東映「愛唄」完成上映、横浜流星、清原果耶ら舞台挨拶

【銀座新聞ニュース=2018年11月28日】大手映画配給会社で、国内映画業界第2位の東映(中央区銀座3-2-17、03-3535-4641)は12月10日に丸の内TOEI(中央区銀座3-2-17、03-3535-4741)で「愛唄ー約束のナクヒト」の完成披露上映会を開く。

2019年1月25日に一般公開される「愛唄ー約束のナクヒト」((C)2018「愛唄」製作委員会)。

2019年1月25日から一般公開される「愛唄ー約束のナクヒト」について、12月10日18時30分から完成披露上映会を開く。上映前に、監督の川村泰祐(かわむら・たいすけ)さんをはじめ、主人公の「野宮透(トオル)」役の横浜流星(よこはま・りゅうせい)さん、「伊藤凪」役の清原果耶(きよはら・かや)さん。

元ミュージシャン「坂本龍也」役の飯島寛騎(いいじま・ひろき)さん、野宮透の初恋相手「相川比呂乃」役の成海璃子(なるみ・りこ)さん、野宮透の母親「野宮美智子」役の財前直見(ざいぜん・なおみ)さんが舞台に登場してあいさつする。

「愛唄」は歯科医師の4人のメンバーで構成され、顔出しを一切しないという異色のボーカルグループ「グリーン(GReeeeN)」が作詞作曲した曲で、2007年5月に発売された3枚目のシングルで、30万枚を売り上げた。

「愛唄ー約束のナクヒト」は2017年の「キセキ あの日のソビト」に続く「グリーン」の楽曲映画化プロジェクト第2弾で、「愛唄」をモチーフに送る青春ラブストーリーで「グリーン」自ら脚本に参加し、実話エピソードをもとにしたオリジナルストーリーとして描かれている。

物語は恋する勇気を持てないまま大人になってしまったトオルが、元バンドマンの旧友・龍也との再会や、運命を変える詩との偶然の出会いを通し、全力で恋と向き合う勇気を得る。ようやく巡り会えた運命の少女・凪の言葉に生きる意味を教えられるトオルだったが、凪にはある秘密があった。

川村泰祐さんは1968年千葉県生まれ、2002年にテレビドラマ「ランチの女王」の演出を手がけ、2003年に「ビギナー」、2005年に「大奥-華の乱」、2006年に「のだめカンタービレ」などのテレビドラマの演出も担当し、2009年に映画「のだめカンタービレ 最終楽章前編」で監督補、2010年に続編「のだめカンタービレ最終楽章後編」で映画監督としてデビューした。

2011年に「こちら葛飾区亀有公園前派出所 THE MOVIE 勝どき橋を封鎖せよ!」、2012年に「映画 ひみつのアッコちゃん」を監督し、2014年に少女マンガの実写映画化「L・DK」と「海月姫」で監督を務めた。2019年3月に公開予定の「L・DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。」も監督している。

チケットはチケットぴあを通じて「最速抽選プレミアム」を発売中で、29日11時締め切り。先行抽選も発売中で、30日11時締め切り。12月1日10時から一般発売する。料金は全席指定で2000円均一。

コメントは受け付けていません。