丸善日本橋で西洋アンティークフェア、今村洋子が欧州で購入

【銀座新聞ニュース=2020年2月16日】大手書籍販売グループの丸善CHIホールディングス(新宿区市谷左内町31-2)傘下の丸善ジュンク堂書店(中央区日本橋2-3-10)が運営する丸善・日本橋店(中央区日本橋2-3-10、03-6214-2001)は2月19日から25日まで3階ギャラリーで「西洋アンティークフェアー心躍らす いにしえの酒器」を開く。

丸善・日本橋店で2月19日から25日まで開かれる「西洋アンティークフェア」に出品されるヨーロッパのアンティーク品。

「ギャラリーアルバ」(中央区日本橋室町1-9-9、コダマビル)を経営する今村洋子(いまむら・ようこ)さんがヨーロッパなどで買い集めたアンティーク・ジュエリーやオールドバカラなどの工芸品、美酒のために作られた和洋酒器を展示販売する。

今村洋子さんは学生時代から海外を歩き、アンティークの宝飾品や工芸品の魅力に引き込まれ、1997年に「ギャラリーアルバ」を設立、1998年に東京・御茶ノ水に「セクシオンドール&アルバ」を出店、2000年からアンティークモール銀座に移り、その後、日本橋に移転している。

開場時間は9時30分から20時30分(最終日は15時)まで。入場は無料。

コメントは受け付けていません。