「サヨナラまでの30分」新田真剣佑、北村匠海ら挨拶

【銀座新聞ニュース=2020年1月23日】中堅の映画配給会社のアスミック・エース(港区六本木6-1-24、ラピロス六本木)は1月25日にTOHOシネマズ日比谷(千代田区有楽町1-1-3、東京ミッドタウン日比谷、050-6868-5068)で「サヨナラまでの30分」の出演者らによる舞台あいさつを開く。

1月24日から一般公開される「サヨナラまでの30分」((C)2020「サヨナラまでの30分」製作委員会)。

25日9時30分の回上映終了後と12時50分の回上映前に、監督の萩原健太郎(はぎわら・けんたろう)さんをはじめ、1年前の亡くなったバンド「エコール(ECHOLL)」のボーカル「宮田アキ」役の新田真剣佑(あらた・まっけんゆう)さん、大学生でバンドの再結成を迫る「窪田颯太」役の北村匠海(きたむら・たくみ)さん、生前の宮田アキの恋人でバンドのピアノ担当だった「村瀬カナ」役の久保田紗友(くぼた・さゆ)さん。

バンドのメンバーでギター担当の「山科健太」役の葉山奨之(はやま・しょうの)さん、バンドのメンバーでドラム担当の「重田幸輝」役の上杉柊平(うえすぎ・しゅうへい)さん、バンドのメンバーでベース担当の「森涼介」役の清原翔(きよはら・しょう)さんが舞台に登場してあいさつする。

「サヨナラまでの30分」は脚本家の大島里美(おおしま・さとみ)さんのオリジナル脚本を萩原健太郎さんが映画化した。

物語はバンド「エコール(ECHOLL)」がメジャーデビューを目前に解散してから1年後、メンバーたちの前に突然見知らぬ大学生の颯太が現れる。バンド再結成をメンバーに迫る颯太の中身は、1年前に死んだボーカルのアキで、颯太が偶然拾ったカセットテープを再生する30分だけ、アキは颯太の体を借りて入れ替わり、1つの体を共有していく。

人づきあいが苦手な颯太もアキや仲間たちと音楽を奏でる楽しさを知り、次第に打ち解けていくが、アキの恋人カナだけはバンドに戻ってこなかった。カナに再び音楽を始めてもらうため、最高の1曲を作り上げようとするが、アキと颯太の入れ替われる時間はだんだん短くなっていく。

萩原健太郎さんは1980年東京都生まれ、1999年に「のど自慢」に出演し、2000年にアメリカ・カリフォルニア州の私立美術大学のアートセンター・カレッジ・オブ・デザインに入学、7年間映画制作を学び、2013年には初の長編脚本「スペクタクル・タイガー(Spectacled Tiger)」が、アメリカ・サンダンス映画祭で最優秀脚本賞、サンダンスNHK賞を受賞、2016年に「Anniversary アニバーサリー」で監督を務めた。

2017年に「東京喰種 トーキョーグール」で長編映画監督デビュー、2018年には短編プロジェクト「シネマファイターズ(CINEMA FIGHTERS)」で制作された1作「スノーマン(Snowman)」で監督を務め、演出を手掛けたNHKBSプレミアムドラマ「嘘なんてひとつもないの」がATP賞ドラマ部分奨励賞を受賞した。

チケットはチケットぴあを通じて24日10時から一般発売する。料金は2100円均一。

コメントは受け付けていません。