丸善日本橋で南里康太、鈴木靖代ら愛知芸大出4人展

【銀座新聞ニュース=2019年3月18日】大手書籍販売グループの丸善CHIホールディングス(新宿区市谷左内町31-2)傘下の丸善ジュンク堂書店(中央区日本橋2-3-10)が運営する丸善・日本橋店(中央区日本橋2-3-10、03-6214-2001)は3月20日から26日まで3階ギャラリーで南里康太さんら4人による「平成 吉祥」日本画四人展を開く。

愛知県立芸術大学出身で「院展」を舞台に活躍する日本画の山下孝治(やました・たかはる)さん、南里康太(なんり・こうた)さん、鈴木靖代(すずき・やすよ)さん、玉井伸弥(たまい・しんや)さんの4人がそれぞれ伝統を継承しつつ新たな日本画を模索し創作しており、新作を中心に展示する。

丸善・日本橋店で3月20日から26日まで開かれる「平成 吉祥」日本画四人展に出品される山下孝治さんの「富士二八福達磨」。

また、今回4人を指導した院展同人、愛知県立芸術大学前学長(2013年4月1日から2018年3月31日)の松村公嗣(まつむら・こうじ)さんと愛知県立芸術大学教授の岡田真治(おかだ・しんじ)さんの作品も特別展示販売する。

山下孝治さんは1974年熊本県山都町(旧矢部町)生まれ、1998年に愛知県立芸術大学日本画専攻を卒業、2000年に同大学大学院日本画専攻を修了、同年に三渓日本画大賞展2000優秀賞、2002年に再興第87回院展に入選(2004年、2008年、2010年に入選)、2004年に第59回春の院展に入選(2005年、2007年、2013年に入選)、2007年から個展を開いている。

南里康太さんは1985年佐賀県生まれ、愛知県立芸術大学日本画科を卒業、在学中の2007年に第90回佐賀美術協会展で美術協会賞、2010年に同大学大学院を修了、2012年に再興第97回院展で入選(2016年も入選)、2013年に佐賀県佐賀市で個展、愛知芸大俊英作家日本画展に参加、2017年に「春の院展」で入選、現在、日本美術院研究会員。

鈴木靖代さんは1989年愛知県名古屋市生まれ、2014年に愛知県立芸術大学日本画科を卒業、在学中の2013年に「第68回春の院展」で初入選(2014、2015、2017年も入選)、、再興第98回院展で初入選 (2014、2015年も入選)、2016年に同大学大学院博士前期課程日本画領域を修了、現在、愛知県立芸術大学日本画非常勤講師、日本美術院院友。

玉井伸弥さんは1994年広島県広島市生まれ、2016年に愛知県立芸術大学美術学部美術科日本画専攻を卒業、在学時の2015年に「第27回三菱商事アート・ゲート・プログラム」で入選(第29、30、31、32回でも入選)、第70回春の院展で初入選、再興第100回院展初入選(第101回でも入選)、三菱商事アート・ゲート・プログラム2015年度奨学生、2016年に東京で個展、2018年に愛知県立芸術大学大学院博士前期課程日本画領域を修了、現在、愛知県立芸術大学非常勤講師、日本美術院院友。

開場時間は9時30分から20時30分(最終日は17時)。入場は無料。

注:「岡田真治」の「真」は正しくは旧漢字です。

コメントは受け付けていません。