日比谷「月夜に光り輝く」永野芽郁が挨拶

【銀座新聞ニュース=2019年3月22日】阪急阪神東宝グループで、映画の制作配給、演劇の興行などの国内最大手、東宝(千代田区有楽町1-2-2、東宝日比谷ビル、03-3591-1221)は3月26日にTOHOシネマズ日比谷(スクリーン12、千代田区有楽町1-1-3、東京宝塚ビル)で「君は月夜に光り輝く」に出演している永野芽郁さんによる公開記念ティーチイン舞台あいさつを開く。

現在、一般公開中の「君は月夜に光り輝く」((C)2019「君は月夜に光り輝く」製作委員会)。

26日12時30分の回上映終了後に、高校1年生で発光病という不治の病で病院に入院する「渡良瀬まみず」役の永野芽郁(ながの・めい)さんが舞台に登場してあいさつする。

「君は月夜に光り輝く」は佐野徹夜(さの・てつや)さんが2016年に第23回電撃小説大賞を受賞し、作家としてデビューした小説で、2017年2月にKADOKAWAから発売された同題名の作品が原作で、2018年9月時点で30万部を発行している。月川翔さんが監督と脚本を担当している。

物語は高校生の岡田卓也が出会った同級生の渡良瀬まみずは、不治の病である発光病で入院生活を送っているところからはじまる。細胞の異常によって皮膚が発光するその病気は、死が近づくにつれて光が強くなり、成人するまで生存した者はいない。

卓也は、病院から外出が許されないまみずに代わり、彼女の願いを実行し、その感想を彼女に伝える「代行体験」をはじめ、まみずは卓也との代行体験を通し、人生の楽しみを覚える。次第に2人の距離は縮まっていくが、卓也とまみずは避けることができない死の恐怖に襲われる。

チケットはチケットぴあによる先行抽選を販売中で25日11時締め切り。料金は一般2000円、大学生・専門学校生1700円、高校生、ジュニア(3歳から中学生)、障がい者1200円、シニア(60歳以上)1300円。

コメントは受け付けていません。