「新ヒロアカ」山下大輝、岡本信彦ら初日挨拶

【銀座新聞ニュース=2019年12月10日】阪急阪神東宝グループで、国内映画業界首位の東宝(千代田区有楽町1-2-2、03-3591-1221)は12月20日からTOHOシネマズ日比谷(スクリーン12、千代田区有楽町1-1-3、東京宝塚ビル地下)で一般公開される「僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ヒーローズ:ライジング」の初日に、山下大輝さん、岡本信彦さんらによる舞台あいさつを開く。

12月20日から一般公開される映画「僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ヒーローズ:ライジング」((C)2019「僕のヒーローアカデミア THE MOVIE」製作委員会 (C)堀越耕平/集英社)。

20日16時30分の回上映終了後に、声優で主人公、雄英高校1-Aの男子生徒「緑谷出久」役の山下大輝(やました・だいき)さん、出久の幼馴染で雄英高校1-Aの男子生徒「爆豪勝己」役の岡本信彦(おかもと・のぶひこ)さん、雄英高校1-Aの男子生徒「轟焦凍」役の梶裕貴(かじ・ゆうき)さん。

雄英高校1-Aの女子生徒「麗日お茶子」役の佐倉綾音(さくら・あやね)さん、雄英高校1-Aの男子生徒「飯田天哉」役の石川界人(いしかわ・かいと)さん、那歩島に住む少女「真幌」役の黒沢(くろさわ)ともよさん、那歩島に住む少年「活真」役の寺崎裕香(てらさき・ゆか)さん、敵(ヴィラン)でナインの側近「スライス」役の今田美桜(いまだ・みお)さん、敵(ヴィラン)「ナイン」役の井上芳雄(いのうえ・よしお)さんが舞台に登場してあいさつする。

「僕のヒーローアカデミア」はマンガ家の堀越耕平(ほりこし・こうへい)さんが「週刊少年ジャンプ」(集英社)に2014年32号より連載している作品で、2014年11月から単行本化され、2019年8月までに累計発行部数は2300万部を突破している。

また、2015年に「漫道コバヤシ漫画大賞2015」でグランプリ、2017年に「スゴイ・ジャパン・アワード(SUGOI JAPAN Award)2017」マンガ部門1位、2019年に「アニメアワード 2019」の最優秀映画作品賞に選ばれている。2016年4月から6月までTBS系で第1期がテレビアニメ化され、日本テレビ系により2017年4月から9月まで第2期が、2018年4月から9月まで第3期、2019年10月から第4期が放送されている。また、2019年4月に舞台化されている。

2018年8月に公開された「僕のヒーローアカデミア ザ・ムービー(THE MOVIE)2人の英雄(ヒーロー)」が初の劇場版で、長崎健司(ながさき・けんじ)さんが監督を手がけている。また、堀越耕平さんが総監修、キャラクターデザインを担当している。

今回の「僕のヒーローアカデミア ザ・ムービー(THE MOVIE)ヒーローズ:ライジング」は第2弾で、長崎健司さんが監督、堀越耕平さんが総監修、キャラクターデザインを担当、オリジナルストーリーとなっている。

物語はある雪の夜、ヒーロー社会を壊そうともくろむヴィラン・死柄木弔たちが、密かに「何か」を運ぼうとしているところからはじまる。彼らの不穏な動きを掴んだプロヒーローたちが現場に駆けつけ、激しい戦いを繰り広げる中、その「何か」は仲間とともに去って行った。

同じ頃、出久ら雄英高校ヒーロー科1年A組の生徒たちは、ナンバーワンヒーロー・オールマイトの跡を継ぐ「次世代のヒーロー育成プロジェクト」の一環として、日本のはるか南に位置する那歩島へやって来る。そこへ突如として謎のヴィランたちが襲来し、次々と島の施設を破壊していく。出久たちは力を合わせて立ち向かうが、敵を率いる「ナイン」の個性と力は想像を遥かに超えるものだった。

チケットは応募フォームからの応募・抽選(50席)とチケットぴあによる抽選販売がある。応募フォーム(https://ssl.toho-movie.com/senden/heroaca02_snc/form.html)に必要事項を記載して申し込む。締め切りは11日12時。料金は一般1900円、大学生、専門学校生1500円、シニア1200円、高校生以下3歳まで、障がい者1000円。

チケットぴあ(https://w.pia.jp/s/heroaca19sb/)による抽選販売は16日11時締め切り。料金は一般2100円、大学生、専門学校生1700円、シニア1400円、高校生以下3歳まで、障がい者1200円。

コメントは受け付けていません。