丸善丸の内でくまあやこ「猫の町の本屋さん」原画展

【銀座新聞ニュース=2018年10月31日】大手書籍販売グループの丸善CHIホールディングス(新宿区市谷左内町31-2)傘下の丸善ジュンク堂書店(中央区日本橋2-3-10)が運営する丸善・丸の内本店(千代田区丸の内1-6-4、丸の内オアゾ、03-5288-8881)は11月1日から21日まで3階児童書売場壁面ギャラリーで、くまあやこさんによる「ねこの町の本屋さん ゆうやけ図書館のなぞ」原画展を開く。

丸善・丸の内本店で11月1日から21日まで開かれるくまあやこさんの「ねこの町の本屋さん ゆうやけ図書館のなぞ」原画展に展示される表紙。

イラストレーターで、絵本作家のくまあやこさんが絵を手がけた「ねこの町の本屋さん ゆうやけ図書館のなぞ」(文章は小手鞠=こでまり=るいさん、講談社、税別1200円)が9月13日に刊行されたのを記念して、原画展を開く。

「ねこの町の本屋さん ゆうやけ図書館のなぞ」はねこの町で、子どものための本屋さんを開いたクララさんだが、開店してもお客が来ない。ある日、犬の村にある「ゆうやけ図書館」では子どもたちが本に夢中になっているとのうわさを聞いて、様子を見に行ってみると・・・。

くまあやこさんは神奈川県生まれ、中央大学ドイツ文学専攻を卒業、イラストレーション青山塾ドローイング科を修了、灘本唯人(なだもと・ただひと、1926-2016)塾で絵を学び、犬をモチーフにした絵を描き、アクリル絵具、色鉛筆などによる混合技法で制作している。2004年より銅版画(エッチング・アクアチント)でも制作している。

書籍のさし絵や装画などを手がけており、第4回TIS公募展で入選(第8回で入選し、網中=あみなか=いづる賞、メグホソキ賞、第9回で入選し、南伸坊=みなみ・しんぼう=賞、五月女ケイ子=そおとめ・けいこ=賞)、2005年にHBファイルコンペ2005で副田高行(そえだ・たかゆき)特別賞、装画を描くコンペティションで作田えつ子(さくた・えつこ)賞を受賞している。また、絵本「そだててあそぼう『マンゴーの絵本』」や「きみといっしょに」、詩画集「犬ト詩ウ」などを刊行している。

10日15時30分からくまあやこさんによるワークショップを開き、16時から小手鞠るいさんとくまあやこさんによるサイン会を開く。ワークショップの参加は自由で、サイン会は対象書籍を購入すると、先着50人に整理券を配布する。

開場時間は9時から21時(最終日は20時)。

コメントは受け付けていません。