丸善丸の内で笹倉鉄平「情景画と風景画」展

【銀座新聞ニュース=2019年7月22日】大手書籍販売グループの丸善CHIホールディングス(新宿区市谷左内町31-2)傘下の丸善ジュンク堂書店(中央区日本橋2-3-10)が運営する丸善・丸の内本店(千代田区丸の内1-6-4、丸の内オアゾ、03-5288-8881)は7月24日から30日まで4階ギャラリーで笹倉鉄平さんによる「光の情景画家-笹倉鉄平の世界展-100の絵画を一堂に」を開く。

丸善・丸の内本店で7月24日から30日まで開かれる「笹倉鉄平の世界展」に展示される「心静まる」。

「光の情景画家」といわれる笹倉鉄平(ささくら・てっぺい)さんは「人と自然への優しい思いを絵筆にのせて描」いており、今回は「美しい情景画」と「心和む風景画」の版画計100点を展示販売する。

ウイキペディアによると、笹倉鉄平さんは1954年兵庫県生まれ、1977年に武蔵野美術大学商業デザイン科を卒業、広告制作会社のイラストレーターとなり、1980年に退職し、フリーとして活動をはじめる。主に森永製菓のパッケージイラストをおよそ10年間担当し、1987年から毎日新聞カラー別刷版に月1回連載し、1990年に東京・青山で初の個展を開き、1991年にシルクスクリーンによる作品を発表、1992年にオランダで開催された花の万博「フロリアード 1992」の記念版画を制作、2000年に「株式会社アートテラス」を設立した。

2001年にイタリア・フィレンツェに架かる1345年に完成された古い橋「ポンテ・ヴェッキオ(Ponte Vecchio)」を描いた作品「祝福」がイタリア・フィレンツェにある「日本文化経済交流協会」の公認作品となり、2004年と2005年にイタリアで個展、2007年に油彩、水彩、スケッチなどを展示する個人美術館「ちいさな絵画館」(兵庫県西宮市能登町11-17、0798-75-240)を設立、 2008年にパリと京都で「日仏交流150周年」などを記念して個展を開いている。

28日14時から笹倉鉄平さんによるサイン会を開く。笹倉鉄平さんの画集、DVD、作品のいずれかを購入すると、サインをもらえる。

開場時間は9時から21時(最終日は16時)まで。

コメントは受け付けていません。