日比谷「プロメア」前夜祭、松山ケンイチ、早乙女太一ら挨拶

【銀座新聞ニュース=2019年5月15日】阪急阪神東宝グループで、映画の制作配給、演劇の興行などの国内最大手、東宝(千代田区有楽町1-2-2、東宝日比谷ビル、03-3591-1221)内で映像ソフトなどの制作・販売を手掛ける東宝映像事業部(同)は5月23日19時15分からTOHOシネマズ日比谷(千代田区有楽町1-1-2、東京ミッドタウン日比谷、050-6868-5068)で「プロメア」の前夜祭上映会を開く。

5月24日から一般公開される「プロメア」((C)TRIGGER・中島かずき/XFLAG。)。

23日19時15分からの上映前に、監督の今石洋之(いまいし・ひろゆき)さんをはじめ、声優を務めている「バーニングレスキュー」の新人隊員「ガロ・ティモス」役の松山ケンイチ(まつやま・けんいち)さん、「マッドバーニッシュ」のリーダー「リオ・フォーティア」役の早乙女太一(さおとめ・たいち)さん。

ガロの上司で自治共和国プロメポリスの司政官「クレイ・フォーサイト」役の堺雅人(さかい・まさと)さん、ネズミ「ビニー」役のケンドーコバヤシ(けんどう・こばやし)さん、ガロの姉「アイナ・アルデビット」役の佐倉綾音(さくら・あやね)さん、脚本を手がけた中島(なかじま)かずきさんが舞台に登場してあいさつする。

「プロメア」は今石洋之さんと脚本家の中島かずきさんがテレビアニメ「天元突破グレンラガン」(2007年)やアニメ「クルラキル」でタッグを組んだ2人が劇場版アニメで再びタッグを組むことが、2017年夏にアメリカのアニメイベント「アニメエクスポ」で発表された、完全オリジナルの劇場用アニメだ。

物語は突然変異で誕生した炎を操る人種「バーニッシュ」の出現をきっかけに、未曾有の大惨事である「世界大炎上」が起こり、世界の半分が焼失したところからはじまり、それから30年後。

一部の攻撃的なバーニッシュが「マッドバーニッシュ」を名乗り、再び世界を危機に陥れる。これにより、対バーニッシュ用の高機動救命消防隊「バーニングレスキュー」の新人隊員ガロと、マッドバーニッシュのリーダー、リオという、それぞれ信念を持った熱い2人の男がぶつかり合う。

今石洋之さんは1971年東京都生まれ、多摩美術大学美術学部芸術学科映像専攻を卒業、「ガイナックス」に入社、「新世紀エヴァンゲリオン」の動画が初仕事、「彼氏彼女の事情」や「フリクリ」などの絵コンテ、作画監督などを務め、「デッド・リーブス(DEAD LEAVES)」で監督デビュー、2011年10月にガイナックスを退社、大塚雅彦(おおつか・まさひこ)さん、舛本和也(ますもと・かずや)さんと「トリガー」を設立した。

2007年9月に放送を終えた「天元突破グレンラガン」の監督を務め、2007年の第12回アニメーション神戸で「個人賞」、2007年の文化庁メディア芸術祭アニメーション部門優秀賞、東京国際アニメフェア2008・第7回東京アニメアワードテレビ部門優秀賞・個人賞(キャラクターデザイン)を受賞した。2013年にアニメ「キルラキル」で監督、2016年に「宇宙パトロールルル子」で監督を務めている。

チケットはチケットぴあを通じて、先行抽選を販売中で、16日23時30分締め切り。料金は全席指定で2000円均一。

コメントは受け付けていません。