立川銀座で「我流毛筆」の浜村基光展、石巻のワークショップ紹介も

【銀座新聞ニュース=2019年1月11日】ブラインド業界の最大手メーカー、立川ブラインド工業(港区三田3-1-12、03-5484-6100)の銀座ショールーム(中央区銀座8-8-15、03-3571-1373)地下1階「タチカワ銀座スペース Atte」は1月15日から20日まで浜村基光さんによる初個展を開く。

立川ブラインドの銀座ショールームで1月15日から20日まで開かれる浜村基光さんの初個展に展示される作品。

映像作家で書家、元電通映画社(現電通テック)CMディレクターの高橋修一郎(たかはし・しゅういちろう)さんが主宰する「我流毛筆の会」で、2005年から活動している浜村基光(はまむら・もとみつ)さんが初めて個展を開き、約50点を展示する。

また、我流毛筆の会が2011年より継続して取り組んでいる、宮城県石巻近郊の子ども達との「書」のワークショップ活動も紹介する。

「我流毛筆の会」は疋田寛吉(ひきだ・かんきち、1923-1997)が団体に所属しない在野の書家たちの書を考え、持論にもとづいてはじめた会で、1997年に疋田寛吉が逝去した後に一旦解散し、2004年から高橋修一郎さんが主宰する形で活動を再開した。2006年から「我流毛筆の会」の会員によるグループ展を開いている。

浜村基光さんは小学4年生の時に習字教室を2級で挫折し、その後、大人になって我流毛筆の世界と出あい、大きな紙に豪快に文字を書く爽快感が忘れられないまま13年間書き続けている。

開場時間は10時から18時(最終日は16時)まで。入場は無料。

コメントは受け付けていません。