「ジュマンジ」岡崎体育、サマーウイカがトーク

【銀座新聞ニュース=2019年12月6日】国内電機業界2位のソニー(港区港南1-7-1、03-6748-2111)グループのアメリカ・ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメントの日本支社、ソニー・ピクチャーズエンタテインメント(港区虎ノ門4-1-28、虎ノ門タワーズオフィス)は12月13日からTOHOシネマズ日比谷(千代田区有楽町1-1-3、東京ミッドタウン日比谷、050-6868-5068)で一般公開される「ジュマンジ/ネクスト・レベル」の初日に、日本語吹き替え版で主題歌を担当した岡崎体育さんらによるトークイベントを開く。

12月13日から一般公開される「ジュマンジ/ネクスト・レベル」。

13日18時45分の回2D日本語吹替版の上映前に、吹替声優のファーストサマーウイカさんと日本語吹替版の主題歌を担当した岡崎体育(おかざき・たいいく)さんが舞台に登場してトークイベントを開く。

「ジュマンジ」は、1982年にアメリカの児童文学作家のクリス・ヴァン・オールズバーグ(Chris Van Allsburg)さんが発表した絵本「ジュマンジ」を原作として、1995年に公開された映画で、アメリカで2017年に第2弾「ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル」が公開された。

テレビゲームの世界に吸い込まれた高校生たちが、本来の姿とかけ離れたゲームキャラクターのアバターになって冒険を繰り広げる姿を描き、大ヒットしたアドベンチャー「ジュマンジ ウェルカム・トゥ・ジャングル」の続編が「ジュマンジ/ネクスト・レベル」だ。

物語は「ジュマンジ」の冒険をクリアしてから2年後、スペンサー、マーサ、フリッジ、ベサニーはそれぞれの進路を歩み、いまは大学生になっていた。しかし、あの時の興奮が忘れられないスペンサーは、破壊したはずのゲーム「ジュマンジ」をこっそり修理し、再びゲームの中に吸い込まれてしまう。

スペンサーを救出するため、残った3人も「ジュマンジ」にログインするが、壊れたゲームの世界はバグだらけでキャラの入れ替え設定はめちゃくちゃ。さらに、スペンサーのおじいちゃん達も一緒に吸い込まれていた上に、ジャングルのみならず砂漠、氷山など新たなステージも追加されていた。

チケットはチケットぴあを通じて、先行抽選プレリザーブを受付中で、9日11時締め切り。11日10時から一般発売する。料金は一般2100円、大学生、専門学校生1700円、高校生、中学生、3歳以上のジュニア、障がい者1200円、シニア1400円。ほかにプレミアボックスーシートがある。

コメントは受け付けていません。