「ペット2」バナナマン、永作博美ら吹替声優挨拶

【銀座新聞ニュース=2019年7月25日】阪急阪神東宝グループで、国内映画業界首位の東宝(千代田区有楽町1-2-2、03-3591-1221)傘下の東宝東和(千代田区一番町18、川喜多メモリアルビル、03-3556-0333)は7月27日にTOHOシネマズ日比谷(千代田区有楽町1-1-2、東京ミッドタウン日比谷、050-6868-5068)で「ペット2」の声優による舞台あいさつを開く。

7月26日から一般公開される「ペット2」((C)Universal Studios.)。

27日13時10分の回上映終了後と16時10分の回上映前に、声優で犬の「マックス」役のパットン・オズワルト(Patton Oswalt)さんの日本語吹替を担当した「バナナマン」の設楽統(したら・おさむ)さん、犬の「デューク」役のエリック・ストーンストリート(Eric Stonestreet)さんの吹替の「バナナマン」の日村勇紀(ひむら・ゆうき)さん。

マックスとデュ-クの飼い主「ケイティ」役のエリー・ケンパー(Ellie Kemper)さんの吹替の佐藤栞里(さとう・しおり)さん、トラネコ「クロエ」役のレイク・ベル(Lake Bell)さんの吹替の永作博美(ながさく・ひろみ)さん、小型犬「デイジー」役のティファニー・ハディッシュ(Tiffany Sarac Haddish)さんの吹替の伊藤沙莉(いとう・さいり)さん、コリー種の犬「ルースター」役のハリソン・フォード(Harrison Ford)さんの吹替の内藤剛志(ないとう・たかし)さん。

サーカス団の団長「セルゲイ」役のニック・クロール(Nick Kroll)さんの吹替の宮野真守(みやの・まもる)さん、モルモット「ノーマン」役のクリス・ルノー(Chris Renaud)さんの吹替の梶裕貴(かじ・ゆうき)さん、ポメラニアンでマックスのガールフレンド「ギジェット」役のジェニー・スレイト(Jenny Slate)さんの吹替の沢城(さわしろ)みゆきさん、白いウサギ「スノーボール」役のケヴィン・ハート(Kevin Hart)さんの吹替の中尾隆聖(なかお・りゅうせい)さんが舞台に登場してあいさつする。

「ペット2」は2016年に公開されたアメリカの3Dコンピューターアニメー・コメディ映画「ペット」の続編で、制作はイルミネーション・エンターテインメント、監督は前作でも務めたクリス・ルノーさんが担当した。

ニューヨークのマンハッタンとブルックリンを舞台に、飼い主がいない間のペットの暮らしぶりを描いた作品で、今回もニューヨークを舞台に犬のマックスとデュークをはじめとした個性的なペットたちが、新たな仲間を加えて、さらなる大騒動を巻き起こす。

チケットは24日0時からPC、スマホで、24日劇場オープン時から窓口で販売している。料金は一般1900円、大学生・専門学生1500円、シニア1200円、高校生、3歳以上中学生まで、障がい者が1000円。

コメントは受け付けていません。