丸善丸の内で小沢摩純「ファンタジーワールド」展

【銀座新聞ニュース=2019年6月18日】大手書籍販売グループの丸善CHIホールディングス(新宿区市谷左内町31-2)傘下の丸善ジュンク堂書店(中央区日本橋2-3-10)がが運営する丸善・丸の内本店(千代田区丸の内1-6-4、丸の内オアゾ内、03-5288-8881)は6月19日から25日まで4階ギャラリーで小沢摩純さんによる絵画展「ファンタジーワールド」を開く。

丸善・丸の内本店で6月19日から25日まで開かれる小沢摩純さんの絵画展のフライヤーー。

伝説、童話、オペラなどをテーマに、大人が忘れかけていた夢を思い出させてくれる小沢摩純(おざわ・ますみ)さんが原画や版画約70点を展示する。

小沢摩純さんは「絵のモチーフの一つに、私は地図を画くことが好きです。今まで画いてきた地図の絵とともに、今回は、モーツァルト(Wolfgang Amadeus Mozart、1756-1791)の生涯の旅を、地図に描いてみました」としている。

小沢摩純さんは1962年東京都生まれ、1985年に女子美術大学芸術学部版画科を卒業、在学中の1984年に期待の新人版画大賞展にて買い上げ賞、大学版画展にて買い上げ賞、1986年に「クリスマス急行」(ほるぶ出版社)のさし絵を手がけ、1987年に個展を開く。1990年に「けんぶち絵本の村大賞」にて「びばカラス賞」を受賞した。

1991年に日本郵船の客船「クリスタルハーモニー」のナースリールームの壁画を担当、1994年にひかりのくに絵本「ねむりひめ」を刊行、2000年に絵本「天使への手紙」(ヴォイス出版社)を刊行、2009年から丸の内・丸善本店や日本橋店などで個展を開いている。

期間中、毎日、小沢摩純さんが来場する。

開場時間は9時から21時(最終日は16時)まで。

編集注:「小沢摩純」の「沢」は正しくは旧漢字です。名詞は原則として常用漢字を使用しています。

コメントは受け付けていません。