インターゲート京橋で金色和紙のXマスオーナメント作り

【銀座新聞ニュース=2019年12月12日】全国でホテルを展開するグランビスタホテル&リゾート(千代田区内神田2-3-4、S-GATE大手町北、03-5209-4121)が運営するホテルインターゲート東京 京橋(中央区京橋3-7-8、03-5524-2929)は12月14日に2階の「インターゲートラウンジ」で「金色の和紙で作るクリスマスオーナメントづくり」を開く。

ホテルインターゲート東京 京橋で12月14日に開かれる「金色の和紙で作るクリスマスオーナメントづくり」で作成するオーナメントのイメージ。

1653(承応2)年創業の和紙専門店「小津和紙」(中央区日本橋本町3-6-2、小津本館ビル、03-3662-1184)とのコラボで開くワークショップで、金色の和紙を使って華やかなクリスマスのオーナメントを2つ作る。簡単に作れる立体のオーナメントで、約10センチサイズのものを2つ作り、持ち帰ることができる。

ホテルインターゲート東京 京橋は2018年4月1日開業したグループで「銀座グランドホテル」に続く、中央区2番目のホテルで、地上17階、200室がある。

時間は15時から17時で、参加費は500円(材料費、講師料、税・サービス含む)で、持ち物は不要。事前の予約も不要で、当日、2階インターゲートラウンジで受け付ける。

コメントは受け付けていません。