日比谷「どろろ」声優の鈴木拡樹と鈴木梨央がトーク

【銀座新聞ニュース=2018年11月19日】アニメ制作会社の手塚プロダクション(新宿区高田馬場4-32-11)とMAPPA(杉並区天沼2-3-9、朝日生命杉並ビル)は12月15日にTOHOシネマズ日比谷(千代田区有楽町1-1-3、東京ミッドタウン日比谷、050-6868-5068)で「どろろ」の先行上映会を開く。

2019年1月からテレビ放映される「どろろ」((C) 手塚プロダクション/ツインエンジン)。

2019年1月からテレビで放送されるアニメ「どろろ」第1話と第2話を12月15日に先行して上映し、15時45分の回と17時30分の回上映終了後に、主人公の「百鬼丸」の声優を担当している鈴木拡樹(すずき・ひろき)さん、「どろろ」の声優、鈴木梨央(すずき・りお)さんが舞台に登場してトークショーを開く。

「どろろ」は手塚治虫(てづか・おさむ、1928-1989)が「週刊少年サンデー」に1967年8月27日号から1968年7月21日号まで連載し、「冒険王」に1969年5月号から10月号まで連載してマンガが原作で、その後、サンデーコミックスとして、全4巻が刊行されている。

1969年4月から9月までフジテレビ系でアニメが放送され、2007年に実写化されている。今回が2度目のテレビアニメ化になる。2019年3月には舞台化され、鈴木拡樹さんと鈴木梨央さんが出演する。

物語は戦国時代、醍醐の国の主である景光が、ある寺のお堂で12体の鬼神像に領土の繁栄を願い出、それと引き換えに生まれた景光の世継ぎは身体のあちこちが欠けており、忌み子として、そのまま川に流され、捨てられてしまう。

時は流れ、鬼神は景光との約定を果たし、国には平安が訪れた。そんなある日「どろろ」という幼い盗賊は、ある男に出会う。それは、鬼か人か。両腕に刀を仕込む全身作り物の男「百鬼丸」は、その見えない瞳で襲い来る化け物を見据えていた。

チケットはチケットぴあを通じて7日0時から先行プレリザーブを販売し、21日23時59分が締め切り。12月1日10時から一般発売する。料金は3500円均一。

コメントは受け付けていません。