サニーヘルス、調理簡単、低カロリーのキノコは、ダイエット向き

【銀座新聞ニュース=2019年10月22日】健康食品、美容商品、化粧品などの販売会社、サニーヘルス(中央区八重洲2-1-6、八重洲kビル、03-6701-3000)はこのほど、レポート「キノコはダイエットと腸活がまとめてできる超優秀な食材」を発表した。

キノコは低カロリーでありながら、食事の満足感や満腹感を得るのにも役立ち、たくさん食べても太る心配がない。

秋が旬のキノコはダイエット食材に外せないという。天然の松茸(まつたけ)や舞茸(まいたけ)などが店頭に並び始めると、秋の訪れを感じさせる。天然のキノコは秋が旬だが、今や出回っている多くのキノコは「室内育ち」で、管理された空間で栽培されているため、供給、価格とも安定している。キノコは家計に優しいだけでなく、低カロリーで、かつ食物繊維が豊富で、ダイエッターには超定番の食材といわれる。

キノコはダイエット向きの超低カロリー食材で、どのキノコもほぼ共通して、成分の90%は水分で、食物繊維が多く、糖質(炭水化物)と脂肪は極めて低いのが特徴で、カロリーは100グラムあたりおよそ20キロカロリーとひじょうに低カロリーだ。

噛み応えがあるため、低カロリーでありながら食事の満足感や満腹感を得るのにも役立ち、たくさん食べても太る心配がない。積極的にメニューに取り入れることでダイエット促進になる。糖質や脂肪を体内でエネルギーに変換する作用のあるビタミンB群も含まれている。

米やパンなど糖質だけを食べるよりも、キノコと一緒に食べるほうが血糖値上昇を抑えることができる。厚揚げ豆腐にキノコあんかけは低カロリー食の代表的なメニューだ。

キノコに多く含まれている食物繊維は、腸内の善玉菌を増やす作用があることが研究により明らかになっており、食物繊維は腸内で善玉菌のエサとなって善玉菌を増やし、腸内環境のバランスを整えてくれる働きがある。

善玉菌は、ビタミンの合成、消化吸収のサポート、免疫刺激、悪玉菌の増殖を抑えるなど、人に有益な働きをしてくれる菌で、腸内環境は美肌やダイエットなどの美容面だけでなく、アレルギーや体質、疾患など全身の健康に関わっていると考えられていて、今ひじょうに注目されている分野だ。

キノコに含まれている食物繊維は、100グラムあたり3、4グラムととても豊富で、しかも、食物繊維には「水溶性」と「不溶性」の2種類があり、キノコの場合は「不溶性」(水に溶けない)食物繊維が豊富に含まれている。水溶性食物繊維は、名前の通り水に溶ける種類の食物繊維だ。

不溶性食物繊維は水に溶けない食物繊維で、胃や腸で水分を吸収し大きく膨らむ。これにより便のかさ増しや、腸を刺激して蠕動(ぜんどう)運動を活発にし、便通を促進するし、体に有害な物質を排泄させるデトックス効果もある。

血糖値を急上昇、急下降させないようコントロールすることは、ダイエットに効果的で、この仕組みを利用したのが、糖質制限ダイエット(炭水化物抜きダイエット)だ。糖質(炭水化物)を摂ると、体内でブドウ糖に分解され、血液中に入り、血糖値を上昇させる。

血糖値の上がり方が急であればあるほどインシュリンが多量に分泌され、「糖が余っている=脂肪に溜め込まなければ」と体が判断してしまう。これを防ぐためには、血糖値を急に上げないことが重要で、血糖値がゆっくり上がれば、インシュリンの分泌量が少なくなる。

キノコに豊富な食物繊維は血糖値をコントロールし、血糖値が急激に上がるのを抑制する力を持っている。米やパンなど糖質だけを食べるよりも、キノコを一緒に食べるほうが血糖の値上昇を抑えることができる。食物繊維は糖質や脂肪の消化吸収を緩やかにする作用がある。食事の食べ始めにまず食物繊維を摂取すると効果的とされている。

超簡単なのがダイエットキノコレシピだ。何にかけてもOK!簡単で万能キノコあんかけなら、厚揚げ豆腐や魚、肉にも相性抜群だし、だし汁は和風のほか中華スープやコンソメでも可能だ。

材料は1)好みのキノコ2種類(各1パック)、2)だし汁(3カップ)、3)しょうゆ(大さじ3)、4)酒(大さじ1)、5)みりん(大さじ2)、6)塩(少々)、7)しょうが(小さじ1)、8)水溶き片栗粉。

作り方は1)キノコ類は石づきを切って食べやすい大きさに切る、2)キノコ類と水溶き片栗粉以外のすべての材料を鍋に入れて加熱し、沸騰したら1)を入れ、ひと煮立ちさせる、3)2)に火が通ったら、水溶き片栗粉でとろみをつけてできあがり。

次が「キノコのホイル焼き」。洗い物なし!包んで加熱するだけの簡単調理で、トースターで加熱もできる。

材料は1)好みのキノコ2種類(各1パック)、2)バター(15グラム)、3)しょう油(適量)、4)レモン汁(適量)。

作り方は1)キノコ類は石づきを切って食べやすい大きさに切る、2)アルミホイルを40センチ程度にカットし、その中央にカットしたキノコ類を並べ、その上にバターを乗せる。無塩バターを使う場合は塩少々を振りかける、3)フライパンに2)を置き、蓋をして中火で3分、弱火で5分加熱する。トースターの場合は10分前後加熱する、4)取り出して皿に乗せてアルミホイルを開け、しょうゆとレモン汁をかけてでき上がり。

安価なうえに下ごしらえもほぼなく、超低カロリーなキノコは汁物や鍋の際には、3種類以上のキノコを使うとスープにより深みが出ておいしくなる。

コメントは受け付けていません。