丸善日本橋で池田あきこ「ダヤン版画」展、サイン会も

【銀座新聞ニュース=2019年7月30日】大手書籍販売グループの丸善CHIホールディングス(新宿区市谷左内町31-2)傘下の丸善ジュンク堂書店(中央区日本橋2-3-10)が運営する丸善・日本橋店(東京都中央区日本橋2-3-10、03-6214-2001)は7月31日から8月6日まで3階ギャラリーで池田あきこさんによる「ダヤンアートフェア&版画展」を開く。

丸善・日本橋店で7月31日から8月6日まで開かれる池田あきこさんの「ダヤンアートフェア&版画展」に出品される「ロンドンベビー(BABY)2」。

7月31日から9月3日まで3階ギャラリーなどで開かれる「丸猫展 2019サマー(SUMMER)」のひとつで、架空の世界「わちふぃーるど」に住む猫の「ダヤン」を中心とした物語で知られる「株式会社わちふぃーるど」(埼玉県富士見市鶴瀬西3-1-5、049-268-1250)の代表取締役、池田あきこ(池田晶子=いけだ・あきこ)さんが新作版画「理想の図書館」や「ケーキの上から飛び出そう!」などの作品を展示販売する。

池田あきこさんは1950年東京都武蔵野市吉祥寺生まれ、1970年に青山学院短期大学国文科を卒業、在学中はバトントワリング同好会の所属、卒業後は読売広告社に入社、1973年から母が始めた皮細工工房を手伝い、自ら革人形などを制作し、1974年に子どもの頃作った、オリジナルキャラクターの「わちふぃーるど」を自分のペンネームとして使い、1976年から皮工房「わちふぃーるど」とし、本格的に革小物の生産をはじめた。

1983年に東京・自由が丘に直営店「わちふぃーるど」を開店、店のマークとして猫のダヤンが誕生、パステルと色鉛筆を使い、絵を描きはじめ、1986年に「株式会社わちふぃーるど」を設立、代表取締役社長に就任、1987年から不思議な国わちふぃーるどの物語を、ダヤン中心に創りはじめ、ショートストーリー中心の「12の月の物語」を刊行した。

1988年に初の絵本「ダヤンのおいしいゆめ」(ほるぷ出版)を刊行、1992年に日本テレビ系連続アニメ「ヨーヨーの猫つまみ」の原作を手がけ、1993年に小学3年生国語教科書(東京書籍)「手ぶくろを買いに」のさし絵を手がけ、コレクションブックシリーズ第1作「ダヤンのたんじょうび」を刊行した。

1996年に画集「サウス風物詩」を刊行、モロッコやイタリアを旅し、帰国後、スケッチ紀行「モロッコへ行こう」を刊行、1999年に不思議の国わちふぃーるどを解明する長編ファンタジー第1巻「ダヤン、わちふぃーるどへ」を刊行し、2007年に長編ファンタジー第7巻「ダヤン、タシルへ帰る」で完成した。2010年に長編ファンタジー新シリーズ第1巻「ダヤン、クラヤミの国へ」を刊行、2012年に第2巻「ダヤンと恐竜のたまご」を刊行している。ほかに、2012年から2016年までムック本5冊を刊行している。

4日13時から池田あきこさんによるサイン会を開く。31日から対象版画や書籍を税込3000円以上を購入すると、先着100人までサイン会に参加できる整理券を配布する。

開場時間は9時30分から20時30分(最終日は17時)、入場は無料。

コメントは受け付けていません。