Eggs’n Thingsが10周年記念で10枚重ねのパンケーキ

【銀座新聞ニュース=2020年2月26日】アメリカ・ハワイのカジュアルレストラン「EGGS’N THINGS」を日本で展開する「EGGS’N THINGS JAPAN」(港区六本木7-2-29、VORT乃木坂1、03-6447-0380)は2月28日から3月31日まで「Eggs’n Things 銀座店」(中央区銀座1-8-19、キラリトギンザ、03-6264-4949)などで10周年を記念して「10th Anniversary Pancakes」と「2種のコンビベネディクト」を販売する。

2月28日から3月31日まで「エッグスシングス(Eggs’n Things)銀座店」などで販売する「10周年記念パンケーキ(10th Anniversary Pancakes)」。

2010年3月10日に海外1号店として「エッグスシングス(Eggs’n Things)原宿店」を開店して以来、10周年になるのを記念して、10周年記念の第1弾の企画として、創業時から「エッグスシングス」の味としてきた、バターミルク香るもちっとした食感のパンケーキを10枚重ね、5種のフルーツ(イチゴ、パイナップル、バナナ、オレンジ、キウイ)を盛り付けた「10周年記念パンケーキ(10th Anniversary Pancakes)」(税別1680円)を提供する。3種のシロップ(メープル、ココナッツ、グァバ)を好みでかけて食べる。

また、定番のパンケーキに次いで人気のある「エッグスベネディクト」の中から「スモークサーモンとアボカド」と「ホウレン草とベーコン」の2種を同時に味わえる「2種のコンビベネディクト」(1280円)を販売する。特製オランデーズソースとポーチドエッグからトロっと溢れ出す黄身を具材に絡めて味わう。

「エッグスシングス」は1974年にゲリー・フクナガ(Gerry Fukunaga)さんとジャン・フクナガ(Jan Fukunaga)さんの夫婦がハワイ・ホノルルに創業し、パンケーキやワッフル、オムレツ、クレープなどの朝食メニューを1日中売る方式で人気を集め、2010年3月にエッグスシングスジャパン(EGGS’N THINGS JAPAN)が海外第1号店として原宿店を開店した。

その後、「WDI ジャパン(JAPAN)」がフランチャイズとして2012年6月に横浜山下公園店を皮切りに両社によって国内展開している。「エッグスシングス」は「オールデイブレックファスト(All Day Breakfast)」をコンセプトにしている。

営業時間は9時から23時。

コメントは受け付けていません。