ヴァニラでジュヴェ、グリーン、立花奈央子ら「女友達」展

【銀座新聞ニュース=2019年2月3日】ヴァニラ画廊(中央区銀座8-10-7、東成ビル、03-5568-1233)は2月5日から17日まで特別企画展「GIRL FRIEND」を開く。

ヴァニラ画廊で2月5日から17日まで開かれる特別企画展「ガール・フレンド(GIRL FRIEND)」のフライヤー。

今回は特別企画展として、「ジェンダーの境界線を自由に行き来できる写真や絵画の分野の中で、新たな時代の先端に立つアーティストをピックアップ」して、女性の立場から見た「ガール・フレンド(GIRL FRIEND)」についての作品を展示する。

「写真作品、絵画作品を通じ、レズビアン、バイセクシャル、その枠に囚われない自由さと細やかな心の機微を持ち合わせる女性像や、タフな感性を持ち、ブラッシュアップされ続ける世界の新しいヒロインたちの生き方と世界観が、性を模索し生きる人たちの心に触れる機会になるよう願っている」としている。

出品するのはフランス・パリの写真家で映画監督のエミリー・ジュヴェ(Emilie Jouvet)さん、ドイツ・ベルリンの写真家、グディーン・グリーン(Goodyn Green)さん、フランス在住のアメリカ人イラストレーターのサラ・マクスウェル(Sarah Maxwell)さん、彫金、コラージュ作家のスズキエイミ(Eimi Suzuki)さん、女装写真家の立花奈央子(たちばな・なおこ)さん。

女性同性愛者(レズビアン、Lesbian)、男性同性愛者(ゲイ、Gay)、両性愛者(バイセクシュアル、Bisexual)、トランスジェンダー(Transgender)の単語の頭文字を組み合わせた表現が「LGBT」で、このうち、今回は女性同性愛者(レズビアン、Lesbian)とバイセクシュアル(Bisexual)、または、その概念にとらわれない独自の生き方をしている女性(トランスジェンダー含む)が出品している。

ウイキペディアによると、レズビアンは、女性同性愛者で、同性が恋愛対象になるという点を重視し、バイセクシュアルの女性を指す場合もある。バイセクシュアルは両性愛者で、伝統的にバイセクシュアリティとは「男性・女性双方に性的魅力を感じる性的指向」として定義されている。同性愛、異性愛などの性的指向の間にあって、いずれをも包含するような指向である。トランスジェンダーは「自身の性と心の性が一致しないが、外科的手術は望まない人」をいう。

LGBTという言葉や概念については、2006年7月に開かれた「第1回ワールドアウトゲームズ」にて採択された「モントリオール宣言」以降、国際連合をはじめとした国際機関において性的指向や性同一性にまつわる人権問題を扱う公文書においてもこの言葉は用いられている。

性的指向に関連するLGB(同性愛、両性愛)と性同一性に関連するT(トランスジェンダー)は本来別のテーマであるが、これら一連の公文書においては、LGBTという言葉によってそれらを混同しておらず、それぞれ区別されている。

開場時間は12時から19時(土・日曜日、祝日、最終日は17時)まで。入場料は500円。

コメントは受け付けていません。