野村不が6丁目にGINZA GEMS、ゴルフ用品店と飲食10店

【銀座新聞ニュース=2019年11月15日】不動産業界第7位の野村不動産ホールディングス(新宿区西新宿1-26-2、03-3348-8878)傘下の野村不動産(新宿区西新宿1-26-2)とNREG東芝不動産(港区芝浦1-1-1)は11月16日に「GICROS GINZA GEMS」(中央区銀座6-4-3)を開業する。

11月16日に開業する11階建て「ジクロス ギンザ ジェムズ(GICROS GINZA GEMS)」の完成図。

「ジクロス ギンザ ジェムズ(GICROS GINZA GEMS)」はNREG東芝不動産が所有していた「銀座第二東芝ビル」の建替事業で、飲食店を集積させた都市型商業施設として「伝統と革新」を外装コンセプトにし、市松模様をデザインモチーフとしている。

敷地面積が276.64平方メートル(83.68坪)、地下3階、地上11階、延床面積が2781.72平方メートル(841.47坪)。商業企画監修、設計監修が野村不動産、設計監理が東急建設、デザイン監修がプランテック総合計画事務所、施工が東急建設首都圏建築支店が手がけた。

地下1階から1階、2階がゴルフ用品の「テーラーメイド銀座」、3階がアメリカ・サンフランシスコ生まれの点心専門「ダンプリングタイム 点心専家 銀座本店」(平均予算が昼が2000円、夜が4000円)、4階がイタリア・ベネチアのイタリア料理店「オステリア ダ アダ(osteria da Ada)」(平均予算が昼が1200円、夜が4500円)。

5階が米沢牛卸直営で米沢牛料理専門店「肉匠 上杉」(平均予算が昼が2000円、夜が1万5000円)、6階がエー・ピーカンパニー(港区芝大門2-10-12、KDX芝大門ビル)が運営するフォアグラや黒毛和牛なども使う串揚げ専門店「串亭 銀座」(平均予算が昼が1500円、夜が6000円)と宮崎のブランド鶏「みやざき地頭鶏(じとっこ)」」の焼鳥とワインの店「銀座 希鳥(きちょう)」(平均予算が夜が6000円)。

7階が和牛を中心にしたコース料理を主とする「山科(やましな)」(平均予算が夜が1万円)、8階が和牛を中心の完全個室「やましな」(平均予算が夜が1万5000円)、9階が和牛の肉割烹「肉屋 田中」、10階がASMAベンチャーズ(Ventures、中央区銀座8-9-17)が運営する現代風インド料理の「スパイス ラブ トウキョウ(Spice Lab Tokyo)」、11階がASMAベンチャーズ運営のラウンジ、バー「グレイルーム(THE GREY ROOM)」。

コメントは受け付けていません。