丸善丸の内で日ロ等が動物人形展、ウクライナのアンナが実技も

【銀座新聞ニュース=2019年4月29日】大手書籍販売グループの丸善CHIホールディングス(新宿区市谷左内町31-2)傘下の丸善ジュンク堂書店(中央区日本橋2-3-10)が運営する丸善・丸の内本店(千代田区丸の内1-6-4、丸の内オアゾ、03-5288-8881)は5月1日から7日まで4階ギャラリーで「FANTANIMA!2019」を開く。

丸善・丸の内本店で5月1日から7日まで開かれる「ファンタニマ(FANTANIMA)!2019」のフライヤー。

2019年に7回目を迎える、「羽関オフィス」(東村山市久米川町3-27-57、042-395-7547)が主催、企画する創作動物人形のイベントで、今回は「フラワー(flower)」をテーマにロシア、ウクライナ、バルト3国、ドイツ、イスラエルなど海外から約78人(組)、日本約39人の人形、ぬいぐるみ作家が動物作品を展示販売する。

「ファンタニマ(FANTANIMA)」はファンタジー(幻想)の「FANT」と、生命を意味する「アニマ」を合わせた造語で、ぬいぐるみやテディ・ベアの世界を超えた動物の作品を示している。

日本から出品するのは「R.K.Kマキレイコ」さん、亞鳥舎(あとりしゃ)さん、「Uncreerアンクレール」のコダマ・アヤ(Kodama Aya)さん、飯野モモコ(いいの・ももこ)さん、大西(おおにし)けいさん、キノピーズ(KINOPI→S)さん、キミコ(Kimiko)さん、クサボン(くさぼん)さん、黒川早恵美(くろかわ・さえみ)さん、「ケーズ・ベア・バイ・ケイコ(K’s BEAR by.keiko)」の小野恵子(おの・けいこ)さん。

コリスミカ(こりす・みか)さん、「コンデクレン アソウ・ヨウコ(Aso Yoko)」さん、サイ(SCI)-ビーンズ(beans)イシイリエコ(いしい・りえこ)さん、しろくろやさん、新家智子(しんけ・さとこ)さん、「スタジオヨヨ(studio yoyo)」のスズキ・ヨウコ(Suzuki Yoko)さん、題府洋子(だいふ・ようこ)さん、高野香織(たかの・かおり)さん、タクト(Takuto)すがわらさん、中沢忠幸(なかざわ・ただゆき)さん。

中山和美(なかやま・かずみ)さん、ノエ(Noe 高橋野枝=たかはし・のえ)さん、「不思議屋(ふしぎや)」のコジマ・チエ(Kojima Chie)さん、フナヤマン(ふなやまん)さん、べあれねっと(Bar Reinett、真田玲子=さなだ・れいこ)さん、ぼけぼー(きよえおばあちゃんのマスコット)さん、本多厚二(ほんだ・こうじ)さん、マイル・パクストン(Mile Paxton)さん、マツノハルミ(まつの・はるみ)さん、マル(maru)さん。

光恵(みつえ)さん、ミヤタケイコ(みやた・けいこ)さん、森脇由美子(もりわき・ゆみこ)さん、山田ミンカ(やまだ・みんか)さん、ゆうさくでげすさん、ユニバーサル・プーヤン(UNIVERSAL POOYAN)さん、横道佑器(よこみち・ゆうき)さん、よねやまりゅうさん。

海外からはロシアが「ドム・ナ・コレカクス(dom na kolecax)」ブランドのアファナシヴァ・サーシャ(Afanasyeva Sasha)さん、「カタフォニス(Katafonis)」ブランドのアファナシヴァ・エカテリーナ(Afanaseva Ekaterina)さん、アリョーシナ・マーシャ(Alyoshina Masha)さん、バラバノヴァ・ナデージュダ(Barabanova Nadezda)さん、「キラバーズ(KiraBars)」ブランドのバーズ・キラ(Bars Kira)さん。
「T.ブランカ(BLANCA)」ブランドのベロシュクルスカヤ・タチアナ(Beloshkurskaya Tatyana)さん、ベルトゥイコヴァ・ナタリア(Beltuykova Natalia)さん、「ラットベリー(RatBerry)」ブランドのベルグ・ジュリア(Berg Julia)さん、ブレズィネヴァ・イリナ(Brezhneva Elena)さん、「ディオルカ(Diorka)」ブランドのドロズドヴァ・イリナ(Drozdova Irina)さん。

「ミシュカー(Mish-Ka)」ブランドのエレミナ・エカテリナ(Eremina Ekaterina)さん、フォミナ・エレナ(Fomina Elena)さん、ガラー・アリサ(Galler Alisa)さん、グレボヴァ・マリナ(Glebova Marina)さん、ゴンバッシュ・タチアナ(Gombash Tatiana)さん。

「アトリエテディ(Atelierteddy)」ブランドのグリシナ・ニナ(Grishina Nina)さん、ヘントニェン・エレナ(Hentonen Elena)さん、イヴァネロ・オルガ(Ivanelo Olga)さん、カムネヴァ・エレナ(Kamneva Elena)さん、カナヒナ・エレナ(Kanakhina Elena)さん。

「アポステリオリ(Aposteriori)」ブランドのカルポヴァ・エヴゲーニャ(Karpova Evgenia)さん、ホフロヴァ・マヤ(Khokhlova Maiya)さん、「テディ&スネグ(Teddy&Sneg)」ブランドのスネザンナ・コルニナ(Kornina Snezhanna)さん、「セブティク(7cvetik)」ブランドのクリヴェンコ・スヴェトラナ(Krivenko Svetlana)さん、クプツォーヴァ・アナスタシア(Kuptsova Anastasia)さん。

「ラプカ(Lapka)」ブランドのラプト・ダリア(Lapto Daria)さん、ミハイロヴァ・エレナ(Mihailova Elena)さん、「ミラテディベア(MilaTeddyBears)」ブランドのミリャウシャ・ナビエヴァ(Milyausha Nabieva)さん、ミンチェンコヴァ・レナ(Minchenkova Lena)さん、モロゾヴァ・オレスィア(Morozova Olesya)さん。

ムラトヴァ・オクサナ(Muratova Oksana)さん、「ドールチカ(Dollechka)」ブランドのナウモヴァ・ナタリア(Naumova Natalia)さん、「オソ・ポーラー(Oso Polar)」ブランドのナザレンコ・アンナ(Nazarenko Anna)さん、「モエレシェト(moe_resheto)」ブランドのパンコヴァ・ニナ(Pankova Nina)さん、ラデュク・ニカ(Radyuk Nika)さん。

ラキポヴァ・エカテリナ(Rakipova Ekaterina)さん、レザノヴァ・スヴェトラナ(Rezanova Svetlana)さん、サリムズヤノヴァ・イリナ(Salimzyanova Irina)さん、セリキー・タチアナ(Serykh Tatyana)さん、「シャライ(Shalai)」ブランドのシャライ・クセニア(Shalai Kseniia)さん。

「スピソムノイ(spisomnoy)」ブランドのソコレンコ・オルガ(Sokolenko Olga)さん、ソロドヴァ・オルガ(Solodova Olga)さん、「ナタリーツールズ(NatalyTools)」ブランドのトルスティキナ・ナタリア(Tolstykina Natalia)さん、「アニテディ(ANITEDDYS)」ブランドのツィンバル・アンナ(Tsymbal Anna)さん、ヴァシレク・ターシャ(Vasilek Tasha)さん。

ヴェジャギナ・オルガ(Vedyagina Olga)さん、ヴラソヴァ・ヴェラ(Vlasova Vera)さん、「シルクバード(Silk_bird)」ブランドのヴォロニナ・ナタリア(Voronina Natalia)さん、ヴォロパエヴァ・オルガ(Voropaeva Olga)さん、ザブロツキー・スヴェタ&マーシャ(Zabrotskie Sveta and Masha)さん、ジレンキナ・アリョーナ (Zhirenkina Alena)さん。

ウクライナからは「バケネコ(Bakeneko)」ブランドのジャコノヴァ・アンナ(Dyakonova Anna)さん、ゴルブ・ジュリア(Golub Julia)さん、カロ・エヴァ(Karo Eva)さん、「サミレ(Sa-Mile)」ブランドのミレツカヤ・サシャ(Miletskaya Sasha)さん。

ミレツカ・アンナ(Miretska Anna)さん、ニチュイク・カテリナ(Nichyk Katerina)さん、レマンス・タイス(Remains Tais)さん、「スリズ・スタジオ・ペレスタジオ(Suliz Studio Perestudio)」ブランドのスリズ・タチアナ(Suliz Tatiana)さん、「ミラツ(Milaz)」ブランドのゼレニャク・リュドゥミラ(Zelenyak Liudmila )さん、ズィモコソヴァ・ジャンナ(Zimokosova Zhanna)さん。

ベラルーシはカベルスカヤ・タツィアナ(Khaberskaya Tatyana)さん、「マイクロウ(MyCrow)」ブランドのフサコヴァ・インナ(Husakova Ina)さん、「アレナ(Alena)K」ブランドのクヴェドゥチェニャ・アレナ(Khvedchenya Alena)さん、コズィツカヤ・アントニナ(Kazitskaya Antonina)さん、「リタ・ク(Rita Ku)」ブランドのクズニツアツォーヴァ・リタ(Kuznitsova Rita)さん、プラシュコヴィッチ・ユリア(Prashkovich Yulia)さん、「マンドラゴラ(Mandragora)」ブランドのロマンチェンコ・インナ(Romanchenko Inna)さん。

エストニアからはダヴィデンコ・アンナ(Davidenko Anna)さん、ブラーティン・ジェヴゲニ(Bulahtin Jevgeni)さん、ゴルベヴァ・ヴィクトリア(Golubeva Viktoria)さん、「スタジオ(Studio)14」ブランドのモクリャコヴァ・タチアナ(Mokhryakova Tatiana)さん。

ラトビアからはクリギナ・クリスティネ(Kligina Kristine)さんとシンコヴスカヤ・クセニア(Shinkovskaya Ksenia)さん。

セルビアからはミラシック・ジャネッタ(Milacic Zanetta)さん。ドイツからは「フォックス・イン・ボックス(FOX-IN-BOX)」ブランドのルニナ・ナタリ(Iunina Natali)さん。イスラエルからはモロズ・クセニア(Moroz Kseniya)さん。

羽関オフィスは千葉県船橋市生まれ、学習院大学文学部哲学科を卒業した小川千恵子(おがわ・ちえこ)さんが1993年に創作人形を扱う「ユーラシア・ドールズ」を設立し、1994年にの創作人形情報専門誌「ドール・フォーラム・ジャパン」を季刊で創刊した(2007年に休刊)。

2002年よりギャラリー「ノンク・プラッツ」のディレクターも兼任し(2007年に閉館)、映画「イノセンス」で国内外の人形ロケハンをコーディネートし、2004年にNHK新日曜美術館「人形」特集にアドバイスしている。2008年に羽関チエコ(はぜき・ちえこ)と改名し、個人事務所「羽関オフィス」を立ち上げて、人形展などの企画業務を行っている。

ウクライナから「バケネコ(Bakeneko)」ブランドのジャコノヴァ・アンナさんが来日し、ワークショップを開く。定員は各回とも5人。

2日と6日の15時から19時まで「ペンダント」をつくる。初心者が対象。費用は9720円(材料、税込)。

3日と5日の10時から16時まで「眠るうさぎ」をつくる。初心者が対象。費用は2万1600円(材料、税込)。

4日10時から17時まで「モンスター」をつくる。中級者、経験者が対象。費用は3万240円(材料、税込)。

ほかに、日本の出品作家によるワークショップを開く。
2日10時から光恵さんによる「動物モチーフを編んでみよう!」と題したワークショップを開く。定員は6人、費用は4860円(材料、税込)。カギ針7号から9号のうち1本持参する。

6日10時からケーズ・ベア・バイ・ケイコ(K’s BEAR by.keiko)小野恵子さんによる「お地蔵様を作ろう」と題するワークショップを開く。半完成キットを使用するので、用意するものはない。定員は6人、費用は5400円(材料費、税込)。

1日18時からオープニングイベントを開く。ジャコノヴァ・アニヤさんの紹介、かわせみ座の山本由也(やまもと・よしや)さんによるミニ公演を行う。観覧は無料。

開場時間は9時から21時(最終日16時)まで。入場は無料。1日8時40分から丸善・丸の内本店1階正面入口前で購入整理券の抽選を行う。ワークショップは羽関オフィス(042-395-7547)もしくはメール(fantanima@nonc.jp)で予約する。

注:「中沢忠幸」の「沢」は正しくは旧漢字です。名詞は原則として常用漢字を使用しています。

コメントは受け付けていません。