かつや、腹ペコセール年内最後は「牛丼カツ丼」

【銀座新聞ニュース=2019年10月9日】新潟県を中心にホームセンターを展開するアークランドサカモト(新潟県三条市上須頃445、0256-33-6000)グループの飲食店を運営するアークランドサービスホールディングス(千代田区神田駿河台4-3、新お茶の水ビルディング、03-5217-1531)傘下のかつや(同上、03-5217-1535)は10月11日から11月10日前後まで、とんかつ専門店「かつや新橋店」(港区新橋2-16-1、ニュ-新橋ビル、03-5521-1400)など国内全店で「牛丼カツ丼」を販売する。

とんかつ専門店「かつや」が10月11日から1カ月程度提供する「牛丼カツ丼」。

「かつや」が2018年8月から10月まで実施した「腹ペコな皆さまの胃袋を満た」すための企画「スーパーハングリーセール(SUPER HUNGRY SALE)」を、2019年6月から再度実施ており、そのファイナル企画が今回の「牛丼カツ丼」だ。

牛バラ肉とロースカツを、 特製のタレで煮込んだ「牛丼カツ丼」は、牛丼もカツ丼も両方味わいたいという要望に対応したメニューで、千切りの紅ショウガで口直しをして牛肉と豚肉を食べられるようにしている。また、「もっと食べたい!」 というお客に対応するため、80グラムロースカツを2枚使用した 「特盛牛丼カツ丼」も用意している。

価格は「牛丼カツ丼」(普通盛、弁当)が690円(いずれも税引き)、「特盛牛丼カツ丼」(弁当も)が850円。在庫がなくなり次第終了する。

新橋店の営業時間は10時30分から23時30分。

コメントは受け付けていません。