丸善丸の内で「100%ORANGE」が「母の友」の表紙絵原画展

【銀座新聞ニュース=2020年2月18日】大手書籍販売グループの丸善CHIホールディングス(新宿区市谷左内町31-2)傘下の丸善ジュンク堂書店(中央区日本橋2-3-10)が運営する丸善・丸の内本店(千代田区丸の内1-6-4、丸の内オアゾ、03-5288-8881)は2月16日から3月16日まで3階児童書売り場壁面ギャラリーで「母の友」の表紙を手掛ける「100%ORANGE」による原画展&歴代表紙パネル展を開いている。

丸善・丸の内本店で3月16日まで開かれている「母の友」の通巻800号で、2013年から表紙絵を手掛ける「100%ORANGE」の1月号の表紙。

1953年に創刊された月刊育児雑誌「母の友」(福音館書店)の表紙絵を、2013年4月号から絵本作家でイラストレーターの及川賢治(おいかわ・けんじ)さんと竹内繭子(たけうち・まゆこ)さんの夫婦ユニット「100%オレンジ(ORANGE)」が手がけており、「100%オレンジ」の原画展と歴代の表紙パネル展を開いている。

ウイキペディアによると、「母の友」は1952年に創業した「福音館書店」が1953年に創刊した婦人月刊誌(当時)で、後の1968年に社長に就任する松居直(まつい・ただし、1926年生まれ)さんが編集を担当し、「母の友」は書店委託ではなく買い切り制にし、紙面に他社広告を一切入れないという2大方針を守って読者から信頼を得た。1995年に500号を迎え、2003年に創刊50周年となり、2020年1月号で800号となっている。

「100%オレンジ」は及川賢治さんは1975年千葉県生まれ、多摩美術大学グラフィックデザイン科を卒業、竹内繭子さんは1974年千葉県生まれ、文化服装学院を卒業、1996年頃に当時大学生の及川賢治さんが、高校時代の同級生の竹内繭子さんと結成し、当初はプリントゴッコを使ったポストカードの制作・販売を手掛け、作品を見た出版社の関係者やアートディレクターなどから声がかかり、活動を広げ、絵本を描くようになった。

2007年に「よしおくんが ぎゅうにゅうを こぼしてしまった おはなし」(岩崎書店)で第13回日本絵本賞大賞を受賞した。主な絵本に2005年「ぶぅさんのブー」、2008年「おひっこし」、2012年「ひとりごと絵本」、2014年「パンのミミたろう」などがあり、マンガに「スナオ スナオ(SUNAO SUNAO)」などがある。2013年より福音館書店の「母の友」の表紙を担当している。

開場時間は9時から21時(最終日20時)まで。

コメントは受け付けていません。