丸善日本橋で佐藤国男が「宮沢賢治の世界」木版画展

【銀座新聞ニュース=2019年1月14日】大手書籍販売グループの丸善CHIホールディングス(新宿区市谷左内町31-2)傘下の丸善ジュンク堂書店(中央区日本橋2-3-10)が運営する丸善・日本橋店(中央区日本橋2-3-10、03-6214-2001)は1月16日から22日まで3階ギャラリーで佐藤国男さんによる「宮沢賢治の世界を彫る 木版画展」を開く。

丸善・日本橋店で1月16日から22日まで開かれる佐藤国男さんの「宮沢賢治の世界を彫る 木版画展」に出品される「りんどう 月長石」。

木版画家で、「山猫工房」(北海道函館市東山3-23-2、0138-55-6368)を主宰する佐藤国男(さとう・くにお)さんは宮沢賢治(みやざわ・けんじ、1896-1933)の童話をモチーフに作品を彫り続けており、自作で額縁も制作し、イチイやヒノキを使った作品は針葉樹独特の木目を生かし、木への思いを大切にした版画60点余点を展示販売する。

佐藤国男さんは1952年北海道北桧山町(現久遠郡せたな町)生まれ、北桧山高校を卒業、上京し、2年間、昼間は工場で製本や家具作りの仕事に携わり、夜間は東洋大学仏教学科で学び、1980年に函館市に戻り、大工を生業にしながら、宮沢賢治を題材とした版画制作をはじめ、1984年に絵本「銀河鉄道の夜」を出版し、以来、多くの著書を刊行し、全国の百貨店などで個展を開いている。その後、「山猫博士」を名乗り、北海道新聞に現代社会を風刺したエッセイと木版画の「山猫博士のひとりごと」を連載している。

開場時間は9時30分から20時30分(最終日は17時)まで。

注:「佐藤国男」の「国」は正しくは旧漢字です。名詞は原則として常用漢字を使用しています。

コメントは受け付けていません。