丸善丸の内で佐藤和喜「自らを励ます絵」展

【銀座新聞ニュース=2019年3月23日】大手書籍販売グループの丸善CHIホールディングス(新宿区市谷左内町31-2)傘下の丸善ジュンク堂書店(中央区日本橋2-3-10)が運営する丸善・丸の内本店(千代田区丸の内1-6-4、丸の内オアゾ内、03-5288-8881)は3月27日から4月2日まで4階ギャラリーで「第14回佐藤和喜展-ことばと 花と あなたと わたし」を開く。

丸善・丸の内本店で3月27日から4月2日まで開かれる「第14回佐藤和喜展-ことばと 花と あなたと わたし」に出品される作品。

大東文化大学第一高校教諭で、30年以上も創作活動を続けている墨彩画家の佐藤和喜(さとう・かずき)さんが丸善で開く14回目の個展で、岩手がふるさとの佐藤和喜さんが「『ことば』の持つ力が自分を励ましてくれる。なぐさめてくれる、後押ししてくれる」とし、「いつもいるよ 一緒にいるよ ここにいるよ ほんとだよ。他人さんに言うておるんじゃないよ、己に言うておるんじゃな。ええなぁ、ええなぁ」と自らを励ましながら描いた作品と陶芸などを展示する。

佐藤和喜さんは1956年岩手県奥州市江刺区生まれ、1978年に大東文化大学文学部日本文学科を卒業、大東文化大学第一高校教諭(国語)に就任し、1986年に初めて個展を開催、以後、丸善や伊勢丹などで個展を中心に活動し、1998年に墨彩詩画集「絆 母さんありがとう」を出版している。

2006年に墨彩詩画集「おーい、元気か」を刊行、2007年に指導する大東文化大学第一高校弁論部を全国優勝に導いている。2006年から丸善・丸の内本店で個展を開き、2009年に「めっ!叱り言葉は励まし言葉」を刊行している。

期間中、29日を除いて、佐藤和喜さんが会場に来場する。

開場時間は9時から21時(最終日は16時)で、入場は無料。

コメントは受け付けていません。