」に、新橋店など3店で「まぐろの競りイベント」を実施する。まぐろの中落ち、まぐろのカマトロなどを競りにかけ、落札した人が食べられる。

「ニッポンまぐろ漁業団」は日本籍漁船が釣り上げた天然まぐろを中心に使用した料理を提供する専門居酒屋で、2015年9月に「新橋店」を開店し、現在、東京都内に「新橋店」のほか「浜松町店」と「錦糸町店」があり、10月15日に「新宿西口店」が開店する。

ワタミは2014年3月期に売上高1631億5500万円、営業利益が29億4600万円、経常利益が21億3300万円、純損失が49億1200万円だったのが、2018年3月期に売上高964億5800万円(前期比3.8%減)、営業利益が6億5600万円(同360.4%増)、経常利益が16億3600万円(同228.2%増)、純利益が1億5000万円(前期は18億3300万円の純損失)だった。

売上高は40%減、営業利益が約5分の1に減少し、経常利益も24%減だが、純損益は黒字化している。2017年4月現在の国内の飲食店の店舗数は477店。

営業時間は17時(月末金曜日15時)から24時(金曜日、祝日前日3時)。日曜日は定休。

コメントは受け付けていません。