「ビストロBAN」が3日間「ローストビーフ」100g29円

【銀座新聞ニュース=2019年2月8日】関東で「原価ビストロBAN!」を運営する株式会社BAN(新宿区西新宿2-4-1、新宿NSビル、0120-75-1109)は2月9日から11日の3日間、「原価ビストロBAN!銀座八丁堀」(中央区八丁堀2-21-5、西勘ビル、03-3206-1109)など全店で「29フェア」を開く。

2月9日から11日の3日間、「原価ビストロバン(BAN)!銀座八丁堀」などで100グラム29円で提供される「ローストビーフ」。

2月9日が語呂合わせにより「29(肉)の日」となることから、3日間限定で、A5黒毛和牛の赤身肉を低温調理した「ローストビーフ」を通常価格100グラム税別2100円を1組1皿限定で29円にて提供する。

「原価ビストロバン(BAN)!」はワンコインの入場料(500円)を払うと、店内ドリンクをほぼ原価で飲めるビストロで、スパークリングワインは150円、直輸入ワインはボトルで800円から、ビールは160円、ハイボールは60円からで、「オーパス・ワン」や「ドン・ペリニヨン」などもあり、常時100種類以上のドリンク類を揃えている。

銀座八丁堀店の入口。

「原価ビストロバン(BAN)!」は小泉貴洋(こいずみ・たかひろ)さんが学生時代から飲食業にてアルバイトを経験し、18歳の頃に焼肉チェーンで店長を務め、その後は居酒屋、ファインダインイング、バー、中華とさまざまな業態店舗で勤務し、2010年に株式会社キッズ・ホールディングス(KIDS HOLDINGS)に入社し、店長、統括、MGを経て、FC開発担当執行役員の時、2017年7月に飯田橋店を開店し、2018年4月に独立して「株式会社 バン(BAN)」を設立し、現在、8店舗を運営している。

八丁堀店の営業時間は17時から23時。2人以上からの利用で、利用する際はHPから事前に予約する。

コメントは受け付けていません。