M84で「薔薇」のTsurukoが挑んだ「桜」展、彩色も

【銀座新聞ニュース=2019年3月15日】Art Gallery M84(中央区銀座4-11-3、ウインド銀座ビル5階、03-3248-8454)は3月18日から23日までTsurukoさんによる写真展「桜SAKURA」を開く。

アート・ギャラリー・エムハッシー(Art Gallery M84)で3月18日から23日まで開かれるつるこ(Tsuruko)さんの写真展「桜SAKURA」に出品される作品「Somei18A」((C)Tsuruko、税別3万5000円)。5

「バラ」を中心に撮影している写真家のTsuruko(つるこ)さんは1998年頃から本格的にガーデニングをはじめ、イングリッシュローズなどの「つるバラ」を最大約30本栽培し、並行して神代植物公園でバラの撮影をも開始し、その頃からバラのポストカードを販売し、河津バガテル公園でフランス人アートディーラーと出会い、「バラの額入り写真」を販売している。そのつるこさんがこんどは「桜」に挑戦し、約30点を展示販売する。

つるこさんは「神代植物公園を拠点にバラの写真を撮り始めてから20年」が経っている。「昨年は立山黒部アルペンルートの室堂に半年以上滞在し、深い雪の中で一番見たいと思ったお花、それは『バラ』ではなく『桜』」だったという。「2012年より撮影してきた染井吉野、神代曙、八重紅枝垂などの『桜』。そして自由に楽しみながら彩色した『SAKURA』」を展示する。

つるこさんは東京都武蔵野市生まれ、日本大学文理学部を卒業、日本写真芸術専門学校写真専科を修了、1981年にプロラボに勤務のかたわら、風景写真の撮影をはじめ、1998年にバラの栽培と撮影をはじめ、1999年から2000年にオアケン・バケット(OAKEN BUCKET)の「バラの庭づくり教室」で村田晴夫(むらた・はるお)さんのローズレッスンを受講し、2000年9月に個展を開く。

2004年10月に神代植物公園植物会館で個展「バラ色を楽しむ」シリーズをはじめ(2008年も開催)、2012年と開く。2016年7月からアート・ギャラリー・エムハッシー(Art Gallery M84)公募展「アートの競演」に参加している。

開場時間は10時30分から18時30分(最終日は17時)。入場は無料。日曜日は休み。作品はすべて販売する。

コメントは受け付けていません。